弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ファーストクラス最高額はどちらか JAL vs ANA

スポンサーリンク

ANA77W

JALとANAのファーストクラス運賃で最も高いルートを比較してみました。 

JALとANAのファーストクラス路線

ファーストクラス路線

JALとANAではファーストクラスの設定があり、いずれも東京(羽田・成田)に就航しています。海外の就航先は以下の通りです。スケジュールは2019年冬ダイヤです。

JAL

米国

ニューヨーク

ニューヨーク          2往復

シカゴ                     1往復

ロサンゼルス          1往復

サンフランシスコ   1往復

ヨーロッパ

ロンドン                  1往復

パリ                         1往復

JALはファーストクラスはボーイング777-300ERの機材のみの設定であり、東京発総路線は7往復であります。

ANA

ロンドン

米国

ニューヨーク       2往復

ワシントン        1往復

ヒューストン       1往復

シカゴ          2往復

ロサンゼルス       3往復

サンフランシスコ1往復

ホノルル    2往復

ヨーロッパ

 ロンドン     1往復

フランクフルト   2往復

ANAの機材はボーイング777-300ERとエアバスA380-800(ホノルル路線限定)にファーストクラス設定がされています。

ANAの国際線が強さを示すところでもあり、東京発15往復のファーストクラス設定があると言うのはなかなかです。

特に、人気路線のホノルルでは毎日2往復設定しており、ホノルル路線は好調のようなので、戦略が現時点では順調に推移しているようです。

どちらが優位

JALとANAを比較すると、JALだけが就航しているのはパリであり、その他はANAでも運行しています。

一方で、ANAのみ就航しているのはワシントン、ヒューストン、ホノルル、フランクフルトであり、ファーストクラスとしてはANAの方が圧勝のようです。 

JALとANAのファーストクラスシートスペック

ANA 新ファスートクラス

ANAとJALではファーストクラス機材は2019年以前はボーイング777-300ERのみでしたが、2019年5月以降はANAではA380-800と言う機材を導入し、JALと差別化しています。

さらに、2019年より新プロダクトを投入しており、羽田=ロンドン便と、羽田=ニューヨーク便では新プロダクトを導入しています。

ANA

新プロダクトはファーストよりもビジネスの方がインパクトは大きいですが、ファーストもスペックアップしています。

レガシー機材のスペックは下記のとおりです。 

ANA シートピッチ76インチ、シート幅33インチ、シートモニター28インチ

新機材でのファーストは下記のとおりです。

ANA シートピッチ76インチ、シート幅38インチ、シートモニター43インチ(4k)

JAL

JALホームページより

JALホームページより
JAL シートピッチ78.5インチ、シート幅33インチ、シートモニター23インチ

ANAが新プロダクトを投入したことにより、スペックではANAが上となっています。

運賃を比較してみた

今回は、両社がファーストクラスを設定している3都市(ニューヨーク、ロンドン)を比較してみました。

日程については東京オリンピック期間(7月24日に日本を出発し、8月9日に現地を出発する旅程で比較し、予約クラスは航空券では最高クラスのFクラスで比較してみました。

ニューヨーク

世界の首都とも言えるニューヨーク行きの運賃を比較してみます。

ANA

ANAニューヨークファーストクラス運賃

ANAの場合の運賃などは下記のとおりです。

運賃 2,262,850円

予約クラス 予約クラスFクラス(150%加算+400PP)

JAL

JALニューヨークファーストクラス運賃

運賃 2,223,250円

予約クラス 予約クラスFクラス(150%加算+400PP)

このクラスとなると、運賃の差は気にならないと思います。まして、積算するPP/FOPなどは気にしないと思いますが、両社同等であり、運賃が安いJALの方がステータスポイントは積算率は良さそうです。 

ロンドン

続いて、ヨーロッパ随一の金融都市のロンドン便の比較となります。

ANA

ANAロンドンファーストクラス

ANAの場合の運賃などは下記のとおりです。

運賃 2,778,000円

予約クラス 予約クラスFクラス(150%加算+400PP)

往復合計で24時間弱のフライトで、ハイブリットの自動車が購入くらいの運賃であり、価値と言うものが良くわからなくなる世界です。

JAL

f:id:dantra:20191114005629j:plain

運賃 2,735,740円

予約クラス 予約クラスFクラス(150%加算+400PP)

ANAとほぼ同じような時間帯でのルートであり、ガチンコ勝負であります。運賃としてはANAの方が高く、日本一高いファーストクラス運賃の座はANAのようです。 

まとめ

ANAとJALの運賃をまとめると以下の通りになります。

ニューヨーク

ANA  2,262,850円

JAL   2,223,250円

ロンドン

ANA  2,778,000円

JAL   2,735,740円 

ANAのファーストクラスの方が、高いようです。ちなみにファーストクラスの区間で最も高額なのは検索すると、ANAのフランクフルト往復が最高額のようで、ANAの一人勝ちとも言えます。

特典航空券マイル数

上記のようにいずれも自動車が買えてしまう運賃であり、日本一高い運賃をコンプリートしたい人は別ですが、旅行などで憧れのファーストクラスに搭乗したい場合は、マイルでの特典航空券が現実的となります。

そこで、ANAとJALのファーストクラスの特典航空券に必要なマイル数をまとめてみました。下記の通りです。

まず、ANAです。

ANA 北米 15~16.5万

ANA欧州  16.5~18万

ANAハワイ       12~12.9万

ANAは比較的安定していますが、往復での発券が必要であることや、マイル数としては安定していますが、空席に殺到と言う問題もあります。

続いて、JALです。

JAL 北米 14万

JAL欧州  16万

マイル数でもANAの方が高めですが、特典枠の数や就航便数などもあるため、一概に言えませんが、ANAの方が就航路線や便数も多いため、選択肢は多そうです。 

最後に

ファーストクラスラウンジ

日常とかけ離れたファーストクラス日本発の運賃を調べてみると、その高額さに驚いてしまいます。

コツコツとマイルを貯めれば無理ではないということもわかり、マイルを貯めて今年こそはファーストクラスに搭乗してみたいと感じてしまいました。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.