弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

デルタ航空ビジネスクラス シンガポール=成田往復が安い デルタスカイマイルAMEXカードをうまく活用して、ゴールドメダリオンを継続

スポンサーリンク

DL767


デルタ航空のシンガポール発券のビジネスクラス往復がJALやANAよりも安く、これまでカードを保有し続ける限り、ゴールドメダリオンの資格が維持できた「デルタスカイマイルAMEXカード」をうまく活用して、ゴールドメダリオンを継続する方法を考えてみました。

デルタ航空のビジネスクラス「デルタワン」

デルタワンビジネスクラス

デルタ航空のビジネスクラスは「デルタワン」と呼ばれ、ボーイング767シリーズのビジネスクラスはスタッガード配列であり、フルフラットにすることが可能です。シートピッチは77-81インチであり、シート幅は21インチであり、シンガポール=東京間を運航する日系航空会社とスペックでは台頭していると言えます。シンガポール航空にはかなわないようですが。

ビジネスクラス シンガポール=成田往復

旅程

デルタワン旅程

2月に週末を中心に考えてみました。往路は2月4日早朝チャンギ空港を出発し、成田には午後2時半に到着します。

復路は2月16日土曜日の夕方成田を出発し、翌日未明0時25分に到着します。

運賃・MQM

運賃は日本円で約96,663円であり、積算されるマイルは3,975マイルとなります。MQMは9,984となります。MQM単価は10円を下回っています。

ゴールドメダリオンになるためには

ゴールドメダリオンになるためには50,000MQMが必要であり、同区間のフライトを5往復し、日韓を安い大韓航空のエコノミーで往復すれば実現できると言えます。

「デルタスカイマイルAMEXカード」では、年間150万円利用でゴールドメダリオンの資格が取得できるため、約3分の1でゴールドメダリオンになることができます。

デルタスカイマイルAMEXカードをうまく活用してマイルを最大化

キャンペーン

デルタスカイマイルAMEXカードは以前のサービスからすると改悪と言えますが、その穴埋めのためか、ボーナスマイルキャンペーンを展開しています。

キャンペーンで貰えるボーナスマイルは下記の通りです。

入会  8,000マイル

通常利用40万円  4,000マイル

入会後3か月で40万円の利用(ボーナス)   10,000マイル

6カ月以内のデルタビジネス利用    25,000マイル

合計47,000マイル獲得できるキャンペーンを利用していますが、これを今回の旅程5回分を当てはめると上記の47,000マイルと+通常マイル10,000マイル+フライト獲得マイル3,975×5=19,875マイルが加算され、トータル76,875マイル積算可能です。このマイルをビジネスクラス特典やアップグレード特典に変更するのも良いでしょう。その後のカードの保有如何は不明ですが。

翌年はANAやJALのステータスマッチを利用して獲得マイルを抑制し、ゴールドメダリオンを維持

ステータスマッチ

ANAのプラチナなどを保有していれば、過去にデルタのステータス・マッチチャレンジを利用していなければ、それを利用して少ないフライトでゴールドメダリオンを利用できます。

特に貯めたスカイマイルを利用し、アップグレードを利用してエコノミー運賃をビジネスクラスにアップグレードすれば快適に修行もできます。デルタのステータスマッチの公表時期は毎年6月前後のため、タイミングを合わせることにより、ステータス期間を最大限活用できることもできます。

最後に

ビジネスクラスばかり搭乗して、ゴールドメダリオンを維持できるほか、ステータスマッチを利用すればその後、費用が少なくコールドメダリオンを継続することもでき、複数のアライアンスで上級会員資格を継続するのには良いかもしれません。

デルタワンスイート

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.