弾丸トラベルは怖くない!

マイル、飛行機、鉄道、海外・日本国内トラベル情報、ホテル、海外発券など

スポンサーリンク

琵琶湖マリオット宿泊記 温泉ビューバス付 プレミアルームは良い

スポンサーリンク

琵琶湖マリオット

二度目となる琵琶湖マリオットのルームはまたしても温泉付きの部屋であり、しかも、ビューバスでしたので記事手にしてみました。

堅田か守山か

ピエリ守山

琵琶湖マリオットホテルに行くには最寄り駅は湖西線の堅田駅か東海道線の守山駅となります。駅からの距離では堅田駅が圧倒的に近く、琵琶湖大橋東詰というバス停から10分ほど歩くと到着します。

堅田駅から同バス停までは15分足らず、守山駅から同バス停までは30分足らずと自ずと堅田駅一択となります。

そして、ピエリ守山というショッピングセンターが同ホテルから700mくらいの場所にあります。同ショッピングセンターは利便性を考慮して、堅田駅と守山駅から無料のシャトルバスを出しております。

地理的には堅田駅の方が近く、乗っている時間も短く便利と言えます。

もちろん、守山駅からのアクセスも正当性はありますが、堅田駅から比較すると時間はかかります。それでも正義な時間帯はある言えますが。

温泉ビューバス付 プレミアルーム

琵琶湖マリオット キングルーム

前回滞在時はアップグレードされ、温泉付きルームではあるものの、湯壺に浸かって琵琶湖が見えるルームではありませんでした。それでも、いつでも温泉に浸かれる幸せはありましたが。

琵琶湖マリオット 温泉ビューバス付 プレミアルーム

今回は温泉が窓側にある 温泉ビューバス付 プレミアルームであり、過去に滞在した。白浜マリオット伊豆マリオットホテル修善寺のような窓側にプライベート温泉がある部屋でした。

同ホテルでは8室と結構レアな存在とも言えます。

琵琶湖マリオット 温泉ビューバス付 プレミアルーム 温泉

湯壺は外界とガラス窓で囲われており、さらに客室ともガラス窓で仕切られており、外界の音は結構、遮られています。一方で、温泉のちょろちょろ流れる音は客室内に響くので、気になる人にとってはちっょととも言えます。単調なので、当たり前と思えば気にならないかもしれません。

個人差はありますが。。。

琵琶湖マリオット 温泉ビューバス付 プレミアルーム 景色とバス

大人一人がゆったり入れる湯壺で構成されているのは日本国内の他のラフォーレ系と似ています。湧き湯は潤沢ですが、満杯であふれるほどではないところは計算済みとも言えます。

そして、ザブーンと入っても客室側には影響がないように設計されています。温泉自体は美崎温泉の赤茶色であり、泉質はナトリウム・炭酸水素塩・塩化物温泉であり、海辺にありそうな泉質ですが、炭酸水素塩というのが特殊でもあります。

と言っても、味噌汁とまでは言いませんが濁ったお湯は確実に足の角質などは柔らかくなります。

琵琶湖マリオット 景色

バスタブからの景色は琵琶湖一色であれます。夜は何も見えませんが。

琵琶湖マリオット 温泉浴場(同ホテルホームページより)

(同ホテルホームページより)

夜は室内の温泉と言うよりも大浴場のサウナで整うまで汗をかきだして、水風呂を繰り返す方が効果的と言えます。

サウナの温度も高く、一方で水風呂は低温なので、モチベーションがあがり、7回ぐらいは繰り返してしまい、その頃には体内からアルコールが消えるのでちょうど良いです。

琵琶湖マリオット 温泉ビューバス付 プレミア シャワールーム

ちなみに窓際のバスタブから離れたシャワールームであります。ラフォーレ系の宿命であります。

琵琶湖マリオット バスアメニティ

マリオット系と言うこともあり、バスルームのカップは紫であります。こちらもラフォーレ系の特徴でしょうか。

琵琶湖マリオット 温泉ビューバス付 プレミア ベッド

ベッドはクイーンでありますが、十分であります。温泉側にベッドが近いの何かの意図があるのかもしれません。

琵琶湖マリオット 温泉ビューバス付 プレミアルーム テーブル

チェックインしてメインとなるテーブルを見てみるとおもてなしがあります。

琵琶湖マリオット 部屋飲み
琵琶湖マリオット ウェルカムフルーツ

ウェルカムフルーツがあります。海外みたいですが、あると嬉しいものであります。と言っても、ショッピングセンターで購入したスパークリングワインが先行するのはすいませんと言うことであります。

琵琶湖マリオット 冷蔵庫
琵琶湖マリオット アメニティ

室内を一巡してみたのですが、アップグレードという文字通りの統制であります。

琵琶湖マリオット 読み物

意外と読み物が多いのも同ホテルの特徴であります。ラウンジと温泉に集中してしまいますが、旅のヒントが色々と書き物にはありそうです。

朝食は変わらず豪華

琵琶湖マリオット グリルアンドダイニングG

チタン会員特典は不滅であり、朝食特典はきちんとあります。と言っても、終了間際に行くと並ぶこととなります。それでも待っても10分ぐらいの我慢であります。琵琶湖と言う位置関係がそうしているのかもしれません。

78Gでとは関係ありませんが、Gな会場であります。

琵琶湖マリオット 朝食 けんちんうどん

洋食と和食どちらでも揃えられますが、けんちんうどんを選択できるのはいいところであります。野菜やおかず類は色別に揃えられるくらい種類もあります。

琵琶湖マリオット 朝食 卵

卵料理はオムレツかそれ以外でオーダーできます・目玉焼きは二つからとなります。朝食としてはちょっと多いですが、なかなかともいえます。

それでも、オムレツと目玉焼きの他に調理方法が選択できるので、こだわりがある場合はそっちにしても良いかもしれません。

最後に

琵琶湖マリオット 温泉 湯量

琵琶湖マリオットの良さは意外とレートがいい日が多く、それでいて温泉やラウンジ、朝食など秀逸点であります。

琵琶湖真ん中というロケーションが複雑でありますが、関東でいうと箱根と言うか鬼怒川と言うかそうした位置関係になりそうです。いずれもハイシーズンは高額ですが、逆にそれを考えるとオフシーズンはねらい目であり、その時期にどっぷり文字通り温泉も、つかる場所としては、良いもしれません。

温泉があり、近くにはショッピングモールがあるので、長期滞在で宿泊履歴を重ねるのも良いかなと個人的には感じています。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.