弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ベトナム航空 ビジネスクラス搭乗記 ソウル=ハノイ=バンコク一気乗り

スポンサーリンク

ベトナム航空A350

ベトナム航空のビジネスクラスをソウルからハノイを経由して、バンコクまで利用しましたので、お伝えします。

ベトナム航空の星の数は

4スター

スカイトラックス社では航空会社のプロダクトやサービスに対して星の数で格付けをしており、5スターが最高であるレーティングとなっています。

ベトナム航空は全体として4スターでありますが、ビジネスクラスでは長距離が3.5スター、短距離が4スターです。機内エンターテイメントや言語スキルの点が弱いようです。

ちなみに4スターエアラインは他に、エールフランス、ヴァージンアトランティック、タイ国際航空、大韓航空、カンタス航空、フィンエアー、エミレーツ、ブリティッシュエアウェイズ、アエロフロート、ニュージーランド航空など計44社です。

ソウルからハノイ VN417便 A350-900

仁川空港ターミナル1

仁川空港でのベトナム航空のターミナルは1であり、離れ孤島のコンコースからの出発となります。スカイチーム加盟しているのでいずれはターミナル2に移動かもしれませんが、現在はスカイチーム間の乗り継ぎでは少し不便です。

A350セーフティボード

スタッガード配列のシート

ベトナム航空ビジネスクラス

アジア主要路線で活躍するA350-900のビジネスクラスのシートはスタッガード配列です。

ベトナム航空スタッガードシート

窓側の窓に面したシートは偶数列が該当します。今回は2Kのシートに。

コントローラー

シートコントローラーとモニターコントローラーは左アームレスト側に集中しています。シートピッチは長く、離着陸時のシート体勢では脚は届きません。

シートピッチ

シートモニターは現在では大画面と言えませんが、シートマップなどの見るには十分です。

ビジネスクラスアメニティ

アメニティはシャリオールのポーチに入っています。スリッパもついています。

機内誌

機内誌は盛りだくさんです。

快適なシートですが、サイドテーブル側の壁と座面の間に隙間があり、買ったばかりのiPhone11proを落としてしまいました。焦ってしまいましたが、クルーが二人かがりで何とか取り出してくれました。感謝感謝です。

機内Wi-Fiはあるものの

ベトナム航空 wifi

同社では2019年10月よりWi-FiサービスをA350から開始しています。サービスはちょっとだけ無料で利用でき、その後、データ量ごとのプランによって有料(クレジットカード払い)で利用できます。

試してみたのですが、衛星の場所が良くなかったのか、接続ができず、フライト時間も長くないため、それ以上は利用しませんでした。

離陸

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクが配られ、そして、空いたグラスは回収され離陸です。

f:id:dantra:20191103145835j:plain

セーフティビデオはシンガポール航空風でCAさんが説明をしています。

CX A350

キャセイパシフィックのA350が先に離陸していきます。

A350はボーイング787にエンジンの音は似ていますが、それよりも力強く離陸していきます。あっという間に滑走路を離れ、上昇していきます。

インチョン上空

離陸の様子を動画に記録してみました。約2分半で、一気に上空に向かいます。

機内食

機内食

安定飛行に入るとすぐに機内食です。メニューとドリンクリストが別となっています。

モノポール ブルー・トップ

ワインにはシャンパンがあります。モノポール ブルー・トップです。

空に乾杯

空に乾杯です。

機内食メニュー

食事はソウル発のためか、韓国料理と洋食が選択できます。洋食を選択してみました。

スターター

まずは、スターターから始まります。袋に入ったナッツなどではなく、チーズと生ハムときちんとしたスターターです。

サラダ

つついて前菜です。野菜サラダと茄子を巻いたインボルティーニです。

スープ

ビジネスクラスの食事でスープがないキャリアもありますが、きちんとありました。ズッキーニのクリームスープです。ガーリックトーストがとても合いました。

メインディッシュ

メインディッシュは定番の牛肉のステーキです。韓国発のためか牛肉がとてもおいしく感じました。

アイスクリーム

デザートにはアイスクリームもあります。カップではなく、きちんと盛られています。

ベトナム上空

食後もう一杯いただき、外の景色を堪能しているとハノイは間近です。

フライトルート

フライトルート

ソウルからハノイの距離は1,672マイルと意外と近いです。大型機のフルフラットシートで機内食を食べている長く感じましたが、いつの間にか着陸となりました。

ノイバイ空港

ハノイ・ノイバイ空港はベトナム航空のハブ空港だけあり、ロータスマークが目立ちます。

A350

降機して振り返って機体を撮影してみました。A350は優れた機材であることを搭乗して改めて、認識しました。

ハノイからバンコク VN619便 A321

ノイバイ空港ゲート

短距離ビジネス

A321

ハノイのロータスラウンジ乗り継ぎ待ちを過ごし、ゲート24に。機体はA321でした。

ラウンジ様子はこちらです。 

 ビジネスクラスは2-2配列の縦2列の合計8席のみです。

A321

シートピッチ
窓

シートピッチは窓1.5個分くらいです。足掛けは付いていますが、シンプルです。シートモニターはなく、音声のみです。

足掛け
チャンネルボタン

ハノイ=バンコク間は601マイルであり、自分のデバイスで観たり、聴いたりするくらいが丁度よいので、不満はありません。

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクはデフォルトではソフトドリンクのみです。依頼すればアルコールもあるのでしょうが、時間がなさそうであったため、アップルジュースにしておきました。

機内食

ベトナム航空 短距離ビジネス 機内食

機内食は2つから選択でき、このフライトでもビーフにしました。飛行時間が短いのか、ワンプレートで提供されます。

アジアンな味付けのビーフにフラットケーブルような麺とインゲンが添えられています。

サラダにはグレープフルーツやブラックオリーブも入っており、美味でした。

結構お腹いっぱいになり、バンコク到着後は夕食不要なくらいでした。

食後のコーヒー

食後にコーヒーをいただき、酔いを覚ますことに。

スワンナプーム空港に到着し、降機してボーイングブリッジのところで、自前のイヤフォンを忘れたことに気づき機内戻ると、CAさんが座席からイヤフォンを持ってきて、アオザイ姿のベトナムスマイルで渡してくれました。

最後に

ベトナム航空

ベトナム航空のビジネスクラスは2回目の搭乗でしたが、以前よりも機内食がおいしくなったような感じがします。

加えて、機材が新しいからかもしれませんが、快適でした。インターネットの品質は確認できませんでしたが、きちんと利用できれば4つ星以上でしょう。

有償チケットでのスカイマイルなどへのマイル積算率は厳しめですが、特典利用では選択しても良いかなと感じました。 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.