弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

大韓航空ビジネスクラス搭乗記 ボーイング747-8 プレステージスイート

スポンサーリンク

ボーイング747-8i

大韓航空のボーイング747-8iのビジネスクラス「プレステージスイート」にソウル仁川からローマ・フィウミチーノまで搭乗しましたので、お伝えします。

ボーイング747-8とは

B747-8

ボーイングホームページより
ボーイング747-8とは最新型のジャンボ機であります。旅客機タイプは747-8IC、貨物機タイプは747-8Fと呼ばれています。

ICはインターコンチネンタル略であり、大陸間を飛ぶ長距離便に利用されることを想定してつけられたのでしょうか。

先代のボーイング747-400との違いは胴体が長くなり、主翼は新開発、エンジンはGE製のみでボーイング787にも搭載されているGEnxシリーズであります。

旅客機タイプの747-8ICを導入している航空会社はルフトハンザドイツ航空と中国国際航空(エアチャイナ)、そして、大韓航空です。

大型機としてはエアバスA380-800の方が、知名度も導入している航空会社も多いものの、ディスコンが決定しており、ボーイング747-8も同じ運命をたどるのかもしれません。

ただし、同機は次期アメリカ大統領専用機に選定されており、計画通り導入されれば、しばらくは世界中で目にすることができそうです。

プレステージスイートは大韓航空最高峰のビジネスクラスシート

プレステージシート種類

大韓航空のワイドボディ機に設置されている3種類あります。

プレステージプラスはライフラットタイプ、プレステージスリーパーはフルフラットタイプであります。

しかし、いずれも2-2-2配列または2-3-2配列であり、窓側の利用者は通路側の利用者を跨ぐ必要があります。

しかし、プレステージスイートは座席が互い違いに配置されているため、窓側でも通路側の人を気にすることなく、通路にアクセスできます。

同社において、プレステージスイートは最高峰のビジネスクラスと言えます。

ソウル=ローマ搭乗記

KE931便

搭乗

プレミアムチェックイン

KE931便は3クラス制であり、ファースト、プレステージ、エコノミー3クラスです。す。ファーストクラスは1階最前方、プレステージは1階前方と2階すべてです。

プレミアムチェックインカウンターを利用し、その後、マイラークラブ・ラウンジ利用後に搭乗となりました。

スイートシート

大韓航空B747-8 ビジネスクラス1階席

今回はシートグルがおすすめの18J席を選択しました。

ボーイング747-8階段

1階のプレステージ席をとおり、階段を上ります。

大韓航空B747-8 ビジネスクラス2階席

2階席2-2配列で独特な空間であります。

大韓航空 ボーイング747-8 18J席

18Jの前は非常口のため、広々としており、他の座席よりもアクセスが快適であります。

B747-8 2階席 非常口

シートは20.1インチとビジネスとしては標準的ですが、ジャンボ機の2階席は窓側が広くなっているため、想像以上に広さを感じます。

大韓航空ビジネスクラスシート

窓の下は荷物入れとなっており、利用しない時の枕やブランケット等を収納できるため、広さの相乗効果を出してくれます。

ボーイング747-8 2階席窓側
2階席窓下収納

トータル4つの窓を占有とファーストクラス並みであります。

窓側シートから視線

通路側の隣席を見ると視線が合わないようになっています。ちなみに、隣席の通路側は空席であったため、撮影してみると窓側の座席の方が圧倒的にスペースは広いです。

大韓航空B747-8 二階席通路側シート
大韓航空 ビジネスクラス2階席オットマン

前にシートのないこともあり、オットマンが大きいです。

大韓航空 B747-8 18Jシート オットマン

大きくて良いのですが、脚が届かないくらいです。

シート電源
USBポート

電源は左側側面についており、ユニバーサルタイプです。USBポートも左側についており、肘掛下についています。

シートコントローラー

シートコントローラーは高級感のあるボタンであり、すべて電動となっています。

大韓航空プレステージスイート パーティション

隣席とのパーティションも電動で上げ下げできます。動作は下記のような感じです。

シートモニター

大韓航空 プレステージスイートシートモニター

シートモニターは17インチですが、シートから距離があるため、小さく見えます。タッチパネルではありますが、シートコントローラーが役に立ちます。

大韓航空 プレステージスイート モニターコントローラー

機外カメラが設置されており、シートモニターで前方と下方を見ることができます。

ボーイング747-8機外カメラ

機外カメラ前方
機外カメラ後方

アメニティ

アメニティキット

ブランケット、枕、ノイズキャンセリングヘッドフォン、スリッパとビジネスクラスとしては標準的であります。

ブランケット
ノイズキャンセリングヘッドフォン
スリッパ

アメニティキットは長距離便のみ提供されるようです。

大韓航空機内誌
大韓航空ビジネスクラス 機内誌

機内誌はシートモニター上にあり、中には絵葉書も添えられています。

トイレ

ボーイング747-8トイレ
大韓航空ビジネスクラス トイレアメニティ

ジャンボ機の最新型のトイレについては、ボーイング787型機と同じような感じです。アメニティにはマウスウォッシュやシェーバーもあります。

離陸

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクにシャンパンをいただき、離陸となります。

滑走路に進入し、エンジンが唸りだします。これまでのジャンボ機とは違い、ボーイング787型機のような音であります。

離陸

しかし、地上を離れるとジャンボ機らしく悠々と上昇してきます。

離陸の模様を動画にしてみましたので、ご覧ください。時間は100秒程度です。

2階席については離陸の時はエンジンから遠いため、エンジンの音が小さく快適かなと感じましたが、安定飛行に入ると座席から天井まで近いこともあり、ノイズはかなり大きいです。

ボーイング747-8 2階席からのエンジンの眺め

ノイズキャンセリングヘッドフォンを最適化してようやく静かとなります。それでもボーイング787の方が圧倒的な静かです。

1回目の機内食

大韓航空 ビジネスクラス 機内食メニュ

ベルトサインが消え、しばらくすると機内食が始まります。機内食メニューはサイドポケットに最初から入っていました。

大韓航空ビジネスクラス ワインリスト

シャンパンはPerrier Jouetでした。おつまみはロースト・トマトです。

大韓航空ビジネスクラス シャンパン

前菜はモッツアレラチーズとイタリアントマトです。イタリア線だからでしょうか。でも、海苔もあります。

大韓航空 ビジネスクラス 前菜メニュー

大韓航空 ビジネスクラス 前菜

メインコースとなります。ソウル発と言うこともあり、プルコギにしてみました。

大韓航空 ビジネスクラス メインコースメニュー

大韓航空 ビジネスクラス プルコギ

ボリュームがあり、食べ応えがあります。スープは見た目では海鞘でも入っているかと思いましたが、魚の出汁が効いたスープでした。

大韓航空ビジネスクラス デサートフルーツ
大韓航空ビジネスクラス デサート ケーキ

メインの後はここでも葡萄にして、ケーキをいただき、終了です。

広いシートは寝るのも快適

大韓航空ビジネスクラス 夜明けモード

パーティションを上げて、睡眠です。広いシートは快適そのもので、個室感も高く満足であります。ただし、ジャンボ機はボーイング787のような湿度ではないため、結構乾燥します。

大韓航空 ビジネスクラス フライトマップ

夜明けモードになり、飛行機はモスクワ付近まで到達しています。フライトマップの飛行機もきちんと747-8仕様となっています。

大韓航空 B747-8 フライトマップ

2回目の機内食

大韓航空 ビジネスクラス 機内食 夕食メニュ

2回目の機内食の時間であります。夕食と言うこともあり、前菜、メインディッシュと続きます。

大韓航空ビジネスクラス サラダ

サラダは野菜感たっぷりであります。見た目に反して、シャキシャキしています。

大韓航空 ビジネスクラス テンダーロイン

メインコースは牛テンダーロインであります。2回目の食事も結構ボリュームがあり、この日は機内食で十分でした。

大韓航空 ビジネスクラス スイカ
大韓航空ビジネスクラス 緑茶

最後はスイカと緑茶をいただき、フィニッシュです。

着陸

ポーランド上空

ポーランド上空で蛇行を繰り返す河川を見つつ、アドリア海を横切り着陸となります。

フィウミチーノ空港への着陸は海岸と並行に降下し、住宅街を通過して、着陸となりました。風のない、静かな夕焼けの着陸となりました。

こちらも動画にまとめてみました。時間はトータル3分程度です。

最後に

ボーイング747-8@rome

長時間の快適なフライトを終え、降機すると、フィウミチーノ空港に到着したジャンボ機は悠然としておりました。久しぶりのジャンボ機は搭乗は懐かしさと言うよりも、新世代化された快適性の方が印象は強く、これまでとは違うジャンボ機と体験となりました。

機会があるならば、再び搭乗してみたいと思う機材でありました。 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.