弾丸トラベルは怖くない!

飛行機、ミリオンマイラー、鉄道、ホテル、海外発券、飛行機旅指南など

【プライオリティパス】セントレアで味噌カツ食うたがや、無料は旨みゃー

スポンサーリンク

プライオリティパス 味噌カツセントレア(中部国際空港)にて、プライオリティパスを利用して、名古屋名物の味噌カツを食べましたので、お伝えします。

味噌カツはどこで食べられるのか

海前山善

セントレアでプライオリティパスを利用して、無料で味噌カツを食べられるのは、先日記事にしたピザ屋でもなく、空港ラウンジでもありません。この時期なので旅行支援で食べられるレストランはあり、その可能性はありますが、違います。

答えはセントレアから出国する際に利用できる場所であります。パスポートにスタンプ(現在はパスポート現物と顔認証ですが)の後に利用できます。

エリア的には国際線の19番に向かう方向にあり、割とターミナルでは中心部にあります。

海膳空膳

海善山善@セントレア

プライオリティパスと言えば、ラウンジアクセスがメインでありますが、世界的に見ると結構、レストランエリアはエアサイドであります。

日本では、関西空港のぼてじゅう1946、セントレアのEthan Stowell Pizza & Pastaが有名でありますが、それに加えて海外渡航の際に利用できる先がセントレアにはあります。

現時点ではセントレアではオンリーであるレストラン「海膳空膳」となります。名称から、海鮮に強いかと思うとある意味、ラーメンや丼物も強いオールラウンドであり、ラーメンから丼物、麺物など大概の胃袋は満たします。

プライオリティパスで選択できるメニューは一般と違いますが、フリードリンク(アルコール込)と主食(ラーメン、丼物)とサイドメニュー(枝豆からから揚げなど)であります。カップの形状を除くと変わりません。

プライオリティパスでの説明は下記のとおりです。

レストランが指定する3,400円相当のセットメニューを1回無料でお楽しみいただけます。ただし、フライトのご出発前の3時間以内に限り有効です。メインを1品(うどん、ラーメン、どんぶり)、サイドを1品(枝豆、フレンチフライ、フライドチキン、焼き鳥、串カツ)お選びになれるのに加えて、アルコール飲料とソフトドリンクを60分間お好きなだけお飲みいただけます。セットメニューの1回のご利用は、カード保持者様がお持ちのラウンジのご利用可能回数内でのラウンジご訪問1回分に相当します。

単価でみるとスペシャルなラーメンがベストでありますが、ここは味噌カツ丼と焼き鳥にしてみます。昼から夕焼け酒場であります。

まあ、たこ焼きやお好み焼き、粉系のものがないのは潔いと言えます。個人的にも、ラーメンが良いのか、鮮魚丼が良いのか不明であり、個人的に食べたかった名古屋名物と言われる味噌カツ丼にしてみました。

プライオリティパス セントレア

このようにプライオリティパス会員はちょっと別位置で受付されます。メニューもちっよと普通とは違いますが、差異は少ないと言えます。

海善山善

フロアー的には個人利用のカウンター席と複数利用のテーブル席が混在します。セントレアの国際線は利用客がかなり少なく、そうしたこともあってか、ガラガラです。

海善山善 コンセント

テーブル席はコンセントが確認できませんでしたが、カウンター席はコンセントがありました。USB-Type Aも有ります。

アルコールフリー セントレア プライオリティパス会員

自前のプライオリティパス会員カードとは別にフリードリンクカードが渡されます。まずはクラフトビールから選択してみます。プラカップは味気ないですが、ただなので文句はありません。

プライオリティパス みそカツ

たぶん、オーダー側からすると組み合わせ的には一番楽な品を選択肢します。個別メニューではかなり安い部類でありますが、名古屋らしい味噌カツ丼と焼き鳥と言う微妙な組み合わせをオーダーします。

セントレア 海善山善

オーダーついでにハイボールを追加オーダーします。こちらもプラカップでありますが、満杯ギリギリまで注いでくれました。マシーンからの注ぎであり、そう考えると満杯は優遇とも言えます。

味噌カツ丼自体は、ソースの塩味については特筆であります。梅干で言うと「昔風のみたいな」パッケージングの塩分20%以上のものが販売されており、実感としてはそれ以上であり、「しょっぺー」と言うようなものがありますが、それを凌駕する塩味であります。酒飲みにはパチパチと拍手ですが、これはちょっと違うかもと感じるくらいであります。焼き鳥も同様の塩味でありです。翌朝は絶対に口元はカラカラであります。

自身で調理する際も塩に対しては甘く、かなり振りかけてしまうのですが、かなりの塩味でした。砂糖抜きの罰ゲームなら理解できますが。

まあ、深いアルコール浸透状態ににあると需要範囲かも知れません。東急系の店舗ですが、なかなか深いと言えます。

最後に

プライオリティパスと言うと空港ラウンジであり、エアサイドで吟味とはなりますが、セントレアではプライオリティパスで利用できるレストランがあると言うのはポイントであります。

味付けの趣味は人生色々でありますが、メニューは多岐にわたります。セントレアから国際線の場合は利用してもいいかも知れません。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.