弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ANA SUITE LOUNGE 羽田第2ターミナル国際線エリアにオープンが確定

スポンサーリンク

スイートラウンジ

本日、3月14日より、羽田空港国際線ターミナルは名称を変更し、第3ターミナルとなりました。そして、2週間後の3月29日からは第2ターミナルは国内線と国際線が供用のターミナルとなり、第3ターミナルは増床され、グレードアップします。

そうした中で、注目を集めるのが第2ターミナルにできるANA最高峰のラウンジであるSUITE LOUNGEとなります。そのオープンが確定しましたので、記事にしてみました。

大きく変わる第2ターミナルANA SUITE LOUNGE 羽田第2ターミナル国際線エリアにオープンが確定

先日、記事にもしましたが、第2ターミナルビルのオーナーである日本空港ビルデングが第2、3ターミナルの新たな設備の概要を案内しています。

www.dangan-lucky.com

そして、本日より、新しい羽田空港のサイトがオープンし、PDFではありますが、第2ターミナルのフロアマップも視ることが可能です。

第2ターミナルはターミナル東側(65番ゲートから69番ゲート前あたりに)に大規模な増床工事を行い、国際線エリアを構築しました。

そのなかには以前の記事のとおり、ファーストクラスや航空機のご利用の多いお客さま向けの専用搭乗手続き施設が写真付きで公開されています。

Zカウンター羽田

しかし、ANA SUITE LOUNGEについては、店子のANAのサービスのため、大家である日本空港ビルデングからは記載はありませんでした。

ANAはきちんと対象者向けにSUITE LOUNGEオープン通知を案内していた

ダイヤモンド2020リーフレット

なかなか外出できないご時世のため、家にいて、先週到着したダイヤモンドステータスカードに同封されたリーフレットを参照していました。

その中で、メインとも言える「ダイヤモンドサービス・メンバー特典・サービス一覧」を既知とは言いつつも、1ページ1ページ眺めていました。

リーフレット10ページ

10ページ目に到達するとコンシェルズサービスに関する記載がありました。

コンシェルズサービスはSUITE LOUNGEか成田のZカウンターで利用できるサービスであり、今後の予約や書類のコピーができます。

そうしたことについて記載があったのですが、よく見るとそのコンシェルジュサービスが受けられる場所について、確認すると下記のように記載されていました。

ANA SUITE LOUNGEにてご利用いただけます。

対象空港:羽田(第2・第3ターミナル)成田(第1ターミナル)

と記載されています。

これは紛れもなく、SUITE LOUNGEが 羽田空港第2ターミナル国際線エリアにオープンすることを案内しています。

最上級会員のダイヤモンド会員向けの冊子であり、間違いや後から訂正は許されないので、事実上、最上級会員のダイヤモンド会員向けにまず初めにオープンすることを案内したと言えます。

ネットで決まった時間に公開するのではなく、紙媒体で郵送と言う形で最上級会員に配慮した結果とも考えられます。デジタルマーケティング全盛の中、古風でありながら、適切な伝え方かもしれません。

suite loungeアクセス基準

また、この書きぶりからすると現在の利用体系とは変わらず、ANA便のファーストクラス搭乗者のみが利用できるラウンジが設置されるのも考えにくいかもしれません。

しかし、同じように年間でファーストクラスだけでダイヤモンド会員に到達している会員には別送で特別な案内をしているようなことも同じように考えられ、そこは公開されないとわかりません。

一方で、ファーストクラスチェックインカウンターでも利用できる旨が記載されています。

対象空港 羽田(第2・第3ターミナル)

と記載されています。日本空港ビルデングが公開した専用搭乗手続き施設は成田のZカウンターのようではないと言う書きぶりでもあり、どうなるか逆に気になります。

まとめ

紙媒体という証跡きっちりが残るものに記載すると言うことは嘘は言えず、SUITE LOUNGEのオープンの確定は事実と言えます。

2020年のダイヤモンドカードが届くのが例年と比較して遅いのは不思議でしたが、券面デザインの変更があるとか、新型コロナ影響により、消毒しているとか、IHGとのステータスマッチに平仄を合わせるためにとかいろいろ勘ぐっていました(何とかの勘ぐりです)が、今回の件がそれかもしれません。

現時点では、新型コロナの影響もあり、JALが入札アップグレードとそのキャンペーンをプレスリリースにも掲載せず、粛々と開始したように、粛々と公開されるかもしれません。SUITE LOUNGEがどんな広さで、どんな特徴であるのか早く知るためには同社サイトと睨めっこも手段です。  

3月29日以降の羽田空港国際線の空港案内が公開

チェックインは成田のZカウンターのようではなく、優先レーンの目の前にファーストクラスチェックインカウンターが設置される模様です。名前はRカウンターです。

また、ANA SUITE LOUNGEはANA LOUNGEと併設され、出国審査を追加後、エスカレーターを昇り、4階に設置されています。

そして、ARRIVAL LOUNGEも設置されます。ただし、場所的には税関通過し、入国後に4階に移動となります。場所的には国内線のANA SUITE LOUNGEあたりであり、改造したりしている可能性もあります。

さらに、第3ターミナルでは114番ゲート付近のANA SUITE LOUNGEとANA LOUNGEがなくなっています。

ラウンジの全貌がわかりましたら、別に記事にしてみます。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.