弾丸トラベルは怖くない!

マイル、国内トラベル情報、ホテル、海外発券など

スポンサーリンク

ANA【ゴールデンウィーク】羽田⇔沖縄線臨時便設定 ピークは1日23往復!

スポンサーリンク

f:id:dantra:20210326074448j:plain

ANAでは2021年のゴールデンウィークの羽田⇔沖縄便に臨時便を設定し、定期便、コードシェア便を含めると1日23往復となるため、まとめてみました。

羽田⇔沖縄線臨時便

2021年のゴールデンウィーク(4月29日~5月5日)の臨時便を発表しました。臨時便は下記のとおりです。

羽田⇒沖縄行

4月29日 ANA1415   8:40発⇒11:35着

4月29日 ANA1417   9:45発⇒12:35着

4月29日 ANA1419 10:10発⇒13:00着

5月1日   ANA1413   7:50発⇒10:40着

5月1日   ANA1415   8:40発⇒11:35着

5月1日   ANA1417   9:45発⇒12:35着

5月1日   ANA1419  10:10発⇒13:00着

5月1日   ANA1423  11:45発⇒14:45着

5月1日   ANA1425  13:15発⇒16:00着

5月2日   ANA1415   8:40発⇒11:35着

沖縄⇒羽田行

5月4日  ANA1420   13:55発⇒16:20着

5月4日  ANA1426   17:00発⇒19:30着

5月4日  ANA1428   18:20発⇒20:50着

5月5日  ANA1414   11:15発⇒13:45着

5月5日  ANA1416   12:20発⇒14:50着

5月5日  ANA1418   13:20発⇒15:50着

5月5日  ANA1422  12:20発⇒14:50着

5月5日  ANA1424   12:20発⇒14:50着

5月5日  ANA1426   17:00発⇒19:30着

連休前半は4月29日、5月1日、2日に集中的に設定、連休後半は5月4日、5日に集中的に設定されています。

その他沖縄路線

その他沖縄路線では、羽田⇔石垣、羽田⇔宮古においても臨時便が設定されています。

羽田⇔石垣

4月29日  ANA1455   13:20発⇒16:35着

5月1日 ANA1455   13:20発⇒16:30着

5月2日 ANA1455   13:20発⇒16:30着

石垣⇔羽田

5月2日  ANA1456   17:20発⇒20:10着

5月4日  ANA1456  17:20発⇒20:10着

5月5日  ANA1456  17:20発⇒20:10着

5月6日  ANA1456  17:00発⇒19:50着

羽田⇔宮古

4月29日  ANA1433   6:15発⇒9:25着

5月1日 ANA1435   12:55発⇒16:00着

宮古⇔羽田

5月4日  ANA1436   16:45発⇒19:30着

5月5日  ANA1436   16:45発⇒19:30着

石垣線、宮古路線についても増便が設定されており、石垣線については5月6日ついても、設定されています。

ピークは1日23往復

羽田⇔沖縄のピークである沖縄行き5月1日と羽田行き5月5日の一日当たりの便数は下記のとおりです。

f:id:dantra:20210326071455j:plain
f:id:dantra:20210326071505j:plain

3月28日から就航するソラシドエアの羽田⇔沖縄路線とANAはコードシェア便を設定しており、それらを含めると定期便で3往復、臨時便で1往復が追加され、合計1日23往復もの設定となります。
羽田発午前中は30分に1便、沖縄発は夕方に便が集中しています。5月5日の午後の那覇空港は大混雑が予想されます。

普段のゴールデンウィークであれば、これ以上のフライトが成田と羽田から国際線で設定されており、それを考えると海外行けない人たちが沖縄に逃避することが考えられます。

運賃が高くても、海外と比較すると安いと思い、結構運賃も高くなっているようです。

ピークを外すと爆安

ピークを外して5月6日の羽田発、10日の沖縄発を運賃を調べてみると下記のとおりです。

f:id:dantra:20210326073225j:plain
f:id:dantra:20210326073236j:plain

往路では8千円台、復路では9千円台があり、ピーク時の運賃と比較すると3倍以上の差があります。また、いくらマスクをしていても、混雑していると感染対策を知らない人やしていない人が一定数いるので、オフピークの方が絶対的に人が少ないため、物理的な時間がかからないと言う面も含めて、いいかもしれません。
テレワークを活用すれば週の真ん中に休暇を取り、空いた平日はテレワークで現地で仕事をすると言うのも有りかもしれません。

最後に

沖縄便で23往復はかなりの便数でありますが、国際線がほぼ飛んでいないことを考えるとまだまだ日常ではないようです。

しかし、新しい生活様式も2年目に入り、今度のゴールデンウィークはかなりの人出が出そそうであります。

多くの便が設定された期間に利用するのも良いですし、敢えてずらして、安くゴミゴミしない静かな休暇+ステイケーションにするのも良いかもしれません。 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.