弾丸トラベルは怖くない!

飛行機、ミリオンマイラー、鉄道、ホテル、海外発券、飛行機旅指南など

レジデンス・イン・ダンマーム宿泊記 スイートルームにアップグレード

スポンサーリンク

ダンマームにあるレジデンス・インに滞在しましたので、お部屋の様子を中心に記事にしてみました。

ホテル付近

同ホテルの住所はPRINCE MUHAMMED BIN FAHD RD, DAMMAMであり、街の中心部辺りにはあるのですが、日本の街とは感覚が違い、広い道路に建物があるくらいであり、歩いている人は少なく、車の交通量が多いと言った感じであります。

ホテルの斜め向かいにはシェラトンホテルがあります。こちらに滞在しようかと思いましたが、シェラトンの方がレビュー数が下でラウンジもお酒がないので、レジデンス・インにしてみました。

徒歩5分の所にショッピングセンターがあり、カルフールが入っていました。一見すると海外のカルフールと全く変わりません。ただ、ショッピングセンターと言う割には賑わいがなく、人が少ない印象でした。

ホテルではノンアルコールでもビールは提供していないので、ショッピングセンターでノンアルコールビールを購入してきました。日本ではあまり見ない、ハイネケンとコロナのノンアルコールビールです。

プールフィットネス

同ホテルにはプールとフィットネスがあります。プールは1階にあります。結構、大きなプールであり、水深も深めでした。

フィットネスは6階にあり、筋トレマシンも少しありました。また、サウナもあり、結構大きめでした。このサウナは自分でスイッチをオンにして入るタイプでした。あまり、使われていないのか綺麗でした。今回は1泊のみでしたので使用しませんでしたが、時間があれば、利用してみたいところであります。

食事

ダイニングはロビー階にある「DISH-INN RESTAURANT」というところでいただきます。営業時間は6:30 AM-10:30 AM、1:00 PM-3:00 PM、5:00 PM-11:00 PMであります。今回は朝6時にチェックアウトする予定でしたので、夕食を普通にオーダーしてみました。

ミックスグリルにしてみましたが、鶏とラムと牛の串焼きに野菜のソテー、ライスのワンプレートでした。肉は焼きたてなので美味しく結構いけます。野菜も旅の後半、お腹は壊したくないので火を通していて幸いでした。ライスはタイ米っぽく、アジアのお寺のような香りというか味がしました。そして、肉の上にかかっているレッドオニオンとパセリのレモンソースのマリネのようなものが格別でした。

スイートルーム・レビュー

今回は一番安いレートのワンベッドの部屋を予約しましたが、スイートルームにアップグレードされました。

リビング

ドアを開けるとキッチンとリビングルームが目に入ります。とても新しく清潔感のあるリビングです。

テレビはChrome cast対応であり、ネットフリックスやYoutUbeが直接見られるタイプです。最近はテレビもこうしたタイプが当たり前になってきています。

コンセントはサウジアラビアのBFタイプであり、変換アダプターが必要です。USBはタイプAのみでした。

キッチン

そして、キッチンであります。ホテル名にあるようにレジデンスなので、出張などある程度の長期滞在者向けのホテルなので、こうした設備があります。

冷蔵庫は大きめで冷凍肉とかも十分に入りそうです。この冷蔵庫を扉を閉め忘れるとアラームが鳴るようになっていました。今は当たり前ですが。

LGの電子レンジがあります。ショッピングセンターで何か買ってきても良かったのですが、アラビア文字だけで書いてあり、よくわからなくて失敗するのも嫌なので諦めました。食器洗浄機もあり、なかなかであります。

普通のホテルにあるようなアメニティーもあります。ロビーの横にはセルフコーヒーコーナーもあり、コーヒーはこちらからいただいた方が良さそうでした。

食器もそれなりにあります。お酒がダメな国なのでワイングラスはありませんでした。

ウェルカムアメニティ

ウェルカムアメニティはフルーツであり、ショッピングセンターで購入する手間が省けました。朝早い時の朝食代わりになります。

ベッドルーム

なんちゃってスイートではなく、きちんと壁と扉で区切られたベッドルームが奥にあります。エントランスから一番遠いので、心理的に落ち着きます。

キングサイズのベッドが1つあるのみで、ベッドサイドもシンプルです。まあ、寝るだけなので余計なものは不要ではありますが。

反対側を見渡すとカウンターデスクとテレビがあります。デスクの下は収納になっており、特に何も入っていませんでした。テレビのリモコンはリビング、ベッドルームそれぞれあるので、2つのテレビが同時に作動することはありませんでした。

クローゼットは長期滞在向けにか大きなクローゼットでした。アイロンやセーフティーボックスも当然あります。

ドライヤーはベッドサイドにありました。ドライヤーが使えるコンセントはキッチンにしかなく、キッチンで髪を乾かすと言う何とも不思議であります。

バスルーム

バスルームは広くフル装備でした。大浴場があるわけでなく、長期滞在だと狭いバスルームだと気が滅入るのでこれくらいの広さは欲しいところです。

トイレはシャワー付きでした。バスタブもあり、足を延ばしても余裕でした。ただ、横幅は意外と狭い感じでした。また、水流が弱いため、お湯を張るのには時間がかかりました。ホテルに戻ってきたら、まず、バスタブにお湯を張ることから始めるべきかもしれません。

洗面台については、ミラーは大きく清潔感があります。新しいホテルなのでおしゃれでもあります。

洗面台の下にはタオルが2枚ありました。ジャワーブースのドアにかけてあったバスタオルは臭いが気になったので、専らこちらのタオルの利用でした。アメニティは今の時代にしてはシェーバーまでありました。

シャワーブースはおしゃれなタイル張りです。レインシャワーはありませんが、ホースシャワーのヘッドは水流が変えられました。シャワーは節水対策なのかデフォルトは半分くらいに設定されており、水流をフルにするためにはボタンを押しながらひねると動作が必要でした。それでも水流は強くありませんでした。

景色

窓からの景色はダンマームの街並みが見えます。外を歩いている人は少ないのですが、夜になるとローカルな歌が聞こえてきたりと異国感を何となく感じる雰囲気でした。

まとめ

今回は、ダンマームにある長期滞在向けのレジデンス・インに滞在してみました。ホテル自体は新しく、清潔感があり、使い勝手が良い設備でした。フィットネスにプールにサウナがあり、運動不足も解消できそうであります。

全体的にはマリオットやシェラトンのような高級感はありませんが、低コストで快適に休みたい人にはベストかもしれません。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.