弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

攻めるシンガポール航空 ビシネスクラスは買いか

A350-900

最近のシンガポール航空のキャンペーンや超長距離ノンストップフライトを一気に就航させるなど攻めの姿勢が見えるシンガポール航空のビジネスクラスの運賃をまとめてみました。

日本発は東京以外が破格

シンガポール航空は50周年のキャンペーンということで、毎月のようにプロモーションを実施しています。しかし、このキャンペーンについて、興味深いのは、東京発はそれほど魅力的ではありませんが、それ以外のシンガポール航空が就航している都市では、上級クラス程魅力的な運賃がしばしば出てきます。その一例が次の章の通りです。

関西=シドニー ビジネスクラス往復

旅程

旅程は下記の通りです。 

KIX-SYD RT BIZ

キャンペーンは10月からということで11月を検索してみるとオールA380-800のビジネスクラスで、往復20万円と破格であります。

フライト 区間マイル 積算マイル PP
11月3日 KIX SIN 3,040 3,785 4,185
11月3日 SIN SYD 3,907 4,864 5,264
11月4日 SYD KIX 3,907 4,864 5,264
11月4日 KIX SIN 3,040 3,785 4,185
合計 13,894 17,298 18,898

 PP単価は上記の表の通り、10.84円と長距離のビジネスとして破格であります。このほか、同じくオーストラリアのメルボルンも安い運賃の設定があり、関西からですとオーストラリアに行く場合、どこかで乗り継ぐことがほとんどのため、シンガポール航空はベストチョイスと言えます。

A380ビジネスクラス

超長距離もインドからだと割安

シンガポール航空では、10月から立て続けに、シンガポールとニューアーク、ロサンゼルス、サンフランシスコへのノンストップのフライトを就航する計画をしており、機材は最新鋭のA350-900ULRという超長距離をフライトする中型機としています。この機材はプレミアムエコノミーとビジネスクラスのみ設定されており、単価の高いビジネス需要をターゲットとしており、香港や北京、東京で乗り継ぐ航空会社にとっては収益力の高いクラスを奪われてしまう可能性もあり、驚異的な存在と言えます。

そのような中で、就航記念かわかりませんが、インドの各都市からの割安なフライトを探してみました。

ムンバイ=ロサンゼルス片道ビジネスクラス

シンガポールからはA350-900URLを利用し、ビジネスクラスで長時間寛げます。 

ロサンゼルスビジネスクラス往復

 日本円では約184,469円であり、下記の表通り、片道でも、PP単価が12.46円となっています。

フライト 区間マイル 積算マイル PP
11月10日 BOM SIN 2,436 3,045 3,445
11月10日 SIN LAX 8,770 10,963 11,363
合計 11,206 14,008 14,808

ムンバイ=サンフランシスコ片道ビジネスクラス

サンフランシスコ往復

こちらも同様に、シンガポールからはA350-900URLを利用し、ビジネスクラスで長時間寛げます。シンガポールでの乗り継ぎ時間は長いですが、旅行の場合はシンガポールも楽しめるので面白いと思います。運賃は日本円で約187,593円であり、PP単価が13.03円となっています。 

フライト 区間マイル 積算マイル PP
11月10日 BOM SIN 2,436 3,045 3,445
11月12日 SIN SFO 8,446 10,558 10,958
合計 10,882 13,603 14,403

アメダバード=ニューアーク片道ビジネスクラス

ewr

アメダバードは西インドにある大都市で世界遺産もある都市です。ムンバイからは近く、ムンバイから乗り継ぎでアクセスできると思います。今回の運賃で最もパンチの効いたフライトと言えます。 

運賃は日本円で約148,290円であり、片道で1.5万PPを稼ぎつつ、PP単価9.3円世界最長フライトを楽しみつつ、世界トップの5スターエアラインのサービスを長時間にわたって楽しむことができる夢のようなルートです。

フライト 区間マイル 積算マイル PP
11月11日 AMD SIN 2,581 3,226 3,626
11月13日 SIN EWR 9,535 11,919 12,319
合計 12,116 15,145 15,945

最後に

シンガポール航空といえば、サービスは良いけど、お高いというイメージが特に上級クラスではありましたが、最近は上級クラスでもかなり攻めていて、東京発などプロモーション運賃を設定しないなど同じアライアンスに気を遣いながらも、じわりじわりと攻めているのが何となく感じます。 

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.