弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

スポンサーリンク

プレミアムクラス・アップグレード料金の差は何を意味するのか

スポンサーリンク

f:id:dantra:20210412070352p:plain

国内線で搭乗直前までワサワサすると言えば、プレミアムクラスへのアップグレードですが、路線によって、距離と金額がかなり相違があるため、整理してみました。

プレミアムクラスへのアップグレード

f:id:dantra:20210412070112p:plain

ANA国内線において、独特なシステムとしてあるのが普通席からプレミアムクラスへのアップグレードであります。

搭乗日2日前の0時から始まるこのシステムですが、大きく分けると二つに分かれます。

プレミアム会員向けのアップグレードポイントによるプレミアムクラスへのアップグレード

誰もが可能な有償アップグレードによるアップグレード

前者では、上級会員向けに付与されるアップグレードポイントを活用したプレミアムクラスへのアップグレードとなります。

後者はプレミアム会員でなくても利用が可能と言え、これからプレミアム会員を目指す人にとっては重要なプレミアムポイントが上乗せできるため、ただの上級なクラスへのアップグレードということでもありません。

プレミアムクラスへの空席空きの割り振りは同社最上級会員であるダイヤモンド会員が優先され、言い換えると、ダイヤモンド会員が有償か、無償のアップグレードポイントの選択肢があると言えます。有償によるアップグレードは15,000円から3,000円でアップグレードできます。

その差は路線別に定められており、最長の路線の札幌⇔沖縄や羽田⇔沖縄は前日アップグレードが当日15,000円、前日まで14,000円となっています。

一方で短距離路線の沖縄⇔石垣では3,000円からとなっています。

距離なのか不思議な有償アップグレード料金

f:id:dantra:20210412070156p:plain

この料金は一見すると距離に比例してアップグレード料金が設定されているかと思うとそうでもないのが妙味と言えます。

前述のとおり、羽田⇔沖縄はの実フライトで984マイルとなり、アップグレード料金は14,000円からとなります。一方で、羽田⇔沖縄前後のフライトの距離がある羽田以外の路線では以外にも安いアップグレード料金となっています。

沖縄那覇⇔新潟

沖縄那覇⇔静岡

沖縄那覇⇔広島

沖縄那覇⇔岩国

沖縄那覇⇔高松

沖縄那覇⇔松山

これら路線ではアップグレード料金は7,000円からとなっています。ちなみに沖縄那覇⇔福岡は10,000円からとなっています。

この中で、西日本主要都市はそれなりですが、新潟(1,052マイル)や静岡(863マイル)は東京とそん色のない距離でありますが、アップグレード料金は半額からの金額となっています。

普通に考えると距離や飛行時間に乗じて、アップグレード料金は高くなりそうですが、そうでもなさそうです。

静岡と沖縄間は863マイル、新潟と沖縄間は1,052マイルであり、羽田のアップグレード料金が14,000円からと考えると距離の掛け算を考慮すると有利に見えます。

しかし、そこはマイラー対策万全でもあり、プレミアムクラス運賃と普通席運賃の根差を7,000円にしており、あまり意味がないと言えます。

まして、今の事態では、運休という切り札があり、同路線でも最な繁忙期以外は運休しており、最低単価の望みは低いと言えます。

しかし、基本では同路線においては、7,000円UG料金はベースの運賃次第では魅力的かもしれません。

同社の運賃設定をウォッチし、お得となる料金が出てきた時は攻め時と言えます。新潟も静岡も大都市であり、滞在する価値はありますし、沖縄往復以外の路線で検討するのも観光として良いかもしれません。

そして、乗り継ぎで札幌に行くことも可能であります。

最後に

f:id:dantra:20210412070422p:plain

王道の羽田⇔沖縄路線でのバリュー系運賃の安さは魅力的ですが、アップグレードを含めるとそうでないケースもあります。

一方で亜線路線では羽田路線と飛距離は近いまたは超越している一方で。アップグレード金額は安く済むケースもあります。

しかし、運賃対策が取られており、あまりか変化はないと言えますが、そのあたりに潮目にあると言えます。この辺りをチェックしていくと羽田沖縄往復にとらわれないマイル修行も実現できるかもしれません。 

 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.