弾丸トラベルは怖くない!

マイル、国内トラベル情報、ホテル、海外発券など

スポンサーリンク

ハイアットセントリック金沢 宿泊記 美しすぎるホテル

スポンサーリンク

f:id:dantra:20210223125836j:plain

金沢駅前にあるハイアットセントリック金沢に滞在しましたので、お伝えします。

部屋にたどり着くまでまるで美術館

f:id:dantra:20210223125811j:plain

車寄せからホテルとはちょっと違いった雰囲気がします。

f:id:dantra:20210223125808j:plain

同ホテルのシンボルとも言えるアートがいきなり、入口にドーンとあります。青とゴールドが鮮烈であります。

f:id:dantra:20210223125805j:plain

f:id:dantra:20210223125802j:plain

1階と3階のエレベータホールもまた、芸術的であります。加賀友禅に月うさぎなのでしょうか。

f:id:dantra:20210223125756j:plain
f:id:dantra:20210223125826j:plain

客室のエレベーターホールもかなりアートです。客室入り口は陶器で部屋番号が案内されています。

f:id:dantra:20210223125759j:plainフイットネスまでお洒落であります。

宿泊記

アートなルーム

f:id:dantra:20210223125840j:plain

ルームは同ホテルでは一般的なキングルームとなります。縦長の部屋は奥がベッドを中心としたベッドルーム、扉に近い側はクローゼットやバスルームなどとなっています。

f:id:dantra:20210223125715j:plain

f:id:dantra:20210223125737j:plain
f:id:dantra:20210223125740j:plain

バスルームは最近のハイアットらしく、扉で完全に別空間にすることも可能であり、オープンにすることも可能です。

f:id:dantra:20210223125818j:plain

ベッドはここもハイアットらしく大きく、白一色のシーツです。壁面が金沢らしさをあしらっており、芸術的であります。

f:id:dantra:20210223125858j:plain

足を延ばしていると、横になってしまい寝てしまいそうなカウチソファが窓際にあります。

f:id:dantra:20210223125901j:plain

壁際にはカウンターテーブルがあり、スツールも空いてありますが、作業にちょっと向きません。コンセントが集中的にあるので、デバイスの充電場所としては最高と言えます。

f:id:dantra:20210223125653j:plain

今回は金沢駅港口を12階から望む景色であります。広場のため大きな建物がなく、開放感があります。

f:id:dantra:20210223125820j:plain

カーテンは電動シェードであり、西日を抑えるのに丁度良いと言えます。天井照明がとてもお洒落です。

f:id:dantra:20210223125743j:plain

ダルマのようなトトロのような置物がライティングされています。

f:id:dantra:20210223125733j:plain

部屋の一番奥に九谷焼?らしい絵がディスプレーされています。ラーメンが食べたくなってしまいます。

f:id:dantra:20210223125823j:plain

ベッドサイドのランプにもこだわりがあるようです。

クローゼット周り

f:id:dantra:20210223125655j:plain

f:id:dantra:20210223125658j:plain
f:id:dantra:20210223125746j:plain

ハイアットハウス同様にベアメタルのアルミ缶であり、ウォーターサーバーでリフィルして利用できます。

f:id:dantra:20210223125719j:plain
f:id:dantra:20210223125711j:plain
f:id:dantra:20210223125726j:plain
f:id:dantra:20210223125723j:plain

パジャマやガウンは白ではなく、とても渋いカラーリングであります。パジャマの方が着心地は良かったです。

f:id:dantra:20210223125701j:plain
f:id:dantra:20210223125707j:plain

冷蔵庫はスライド引き出しタイプであり、取り出しは便利ですが、あまり冷えないため、キンキンに冷やして飲みたい場合はボトルクーラーを借りる方が良いかもしれません。

f:id:dantra:20210223125704j:plain

マグカップはMOHEIM製であり、地産地消と言うことなのでしょうか。

バスルーム

f:id:dantra:20210223125843j:plain

設備が新しいと言うのもありますが、とても清潔的である以上に、材質やカラーリングが気になってしまいます。基本的にはスクエアなデザインで使いやすいです。

f:id:dantra:20210223125845j:plain
f:id:dantra:20210223125848j:plain

アメニティは同ブランドのワイキキビーチに滞在した時と同じ、Bee Kind製でした。

f:id:dantra:20210223125753j:plain

ボディタオルやマウスウォッシュはお願いするとドアまで持ってきてくれます。

f:id:dantra:20210223125851j:plain

とてもすっきりしたバスルームは湯量も文句なし、バスタブの排水も順調であり、いつまでもチョロチョロと言うことはありません。

f:id:dantra:20210223125730j:plain

トイレはセパレートで入り口横にあります。

ドリンクをラウンジで

f:id:dantra:20210223125830j:plain

滞在中に一度だけ、FIVE - Grill & Loungeにてドリンクを飲むことが出来ます。

朝食は奥となりますが、ラウンジは入口に近いところとなります。とにかく、装飾が至る所に施されており、アートな感じであります。

f:id:dantra:20210223125833j:plain

スパークリングワインをお願いしてみました。グラスはリーデル製となります。

最後に

f:id:dantra:20210223125814j:plain

金沢駅前という立地のいい場所にありながら、快適でアートとしか言いようがない同ホテルはリピートをしたくなってしまいます。

グローバリストとして再訪してみたいホテルの第一位となってしまいました。 

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.