弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

東南アジアをぐるりとビジネスでPP単価10円

スポンサーリンク

ペナン

東南アジア内をぐるりと巡るビジネスクラスの旅程でPP単価10円以内のルートをまとめてみました。

東南アジアの国とは

東南アジアと言われ出したのは19世紀からであり、西洋から見た位置関係を示しています。かつて日本では南方や南洋と言っていたようですが、現在は世界基準なのか東南アジアと言うのが一般的です。

東南アジアとされる国と首都と日本からスターアライアンス便が就航しているのは下記のとおりです。

国名(漢字略称) 首都名 ★直行便
ブルネイ(文) バンダルスリブガワン  
カンボジア(柬) プノンペン
インドネシア(尼) ジャカルタ
ラオス(老) ヴィエンチャン  
マレーシア(馬) クアラルンプール
ミャンマー(緬) ネピドー
フィリピン(比) マニラ
シンガポール(星) シンガポール
タイ(泰) バンコク
東ティモール ディリ  
ベトナム(越) ハノイ

日本からの直行便が多く、日本人が観光としても良く行く国とも言えます。ミャンマーの最大としてはヤンゴンであり、以前は首都してしたが、2006年からネピドーに遷都しています。

漢字一文字ではシンガポールは新嘉坡のイメージから新のようですが、中国や台湾で一般的であり、日本では星が用いられるようです。さすがスターアライアンスのハブ都市と言えます。

東ティモールについては一文字表記しているところはほとんどなく、東的木児となるようです。中国台湾では東帝汶といい、東帝とも言うようです。ドクターXのようです。

ビジネスクラス マニラ=ハノイ往復

地図

今回はシンガポール航空でマニラとハノイを往復する旅程です。西に最短で進んだ方が早そうですが、わざわざチャンギ空港まで南下するルートです。

10月10日の17時前にマニラを出発し、シンガポールには20時過ぎに到着し、この日はシンガポールで宿泊します。次の日の朝、ハノイに向けて出発し、昼前に到着します。

翌々日の12日のよるハノイを出発し、また、シンガポールで宿泊します。翌日朝一でマニラに向かいに午後一でマニラに到着します。

旅程

往復ともに日本からのマニラ直行便とも接続可能な時間帯であり、マニラではeチケットを活用すれば入国せずともそのまま乗り継げそうです。

運賃・予約クラス・プレミアムポイント

運賃・予約クラス・プレミアムポイントは下記のとおりです。

運賃 約88,509円

予約クラス Dクラス(125%+400PP)

プレミアムポイント 8,714PP

PP単価 10.16円/PP

東南アジア内だけの移動ですが、約9千PP獲得でき、運賃も9万円台とHND-OKAをプレミアムクラス株主優待運賃単価よりも安く移動でき、機内食とラウンジが利用できるとなると魅力的と言えます。

最後に

東南アジア内でだけで完結するビジネスクラスルートは限定されますが、スターアライアンスでシンガポールとバンコクをハブとする航空会社があるため、こうしたことも実現できます。

東京をハブとするスターアライアンス・キャリアでもソウル発券香港往復などができると便利なのですが、今はできません。ニューノーマルな時代に再度復活してくれると面白いかもしれません。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.