弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

JALとANAのクアラルンプール発券、どっちがマイル修行に向いているか

スポンサーリンク

KLIA

海外発券で週末弾丸が可能な都市と言えば、シンガポールやバンコク、そして、クアラルンプールが思いつきますが、その中で安さの面でエッジが効いているはクアラルンプールであります。

そこで、クアラルンプール発券のJALとANAのお手頃なプレミアムエコノミーを比較してみました。

JALプレミアムエコノミー

JAL Premium economy

JALは東京とクアラルンプール間は1日1往復であり、ライバルのANAが1日2往復に対して、不利と言えますが、同じワンワールドのマレーシア航空が就航しているため、カバーしていると言えます。

しかし、プレミアムエコノミーと言う観点からするとマレーシア航空はプレミアムエコノミーの設定はありません。したがって、座席数としてはANAに劣ると言えます。

以下は最安のクアラルンプール=成田のプレミアムエコノミー運賃であります。

JALプレミアムエコノミー運賃

運賃は約81,658円

予約クラスはEクラス 

JMBでは100%加算FOP 

10,814FOP

FOP単価 7.55円FOP

FOP単価7円台はベリーグッドとも言える単価と言えます。

ANAプレミアムエコノミー

ANA premium economy

ANAは羽田発着と成田発着において、プレミアエコノミーを設定しており、JALよりもフレックスと言えます。

しかし、今回JALと同じ日程を検索するとプレミアムエコノミー運賃はなく、別日での最安運賃なります。やはり、ANAは人気なのでしょうか。

最安で出てきたのは往復ともに成田であります。デフォルトでは最安運賃はNクラスでありますが、数千円で100%加算のEクラスがあったため、それを選択してみます。

ANAプレミアムエコノミー運賃

運賃 約86,769円

予約クラスはEクラス 

AMCでは100%加算

PP 10,814PP

(JALと同じですね)

PP単価 8.02円/PP

となります。

JALとANAどちらがいいのか

単価対決ではJALの方が安いですが、これが本当にいいのか考えると結論としてはJALの方が割安と言えます。

ANAはJALと同等のプレミアムエコノミーもありますが、ANAの場合最安運賃はNクラスとなり、70%加算のため、PP単価は劇的に割高になります。

しかし、JALはクアラルンプール路線で1往復、ANAは2往復であり、ANAが有利な中でより安い単価の運賃を提供しており、JALの方が安いと言えます。

一方で、マイル修行では旅程の組みやすさも重要であり、それを考えるとANAの方が有利と言えます。

また、ビジネスクラスへのアップグレード申請を考えると、1日2便あるANAの方が有利と言えます。

キャッシュアウトとスケジュールを優先するかで違いますが、ANAの方がクアラルンプール海外発券においては有利と言えます。

過去には、関西発着など迷走したうえ、休止しましたが、現在は、以前とは違いANAの方が強いとも言えます。

JALには助っ人がいる

マレーシア航空

JALと同じくアライアンスに加盟するマレーシア航空は日本発でもビジネスクラスを安くするキャンペーンがあります。

キャンペーン運賃であっても、JMB125%加算であります。そもそも、クアラルンプール発券のチケットを利用するには、クアラルンプールに行くのが必須ですが、ビジネスでアクセスできるのは有利であります。

また、ソウル発や上海発ではクアラルンプール経由で東南アジア、オセアニアにFOP単価の安い運賃があるため、選択肢が広がります。まさに、JALマイル修行にとっては助っ人と言えます。

ANAの場合は、スターアライアンス加盟のキャリアで、北京経由でシンガポールに行き、そこからLCCなどと結構考えることがあります

最後に

JALとANAでは、自社が運航するフライトの運賃としては、JALは安いですが、ANAの方が1日2便あるため、融通は利きそうです。

しかし、そうしたことが影響しているのかJALの方が割安に設定しているとも言えます。

どちらが良いかは、スペック的にはほぼ同一であり、乗り継ぎや個人の感覚での勝負になると言えます。

FOP/PPを求めるか、ビジネスへのアップグレードを期待するか、できるだけキャッシュアウトを抑えるか、個々人により判断が分かれるところであります。

JALとANAのどちらが優れているか結論付けませんが、どちらも日本発券と比較すると安いことに間違いありません。 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.