弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

Hilton Honors修行2019 やってみようかな

スポンサーリンク

f:id:dantra:20190104050116j:plain

2019年はホテル修行もやってみようかなと思い、Hilton Honorsについて考察してみました。

2019年のステータス予定

2019年の航空会社やホテルなどの上級会員は以下のとおりです。

ANAダイヤモンド

エクスペディア+ゴールド

ANAダイヤモンドは言わずもがな、有名なステータスであります。年々サービスが厚くなっており、利用価値はありますが、一方で、資格を得る難易度も高くなっています。それでもミリオンマイラーLT100万マイルは続けたいと考えているため、2019年は続けたいと考えています。

関連記事はこちらです。 

エクスペディアゴールドは高級ホテルグループの上級会員からするとステータスはあまり感じませんが、世界中のホテルとリンクしているため、本当にいい宿を求める場合に、機動的にかつ、割安に利用できる点ではメリットがあると言え、継続しても損はないと言えます。 

契機はなんちゃって、ダイヤモンド

ANAが2017年にダイヤモンド会員向け限定のステータスマッチ・キャンペーンとして提供(実際はヒルトンでしょうが)したHonorsダイヤモンド体験キャンペーンになんとなく登録してみました。結局、エクスペディア経由でヒルトン系はすべて予約宿泊したため、そのメリットがわからずじまいでした。iPhoneのWalletの飾りぐらいにしかなりませんでした。でも特典を考えると結構あるものであり、きっかけとなりそうです。 

Honorsで無泊のため、ダイヤモンド剥奪もシルバー

hhsilver

前述のとおり、ヒルトン系には滞在したものの、結局、Honorsでは一泊もしないままで久しぶりにログインしてみるとシルバー会員であります。

シルバー会員というANAのブロンズ程度かと考えていましたが、意外と特典があります。一般会員でのメリットもありますが、エリートランクボーナスポイントが+20%加算されるほか、エリート会員特典の繰り越し特典があるのがシルバーながら、良いと言えます。

シルバーからのスタートであれば、ちょっとばかりではありますが、面白く、チャレンジしてみる気持ちがわいてきます。

実際、どれくらいの特典感があるかは実際に滞在してみて体験してみたいところであります。 

でも、エクスペディアゴールドは良い

エクスペディアはヒルトンやマリオット、IHGなどのホテルもゴールドになるとアップグレードやレイトチェックアウトが期待できるほかレートが安く、ゴールド会員へのハードルは低いのですが、受け身的な特典が多く、自分から行使する特典が少ないと言え、真の意味での上級会員が少ないと言えます。

ただし、前日でも当日でも、世界中どんな場所でもよいホテルが見つかり、2~3クリックで予約・決済が済むのは優れており、ホテル修行ができない場所や日本での滞在では活用して、引き続き、ゴールドを確保したいと思います。

目指すはダイヤモンドか

特典一覧

飛行機は最高峰のダイヤモンドを獲得しているので、同じくダイヤモンドを確保したいところですが、マイル修行と併せて考えると、ホテルに宿泊しないケース(タッチ)もあり、実現可能または、合理的か不明な点があり、ゴールド程度でもよいかなと考えています。しかし、そんなコツコツ宿泊していくことを裏切る手段もあり、そこが悩ましいところであります。

手っ取り早くクレジットカードという手段も

smbcヒルトンプラチナ

SMBCカードで発行されているヒルトン・オナーズVISAプラチナカードでは、デフォルトでHonorsゴールド会員になれるほか、ダイヤモンド会員への修行も少なくて済みます。

Honorsシルバーとゴールドの違いは実感できる点としては、ルームのアップグレードと朝食無料と言えます。マイル修行の場合、早朝にチェックアウトすることも多く、朝食無料の恩恵は少ないかもしれませんが、ルームのアップグレードは期待できると言えます。

また、最高峰のダイヤモンド会員への道のりも楽な登山と言えます。

1暦年間(1月1日~12月31日)に10回の滞在または20泊すること

or

1月~12月のご請求金額のうち、お買物ご利用分の合計が120万円(含む消費税等)以上になること

であり、ダイソンの掃除機のようにV10くらいまでないかと思うことを考えると年間120万円をANAカードからシフトしても良いかなと言えます。また、10滞在はマイル修行では意外とあっという間と想像できます。カードの年会費は66,500円と高額ではありますが、ヒルトン直系の宿泊であれば、5泊程度であり、それ以上のメリットはあると言えます。与信枠が大きいので、不正利用が発生した場合は、SMBC系のカードが全不全に陥るリスクはあると言えます。まあ、ANAカードでSMBCインターフェースに慣れていれば、3D認証等のパスを頻繁に変えるとか、色々と策はありますが。

最後に

マイル修行をすると、空港ホテルを利用することが多くなります。そうした中で、マリオット(旧SPG含む)の空港ホテルは意外と物足りない(特に北米)、寂しいという思いをしますが、ヒルトンは結構豪華であったりします。あまり、ヒルトン系では空港近くで寂しい気持ちに至ったことはなく、マイル修行には相性の良いホテルかもしれません。これから実際に修行をしてみて、実感できる価値があれば、本格的にシフトしてみたいと考えております。 

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.