弾丸トラベルは怖くない!

飛行機、ミリオンマイラー、鉄道、ホテル、海外発券、飛行機旅指南など

ANAプレミアムクラス搭乗記:大阪伊丹空港から羽田空港 ボーイング787-10型機 !

スポンサーリンク

ANA B787-10

先日、ANAのプレミアムクラスで大阪伊丹空港から羽田空港までのフライトを楽しむ機会がありました。日常から離れて少し贅沢な時間を過ごすために、特別なフライトを選びました。

出発前のひととき:ANAスイートラウンジ

搭乗前にまず訪れたのは、ANAスイートラウンジです。いつもながらでありますが、毎回お邪魔してしまいます。

ラウンジでは、上質な空間でリラックスできるように配慮されており、心地よい椅子に座りながら、ワインを楽しみました。高級感漂うインテリアと落ち着いた照明に包まれて、日常の喧騒を忘れることができました。

ラウンジで過ごしていると、搭乗する1便前(34便)のANAのB777-200ER型機が羽田空港に向けて離陸する姿が見えました。その迫力ある光景は、これから始まる自分のフライトへの期待をさらに高めてくれました。

搭乗

そして、搭乗であります。伊丹空港は工事中のところが多く、間近で見られる場所が限られている時期でもありました。その長い胴体がなかなか見えません。

ダイヤモンド行列

搭乗にあたり、ANAダイヤモンド会員が多く搭乗し、ダイヤモンド会員だけで長蛇の列ができていました。プレミアムポイント2倍キャンペーンで増殖したダイヤモンド会員が顕著に現れる場所でもあります。

プミアムクラスのシート

プレミアムクラスのシートは座席のクッションが柔らかく、背もたれのリクライニングが深いのが特徴です。また、シートの配置も非常に工夫されており、隣の座席との距離が広く確保されていたため、プライバシーが守られている点も特徴であります。

ANA B787 セーフティカード
ANA プレミアムクラス モニター

セーフティカードは他の787ファミリーと同様であります。シートモニターは国際線機材と同等な大きさであります。

離陸

動き出すとターミナルのハーフミラーにその長い機体が映し出されます。今回搭乗した飛行機はボーイング787-10型機と言う、国内線では4機しか導入されていません。ちなみに国際線では3機導入されています。

今日は通常コースの32Lからの離陸であります。夏場は逆向きコースが多いのですが、まだ初夏なので通常コースでした。

多くの着陸の証が滑走路に見えます。アイロンでかぴかぴのズボンのようでもあります。

飛行機は宝塚方面に離陸し、直後に左に旋回し、伊丹市上空を南下し、尼崎市上空で再び左に旋回し、大阪市上空に入っていきます。

その後は大阪中心部となり、大阪城公園が一望できる瞬間があり、空から見る大阪の景色はとても美しかったです。大阪のランドマークであることを確認しました。

本日は初夏の36便と言う事もあり、夕方ではありますが、雲が多くあっという間に地上の景色は雲で遮られ、焼けていない空に吸い込まれていきました。長時間の国際線フライトも良いですが、短時間で景色が流れていく国内線も良いですね。

プレミアムクラスの機内食とワイン

お品書き

鮭塩焼き、蒸し鶏と胡瓜 若布の酢の物
牛すじぼっかけ、里芋と大根の炊き合わせ
焼き茄子とろろかけ 海老とオクラ添え
ポテトサラダ
蛸のちらし寿司

どの料理も美味しく、特に鮭の塩焼きはふっくらと焼き上がっており、酢の物の爽やかな酸味が食欲をそそりました。また、牛すじぼっかけはしっかりと煮込まれており、柔らかい牛すじの風味が口の中に広がりました。ポテトサラダはクリーミーで、ちらし寿司の蛸も新鮮で歯ごたえがありました。

白ワインを選びましたが、軽やかな酸味とフルーティーな香りが料理にぴったりで、フライトの贅沢さを一層引き立てました。

伊丹空港の離陸も通常コースであり、その後フライトも羽田空港の混雑待ちもなく、順調に降下していきます。そして、B滑走路への着陸であります。ディズニーランド側から降りていくので、進行方向右側の窓側のシートは結構よい景色が見られます。

到着間際の夜景

フライトは夕方の時間帯で、羽田空港に近づく頃には窓の外に美しい夜景が広がりました。幕張の近代的なビル群が夜空に映える光景も素晴らしかったです。まるで宝石を散りばめたような光景が広がっており、忘れられない眺めでした。

さらに印象的だったのは、東京タワーの夜景です。東京タワーのライトアップは、暗闇の中でひときわ輝き、その美しさに見とれてしまいました。港区も随分、摩天楼となったものです。

最後に

羽田空港に到着すると、プレミアムクラスなので一足早く、スムーズに降りることができました。ラウンジからフライト、到着まで、全てが快適で贅沢な時間でした。

この素晴らしいフライト体験を通じて、ANAのプレミアムクラスのサービスの素晴らしさを改めて実感しました。次回の旅行でも、ぜひこの特別なクラスを利用したいと思います。そして、機材はB787-10が投入されている路線であれば、それにしたいと思います。限られた数の機体でしか体験できない特別感は、旅の思い出として深く心に残ります。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.