弾丸トラベルは怖くない!

飛行機、ミリオンマイラー、鉄道、ホテル、海外発券、飛行機旅指南など

目的地:札幌のビジネスクラスが安い スターアライアンス

スポンサーリンク

札幌・新千歳空港行きのビジネスクラスなスターアライアンス便が安い発券地をフィーチャーしてみましたので、お伝えします。

旅程

旅程はマニラからソウル仁川を経由したアシアナ航空のビジネスクラスの札幌往復であります。

8月29日発であり、遅い夏休みでカバーできそうな旅程であります。日付が変わるぎりぎりの23:55にマニラ空港を出発し、ソウル仁川には朝4:50に到着します。機材は何とレアなボーイング777-200LRです。

乗り継ぎ時間は4時間半弱ありますが、そこはビジネスクラスであります。ラウンジが利用できるので、別世界であります。

札幌までもワイドボディのA330-300であり、札幌には正午前に到着します。

復路は5日後の9月5日発であります。新千歳を13:00に出発して、ソウルには16:10に到着します。仁川からは19:15出発であり、約3時間あります。この時間帯になるとラウンジの食事が夕食モードに入るのでたくさん食べられそうですね。

マニラへは再びボーイング777-200LRであります。マニラには同日の22時半過ぎに到着します。

行きは夜行便ではありますが、新千歳には13時到着、復路は新千歳を13時発と比較的優しい時間の設定となっています。

予約クラス

予約クラスはUクラスであります。125%積算の400PPも区間ごとに積算されます。

運賃・プレミアムポイント

運賃・プレミアムポイントは以下のとおりです。

運賃 148,950円

プレミアムポイント 7,852PP

PP単価 18.97円/PP

まあ、20円を切れませんが、15万円以下で往復できるのなかなかと言えるかもしれません。今の時代は。

アシアナ航空のスターアライアンス脱退はいつか

アシアナ航空は2003年にスターアライアンスに加盟しています。そして、ANAとは2007年に資本提携を含めた戦略的提携で双方で1,200万USDの株式持ち合いをしています。

しかし、2019年にアシアナ航空の親会社が業績悪化で手放すことを決定し、2020年に大韓航空がアシアナ航空を買収し、大韓航空ブランドに統一することとしていますが、現在までアシアナ航空として、存在します。

スターアライアンスを脱退し、スカイチームに加盟をすると表明してからわずかな期間でスカイチームに移行するスカンジナビア航空とは対照的であります。

直近のANAホールディングスの有価証券報告書(第73期、もう少しで74期が公開されそうなタイミングではありますが)の特定投資株式を見てみると、海外の航空会社の保有ではフィリピン航空が貸借対照表計上額で147億円、同じく、ベトナム航空が90億円でありますが、アシアナ航空の名前はなく、とっくにイグジットしているようであります。

つまり、大株主からはスターアライアンス脱退については反対を受ける可能性は低く、大韓民国の方針次第とも言えます。欧州各国のように1国1フルサービスキャリアとなるのは回避して、アメリカや日本や中国のように複数のフルサービスキャリアを維持したいところで、色々画策しているのかもしれませんが。

まあ、利用できるうちは骨の髄までしゃぶり尽くすぐらい利用すると言うのが得策と言えるかもしれません。

最後に

アシアナ航空A380

アシアナ航空がスターアライアンスに加盟しているうちは安い運賃が出たら買いとも言えます。東アジアではそれなりに路線があるので遠くまで行かずともプレミアムポイントを獲得できると言えます。

また、時差もなく、時間もかからないので休みを取ったり、変にリモートワークも必要ないのでメリットと言えます。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.