弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

JALビジネスクラス ウラジオストク発券 東京滞在デリー往復 日本発よりは安い

スポンサーリンク

ウラジオストク

JALとANAが挙って新規参入するウラジオストク路線、同地からの海外発券について調べてみましたので、お伝えします。

JALとANAのどちらがウラジオストク便では良いか

就航日

JALとANAともに2020年早々にともに、東京・成田とウラジオストク線を就航させます。JALは2月28日から、ANAは3月16日からと日本の航空会社で初めてウラジオストクに就航するのはJALとなりそうです。双方、夏ダイヤ(3月29日)からではなく、微妙に刻んでいるのは意地があったのかもしれません。勝負とすればJALの勝ちとなります。

便数

JALとANAでも便数は違います。JALの場合、2月28日から3月28日までは週3便の運航ですが、3月29日からは毎日運航となります。

一方でANAは3月16日から週2便(月・金)の運航となります。

マイル修行としては毎日運航があった方が最安運賃を狙うことができますし、天候遅延以外の入国トラブルが起きても滞在期間を気にせずに翌日以降に調整ができそうです。

この点でもJALの勝ちと言えます。もっとも、ANAは他の路線で新規就航を大量に控えているため、ウラジオストクに固執しなかった結果かもしれません。

機材

機材の面ではJALがボーイング737シリーズ、ANAはエアバスA320neoとなります。JALは今後、エアバス機の機材が多くなる中でボーイング機であり、ANAは国内線で多用されるであろうエアバスA320シリーズを採用しています。

ANAの方がパイロット不足はシビアなのかもしれません。

以上からすると、毎日運航しているJALの方がマイル修行には便利であります。一方で、毎日飛ばすと言うことは毎日座席を埋める必要もあり、そのために運賃のプロモーションをしたりすることとなります。この点でもJALの方に焦点が当たる結果となります。

ビジネスクラス ウラジオストク=東京=デリー往復

旅程

今回はゴールデンウィークが落ち着いた後の5月後半から6月にかけて東京で滞在(すぐに乗り継ぎしなくて済む)旅程で試算してみました。

旅程

JAL旅程

往路は5月17日に午後3時過ぎに出発し、成田には夕方17時前に到着します。時差がほとんどない快適な旅程です。2週間後の土曜日の5月30日に羽田からデリーに出発します。

復路はデリーで1泊して、翌日の夜に羽田に戻ります。羽田には早朝到着するため、そのまま出勤も可能です。羽田移管の効果が最大限発揮されます。ウラジオストクへは6月中旬の土曜日に向かいいます。オンラインビザの取得が再び必要です。

運賃・予約クラス・FLYONポイント

JALビジネスクラス案珍

運賃・予約クラス・FLYONポイントは下記のとおりです。

運賃 約150,298円

予約クラス Iクラス(70%+400FOP)

FLYONポイント 10,224FOP

FOP単価 14.70円/FOP

単価は悪いですが、アジア区間か長いため、Iクラスとしては善戦していると言えます。JALではウラジオストク発券への対策をしているようであり、アジア各都市のビジネスクラス最安運賃はIクラスとなっています。

グアム行きはXクラスとなっていますが、グアムのFLY ON ポイント換算率は1倍であり、砂漠に水を撒くような結果となります。。

最後に

デリー

ウラジオストク就航はJALの方が便利であり、マイル修行にも役立ちそうです。しかし、その優位性を活かして、積算率はANAのようなドライな積算率設定しています。

ただし、日本からデリーに行くよりも、一度、ウラジオストクに行き、デリーに行く方がビジネスクラスに搭乗もでき、安くなりそうです。

そういう意味ではマイル修行を東京からのデリーへの最安エコノミーでスタートするのではなく、ちょっとひねって、ウラジオストクからビジネスクラスでデリー往復をすると言うのも有りかもしれません。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.