弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

【JALビジネスクラス】デリー発券ニューヨーク往復が東京滞在できて激安

スポンサーリンク

JAL

JALのデリー発券のビジネスクラスのニューヨーク往復が安く、しかも東京滞在もできるため、まとめてみました。

ビジネスクラス デリー=ニューヨーク往復

6月前半の週末をそれぞれ活用して試算してみました。

旅程

JALビジネスクラス旅程

6月6日土曜日の夜7時過ぎにデリーを出発し、羽田には翌朝到着します。このフライトを利用すれば、デリーまで向かう飛行機で帰る旅程となるため、入国もしなくて良いこととなります。

手荷物検査場が混んでいても3時間あれば、ラウンジの滞在は短くなるかもしれませんが大丈夫でしょう。

次は翌週金曜日(6/12)の夜18:30にニューヨークに向かいます。JL004便は夕方発のため、午後休暇にして羽田に向かえば、間に合う旅程です。

ニューヨークには16時半過ぎの到着となります。翌日13日は同空港を

13時半前の出発となります。

折角のニューヨークのため、マンハッタンに出かけたいところですが、意外とお金がかかるのと、渋滞で時間をつぶしてしまう可能性があります。

そのため、空港ホテルに滞在するのが一番楽かも知りません。羽田には翌日16時半過ぎに到着します。

JALビジネスクラス機内食

最後は翌週(6/20)デリーに向かいます。ちょっと早めな10:50発ですが、昼便であり機内食も満足できそうです。デリーには夕方4時に到着します。

機材はデリー線はB787-9(SSⅢ)、ニューヨーク線はB77W(SS777)となります。

運賃・予約クラス・FLY ONポイント

JALビジネスクラス総額

運賃・予約クラス・FLY ONポイントは下記のとおりです。

運賃 約301,487円

予約クラス Dクラス! (125%+400FOP)

FLY ONポイント 32,118FOP

FOP単価 9.39円/FOP

予約種別はまさかのDクラスであり、FOP単価は9円台前半とかなりお得な運賃となっています。

ANAのムンバイ発券?に対抗しているのかわかりませんが、単価9円台ということもあり、通常運転なのかもしれません。

さらに、東海岸はほぼ似たような金額で出てくるため、複数回行く場合には目的地を変えても楽しいかもしれません。

JAL 北米FOP一覧

以上のように、デリー発券の北米往復ビジネスクラスが東京滞在でも安いため、北米のFOPを一覧にしてみました。

右側にはデリーのFOP(往復で7,255FOP)を合算したものを記載しています。いずれも往復のFOP合計となっております。

都市 FOP(往復) デリー(往復)加算後
ボストン 17,550 32,060
ニューヨーク 17,608 32,118
シカゴ 16,508 31,018
ダラス 16,890 31,400
ロサンゼルス 14,486 28,996
サンディエゴ 14,686 29,196
サンフランシスコ 13,626 28,136
シアトル 12,538 27,048
バンクーバー 12,502 27,012

ダラスは遠いイメージがありますが、ニューヨークが一番遠いようです。ボストンも肩を並べるくらいFOPが貯まります。2往復あるニューヨークが一番良さそうです。

最後に

JALビジネスクラス運賃

最初にこの運賃を目にしたときはANAのプレミアムエコノミーかと思いましたが、ビジネスクラス運賃、しかも種別としては比較的高いDクラスでした。

JALでは新型コロナ影響のため、なかなか搭乗できない状態になっており、ステータスを維持したい人向けにFOPを貯めやすくするキャンペーンをする告知を一部会員にしているようです。

どんなキャンペーンになるかわかりませんが、今回のルートでは約3.2万FOPが貯まるため、掛け算的なキャンペーンの場合、ダイヤモンド会員もあっという間になれるかもしれません。 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.