弾丸トラベルは怖くない!

マイル、国内トラベル情報、ホテル、海外発券など

スポンサーリンク

新型コロナワクチン接種証明書アプリが簡単すぎ

スポンサーリンク

f:id:dantra:20211223000248j:plain

いよいよ日本でも運用が開始された新型コロナワクチン接種証明書のデジタル版であるアプリをインストールし、証明書を発行してみましたので、お伝えします。

新型コロナワクチン接種証明書アプリとは

f:id:dantra:20211223000256j:plain

日本政府が公式に提供する、新型コロナワクチン接種証明書を取得できるアプリです。

■できること

日本国内用と海外用の新型コロナワクチン接種証明書を取得できます。

取得した接種証明書は、アプリを起動すればいつでも表示できます。

他のスマートフォン等で表示された接種証明書の二次元コードを読み取って、内容を確認することができます。

■新型コロナワクチン接種証明書とは

新型コロナワクチン接種証明書は、日本の予防接種法に基づいて各市町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するものです。

氏名、生年月日、接種記録(ワクチンの種類、接種年月日、ロット番号など)が記載されます。

それらに加えて、海外用では、パスポートの国籍や旅券番号が記載されます。

接種証明書には、二次元コードが記載されます。

二次元コードは、氏名、生年月日、接種記録等の情報を含みます。

これを読み取ることで簡単に情報を確認することができます。

App Storeの同アプリ説明ページより

国が2021年12月20日より提供開始したアプリであり、iOSとAndroid用のものが提供されています。端末はNFC Type B 対応であり、マイナンバーカードをかざして情報を読み取るために必要となります。

接種証明書のデジタル発行に必要なもの

f:id:dantra:20211223000310j:plain

 

新型コロナワクチン接種証明書アプリはApp Storeで「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」と検索すれば、簡単にダウンロードとインストールはできますが、そこから先必要なものがあります。もちろん無料です。

日本国内用と海外用で必要なものが異なってきますが、両者に共通して必要なものは

マイナンバーカード

であります。今回はマイナンバーカードを事前に申請し、交付された日にこのアプリを登録してみました。

住民票などをコンビニで取得する場合は、マイナンバーカード交付同日ではできないものの新型コロナワクチン接種証明書アプリでは同日でも証明書の発行が出来ました。

発行は簡単で次へ次へと進んでいく画面に従って登録していくものであります。特徴的であったのが、文字入力はマイナンバーカード交付時に設定した4桁の暗証番号のみであり、それ以外はスマホをマイナンバーカードの上に置いたりとわかりやすい作業のみであり、簡単過ぎでありました。

そして、海外用はマイナンバーカード以外にパスポートが必要となります。これも英数文字などの入力はありませんでした。

そして、何よりも必要なのは、ワクチンを二回接種していることであります。二回目接種した当日とかは自治体での登録作業が反映されないため、厳しいですし、二回目のワクチンが体に効きだす、2週間後辺りに登録するが良いと言えます。

パスポートの読み取りはちょっとだけ面倒

f:id:dantra:20211223000327j:plain

海外用の証明書は先述のとおり、マイナンバーカードに加えて、パスポートも必要であります。パスポートは顔写真が掲載されている部分が対象となります。

パスポートからの情報読み取りは、スマホのカメラで画像を読み取りそこから、必要な文字情報を認識して、氏名やパスポート番号、有効期限を登録するようです。10秒程度じっと同じ場所を静止して、とらえる必要があります。

スマホを持ちながら撮影するため震えてしまったり、室内作業の場合、天井からの照明が反射して文字が読み取りづらいなどがあり、2度試行錯誤することとなりました。それでも、3回目には登録できました。

パスポートの部分は難しいのか公式サイトのFAQにも正しいやり方が丁寧に書かれていました。

f:id:dantra:20211223000356j:plain

パスポートの登録が終わるとワクチン接種記録の情報登録ですが、これも何か手入力するわけではなく、次へ次へと進むと登録は進みます。

出てきた情報が自分のもので間違いないか、確認して問題なければ進むという感じであれます。f:id:dantra:20211223000403j:plain

おそらく、接種後に病院等で登録をかけるシステムから引っ張ってきていると思われます。入力ミスを考慮してか、実際の接種と内容が異なる場合は、自治体に問い合わせる旨が書かれています。

発行された証明書

f:id:dantra:20211223000420j:plain

そして、国内用と海外用の登録が完了すると上のハードコピーのようにアプリトップ画面にそれぞれの証明書があらわれます。

これらをタップするとそれぞれの詳細が表示され、提示するための二次元コードも確認することができます。

f:id:dantra:20211223000442j:plain
f:id:dantra:20211223000445j:plain

詳細は接種した日やワクチンのメーカー製造番号など情報は多くありません。多すぎても怖いのではありますが。

最後に

紙で証明書を申請するには申請書を印刷して、身分証明をコピーし、返信用封筒を用意し、封筒にこれらを積めて、郵送するという作業がありました。

しかし、アプリではスマホをマイナンバーカードの上に載せたり、マイナンバー付与時に登録した暗証番号を入力するのみでとても簡単であります。

あまりに簡単なので、簡単に情報が漏れないようにして欲しいところでもあります。

海外も発行しましたが、実際これを提示する機会が早く来ることを望むばかりであります。

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.