弾丸トラベルは怖くない!

マイル、国内トラベル情報、ホテル、海外発券など

スポンサーリンク

JR九州ホテル宮崎宿泊記 列車に乗る人向け

スポンサーリンク

f:id:dantra:20211120094222j:plain

宮崎駅徒歩0分のJR九州ホテル宮崎に滞在しましたのでお伝えします。

アクセス

宮崎駅西口から徒歩0分(実際は30秒ぐらいはかかりますが)と列車に乗るには抜群のロケーションであります。宮崎駅から宮崎空港駅に直通の列車もあり、バスターミナルも目の前にあるので、飛行機も高速バスにも便利と言えます。

ホテルは複合ビルのKITENビルの8階から14階に位置しています。同ビルは商業施設もあるのですが、オフィスビルの色合いが強く感じられるところでありました。

一階にはローソンがあるため、とにかく不自由のないところであります。

f:id:dantra:20211120094316j:plain

ちなみにホテル内にも自動販売機(アルコールもあり)と電子レンジがあるため、喉が渇いても着替えずにのどを潤すことができます。

エントランス

f:id:dantra:20211120094237j:plain

一階からダイレクトにエレベータでアクセスもできますが、2階のショッピングフロアまでエスカレーターで上がりそこからエレベーターでアクセスもできます。

f:id:dantra:20211120094254j:plain

フロントは8階にあり、9階から14階までが客室となっています。

f:id:dantra:20211120094300j:plain

8階はホテルのフロントだけでなく、コンベンションホールもあります。ホテルは扉で区切られているので、間違うことはありません。

スタンダードシングルルーム

f:id:dantra:20211120094311j:plain

今回は一人向けのスタンダードシングルルームです。廊下はシンプルですが、少しだけ高級感があります。

ルーム全景

f:id:dantra:20211120094323j:plain

部屋は16㎡と広くはありませんが、ベッドは大きくシモンズ社製であります。機能的で余計なものは取り外されたシンプルな部屋であります。

f:id:dantra:20211120094337j:plain窓を向いたカウンターデスクは狭い部屋にもかかわらず、広いデスクトップであります。マウスを使っていても何かにぶつかるという事もありません。デスクライトがちょっとおしゃれであります。

f:id:dantra:20211120094345j:plain

テレビはホテルが開業した年月を想像させてくれます。日立製と今では見ないテレビであります。

f:id:dantra:20211120094356j:plain

パジャマが一枚ベッドに置かれています。変に浴衣とかではないのでラクラクであります。

f:id:dantra:20211120094410j:plain
f:id:dantra:20211120094403j:plain

冷蔵庫はホテルの冷蔵庫としては小さめでありますが、音が静かなので逆に良いかもしれません。空気清浄機もきちんとあり、ビジネスホテルとしては充実したせっぞのホテルと言えます。

ウェットエリア

f:id:dantra:20211120094439j:plain

水回りです。16㎡ながら、一応、バスルームとトイレ洗面がセパレートとなっています。圧迫感をなくすためかシースルーとなっています。

f:id:dantra:20211120101802j:plain

バスタブはしっかりとした大きさがあります。やっぱりセパレートとなるとお湯を張って浸かってしまいます。

f:id:dantra:20211120094445j:plain
f:id:dantra:20211120094504j:plain

アメニティも必要なものはそろっています。ミラーは曇り止め付きであり、ちょっと珍しいかもしれません。

窓からの景色

f:id:dantra:20211120094515j:plain

今回は西口広場とは反対側に面した部屋でしたが、日豊本線が見えるトレインビューでした。しかも、高い建物がないため、遠くまで見渡せます。マンションとマンションの間からシーガイアのタワーが小さく見えます。

f:id:dantra:20211120094529j:plain

反対側からは西口広場とアミュプラザが見えます。ホテルは意外と高く、アミュプラザの屋上にある神社が見えます。

最後に

f:id:dantra:20211120094800j:plain

徒歩0分というだけあり、雨にも濡れずにアクセスできます。シングルの場合、部屋は広くありませんが、シンプルでありながら必要なものは揃い、セパレートタイプのバスルームもあり、不便さを感じさせないホテルでした。

列車を利用するのであれば、一択とも言えるホテルかもしれません。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.