弾丸トラベルは怖くない!

飛行機、ミリオンマイラー、鉄道、ホテル、海外発券、飛行機旅指南など

CHAT GPTでANAトクたびマイルの記事は自動化できるか

スポンサーリンク

C

CHAT GPTがネットに疎いメディアでも取り上げられるようになり、その可能性を考えてみました。

CHAT GPTとは

CHAT GPTとは

OpenAIが2022年11月に公開した人工知能チャットボット。OpenAIのGPT-3ファミリーの言語モデルを基に構築されており、教師あり学習と強化学習の両方の手法で転移学習されている。

2022年11月30日にプロトタイプとして公開され、幅広い分野の質問に詳細な回答を生成できることから注目を集めた。しかし、人間が自然と感じる回答の生成を特徴としていることから、一見自然に見えるが事実とは異なる回答を生成することもあり、大きな欠点とされた[4]。ChatGPTのリリース後、OpenAIの評価額は290億米ドルとなり、2021年時の140億ドルと比べて2倍以上増加した。

by ウィキペディア

一定のコマンド(指示)を出すと、指示した者に応えるような回答(報告書、記事、叙情など)を文字でまとめてくれるものであります。

ストレイトニュースのような記事が得意かと思うと、そうではなく、小説や童話、子供向け絵本の台詞などの結果を出せるようであります。

共同通信などストレイトニュースやウェザーニュースなど定型のものは役立つかもしれません。まあ、みーちゃんの顔芸とかはAIでは実現できないと思いますが。

端的に言うと、物書きな先生やジャーナリストがタイピングてしていたものが奪われる世界であります。もちろん、筆者の味や世界観が認められているとその例外ではありますが。

人間より優れている点としては、知識と言えます。人間は基本的に本なり、実体験で体得した経験や知識を脳に記録しますが、CHAT GPTは記憶する必要なく、ネットの中から参照してくるようであります。

まあ、人間はその知識を脳に刻む際に、感動だったり、恐怖だったり、愉しさだったり、刻み、それを事後に語ったり、執筆する際にその伏線がにじむものですが、CHAT GPTは電脳世界の中だけなので、リアルな体験をパクることはできるかもしれませんが、薄味になりそうです。

個人的にはGPTと言うと肝臓の指数かと思ってしまいます。断酒したりしてもなかなか数値は下がらず、暦年の蓄積とか思いますが、変化もないので、不思議な病気でもあります。

ANAトクたびマイルをCHAT GPTに任せたら

当ブログでは毎週火曜日正午過ぎに発表されるANAトクたびマイルを記事にしています。基本的には、発表された路線とマイル数を発表通りにストレイトする内容でありますが、それではつまらないので、マイル毎の所感を毎週書き、さらに、行きたい街や対象期間にはどんな記念日があるか記載しています。

まあ、みていない人の方が多いかもしれませんが。

この記事をCHAT GPTを任せるとファクト部分は自動で書いてくれるかもしれませんが、画像や太字などの所作は難しいかもしれません。

まあ、それもオープンソースなので克服する人がで出来て解決は時間の問題かもしれませんが。

文字部分は結構省略できるかもしれませんが、12時ジャストに勝負すると人間の方が早と言えます。まあ、翌日の7時とかに副業で書いている人には丁度良いかもしれません。

CHAT GPTに断末魔の世界の経験を

CHAT GPTは基本的に電脳的な世界のプログラムであり、人間一人ひとりが経験する世界は経験できないと言えます。

凡人と言っても、その生きてきた過程では、何かしら、心拍数がバクバクすることはあると言えます。自身に関することも有れば、家族のトラブルでバクバクすることも有ると言えます。

最近の日本映画でシリアスなものはDVや貧困、メンタルなものが多く、そうしたことにフィチャーしていますが、CHAT GPTはそうしたことを理解しているのか不明であります。

ANAトクたびマイルをCHAT GPTしたら

毎週、火曜日に正午にANAトクたびマイルの路線が発表されます。それとともに、ブログで路線別なコメントと、トクたびマイルで行きたくなった記事を上辣しているわけでありますが、これが自動化できるとどうか考えてみました。

似たような記事ではストレイトに徹する人も有れば、PP単価を開設するものも有れば、過去の記事をリライトするひとも多いと言えます。

個人的には、共通部分はコピーしますが、路線や行きたいところ、発表された内容に対する所感は毎回、考えています。

そこをCHAT GPTにしても、時間的な効率性はなく、自身の味付けしかないと言えます。

もしかしたら、過去の履歴から未来のトクたびマイル路線を予想できるかもしれませんが、それだけであります。

実利的な利用方法としては予想路線が当たり、書き換えなくて済むぐらいでしょう。

リクエストに対しての選別や分岐と言う観点では優れていますが、数多の人が迷うことはCHAT GPTでは厳しく、マイル修行では間違っても正解みたいなことが必要であると言えます。

最後に

マイル修行は金と効率性を希求すればカムトゥルーする案件にも見えますが、市属性を考えると不思議なものであります。単価を追求すれば、王道でありますが、それ以外はあれません。

ラウンジやホテルなど記録が出てくるのはその証であり、不思議であります。

www.dangan-lucky.com

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.