弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ラウンジレポート ニューデリー空港 シンガポール航空 シルバークリスラウンジ SQ品質

スポンサーリンク

シルバークリスラウンジ

インドのニューデリーのインディラ・ガンジー国際空港にあるシンガポール航空のシルバークリスラウンジを訪問しましたので、お伝えします。

ラウンジ基本情報

営業時間

毎日: 18:00~09:00 (+1日)

夜型ラウンジであり、シンガポール行きは夜と朝のため、夜に営業しているのでしょう。ホテルが要らなくて済むとも言えます。

サービス内容

トイレのみ

軽食、ソフトドリンク、アルコール、無料Wi-Fi、トイレ(車いすも可能)、テレビ

夜通し営業していますが、シャワーはありません。シャワーを浴びて一杯、その後、寝るということはできませんが、疲れ切っている場合はそのまま寝てしまうかもしれません。

ラウンジアクセス基準

  1. フリーククエントフライヤープログラム「PPSクラブ」ソリティアPPSクラブとPPSクラブ会員

  2. 「クリスフライヤー」ゴールド会員(SQ便とシルクエアー便とスターアライアンス便)

  3. スターアライアンスゴールド会員(SQ便とスターアライアンス便のみ。

SFCカードでもスターアライアンス便であれば、アクセスできます。

場所

スターアライアンス便が集結するターミナル3のゲートエリアにあります。ゲート15の向かいの3階にあります。エレベータでアクセスしますが、エレベータが結構時間がかかります。一方で、ゲートにあるため、搭乗時間、間際まで滞在できます。

ラウンジマップ

デリー空港ホームページより

ラウンジレポート

ラウンジ受付と全景

入口

写真のシンガポールガールがお出迎えしてくれます。構造はL字型の構造であり、受付を通過すると右側奥に縦長に伸びています。

ラウンジ全体

シルバークリスラウンジらしい大理石とレザーシートソファ、ふかふかのカーペットであります。どこの場所でもシルバークリスラウンジと言えます。

ワークスペース

ワークスペース

ワークスペースはあり、一人当たりのスペースは十分です。ただし、PCは設置されていないため、自分のPCで作業が必要です。自分のPCの方が使いやすいので、無い方が良いかもしれません。電源はユニバーサルタイプのため、日本の電源プラグがそのまま利用できます。

フード・ドリンク

フード

フードとドリンクは小規模のラウンジと言うこともあり、こぢんまりとしていますが、中身は充実しています。

カレー
チキン

フードはインドらしくカレーがあり、肉は無難なチキンであります。つまみになりそうなライトミールはコンパクトですが、種類は多く、飽きることはありません。また、デザートには食べ応えのある大きさのカットーケーキもあります。

ケーキ

ソフトドリンクはミルクのほか、フレッシュジュースがあります。

ソフトドリンク

アルコールについてはハードリカーの他、ワインもあります。白ワインは複数種類ありますが、日本でも買えそうなオーストラリアワインなどでした。

アルコール

なぜかワインクーラーにペットウォターがありました。水割用に冷やしているのでしょうか。

勝手に星評価

項目 星評価
設備の充実度 ★★★★★★★★☆☆
清潔度 ★★★★★★★★★★
広さ・寛ぎ度 ★★★★★★★★☆☆
ラウンジ内の雰囲気 ★★★★★★★★★★
係員の対応 ★★★★★★★★★☆
フードの充実度 ★★★★★★★★★☆
ドリンクの充実度 ★★★★★★★★★☆
独自性 ★★★★★★★★★☆

シルバークリスラウンジは空港により、大小はありますが、家具やインテリアはSQ品質でどこの空港でも同水準の品質と言えます。また、フードやドリンクは場所により相違はありますが、ローカルフードを中心としてそれなりに満足できます。ワインについては豪華とは言えませんが、味で不満があるものはありませんでした。SQらしい品質維持が感じられます。

100点満点で言うと91点です。

最後に

シルバークリスラウンジはやはり、どこの空港でもシルバークリスであり、訪問して損はないラウンジと言えます。シャワーはないですが、それ以外はゆったりと過ごせるラウンジであり、やっぱりシンガポール航空は品質を重視しているのが理解できます。 

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.