弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

海外発券ビジネス/プレエコ お得にマイルとプレミアムポイントが貯まる航空会社

スポンサーリンク

安い海外発券

海外発券のビジネスクラスとプレミアムエコノミーでお得にマイルとプレミアムポイントが貯まるスターアライアンスの航空会社をまとめてみました。個人的な調査と独断のため、参考程度にしていただければと思います。

ANAマイレージクラブであればANA便ですが

ANAマイレージクラブ

ANAマイレージクラブでマイルをたくさん貯め、マイル修行のためにプレミアムポイントを貯めるのであれば、自社サービスのANA便に搭乗するのが一番貯まります。

しかし、ビジネスクラスやプレミアムエコノミーは一部の国(ほぼクアラルンプール)を除くと運賃が高かったり、安いとしてもマイル及びプレミアムポイント付与率が低かったりします。

また、日本国内線で安いチケットがあるとしてもマイルとプレミアムポイントが一度に貯まる数は少なく、5万ポイント貯める「SFC修行」や10万ポイント貯める「ダイヤモンド修行」では週に数回搭乗し、1年がけで貯める必要があります。

上級クラスであればエコノミーよりもマイルが貯まるか

エコノミークラスよりもシートが広く、豪華なサービスが提供される上級クラスであるプレミアムエコノミーとビジネスクラスでは、エコノミーよりもマイルやプレミアムポイントが貯まるというのは常識ですが、その常識は絶対ではないことを知っておきたいところです。

以前はビジネスクラスであれば、125%積算、プレミアムエコノミーであれば、100%積算が当たり前でしたが、最近は安くする代わりにマイルの積算率が100%や70%というビジネスチケットもあります。

こうした低い積算率のある航空会社を除いて、安いビジネスクラスやプレミアムエコノミーを利用するのが一つであります。

積算率の低い航空会社

スターアライアンス

以上のように上級クラスでエコノミークラス100%よりも積算率の低い航空会社をクラス別にまとめてみました。

ビジネスクラス

ビジネスは150%または125%積算できれば、大成功ですが、それ以外の100%、70%ではマイルの積算及びプレミアムポイントの積算が大きく落ちます。各積算率は下記のとおりです。カッコは予約クラスです。

100%積算

エジプト航空(Z)、LOTポーランド航空(Z,F)、深セン航空(R)、ターキッシュ エアラインズ(J)

70%積算

ANA(P)、オーストリア航空(P)、ブリュッセル航空(P)、ルフトハンザドイツ航空(P)、スイス インターナショナル エア ラインズ(P)、ユナイテッド航空(P)

100%加算の航空会社は安いルートも多く、日本までのフライトもあるため、捨てがたい部分もありますが、70%加算の航空会社は世界中にネットワークを持つ航空会社も多く、ちょっと残念ですが、手堅い商売をしているとも言えます。

プレミアムエコノミー

プレミアムエコノミーはビジネスクラスと比較すると安いチケットが多く、スターアライアンス27社中12社(予定も含む)が設定しており選択肢も多いと言えます。70%積算は下記のとおりです。カッコは予約クラスです。

ANA(N)、オーストリア航空(N)、ユナイテッド航空(R)

ビジネスに比べると3社と少なく、ルフトハンザのように世界中にネットワークを張っているところではドイツで大陸間フライトを乗り継ぐとお得にマイルとプレミアムポイントを積算できます。(体力勝負ですが)

また、乗り継ぎチケットの場合、全区間がプレミアムエコノミーでない場合もあり、エコノミー区間が含まれることによって思わぬ落とし穴が潜んでいることも多いため、各区間プレミアムエコノミーが設定されているか注意が必要です。

どんなルートで利用するか

海外発券地域

ではどんなルートで海外発券を利用した方が良いか考えてみました。

日本着発のルート

海外発券の上級クラスで利用したいルートは日本国内の空港が絡んだ空港がプライマリーと言えます。ダイレクトに日本に接続されているため、他に日本へのアクセスするチケットが不要のため、便利と言えます。

おすすめの航空会社はビジネスクラスでは欧州・中東ではLOTポーランド航空(東欧・北欧)、ターキッシュエアラインズ(東欧・中東)が安く積算率も良いと言えます。また、カイロ発限定であればシンガポール航空も安いと言えます。

プレミアムエコノミーでは欧州・中東ではLOTポーランド航空(欧州全般)、シンガポール航空といえます。アメリカ発であればエバー航空が安いと言えます。プレエコの場合、欧州ハブ空港やアジア乗り継ぎ地点から日本まではエコノミークラスの場合が多いので、マイル積算と快適さを天秤にかける必要があります。

また、欧米など遠距離から日本着発はマイル及びプレミアムポイントが多く積算される一方、日本から欧米に行くチケットも必要なため、一度に出費が多くなりがちでもあります。

ソウル・台北・上海発東南アジア・オセアニア

ソウル・台北・上海は東京や大阪と並ぶ大都市であり、世界各国からたくさんのエアラインが乗り入れている都市でもあります。

しかし、航空券の運賃は乗り継ぎが発生する航空会社や別のアライアンスと競合している地域では安い運賃も多いと言えます。

おすすめの航空会社はビジネスクラスではタイ国際航空やエアチャイナが安いと言えます。プレミアムエコノミーでは、シンガポール航空がチャンギ空港乗り換えでアジア・オセアニア、場合によっては北米・欧州も安かったりします。

台北発では欧米への直行便であるエバー航空もプレミアムエコノミーで安かったりします。 

調べ方

フライト検索

海外発券でお得なチケットは時期や発券地、目的地で異なり、絞り込みなどの検索機能があるサイトで調べるのが適しています。

複数の目的地を検索できる「グーグルフライト」などを利用し、出発地とアライアンス(スターアライアンス)と搭乗クラスで絞り込み、敢えて目的と出発日時は指定せずに検索すると安そうなクラスがでてきます。

そこから日程を変更したり、さらに航空会社を一択して検索をしながら自分に合った時間とルートを絞り込むと良いチケットが出てくるかもしれません。

最後に

日本発券のビジネスクラスでもエアチャイナが安かったり、シンガポール航空がキャンペーンで激安にしたりとどこが常に安いとは言えません。

ただし、これまでいろいろと検索してきた結果では本日記載したような航空会社やエリアは比較的安いと言えます。

これまで記事にしたルートも参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.