弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

最新型機のエアバスA350-1000とは何か

スポンサーリンク

CA A350-1000

最新型機のエアバスA350-1000について、まとめてみました。

A350-1000について

A350-1000

A350-1000はエアバスの最新世代のエアバスA350XWBファミリーにおいて、胴体を長くして、乗客を多く搭乗できるようにした仕様であり、最近は良く搭乗できるエアバスA350-900型機の拡張版と言えます。ボーイングが787-8型機の胴体をストレッチした787-9型機やさらに、胴体を延長した787-10型機がカウンターパートと言えます。

性能

エアバスA350-1000型機は900型機よりも胴体を6.8m伸ばし、乗客数を350~412名としており、ボーイングの燃費の良い、ボーイング787-10型機を凌駕し、乗客数ではーイング777-300ER型機をライバルとしても考えられています。エンジン推力はA350-900よりも11%以上向上させており、航続距離は8,000マイルを越えます。

導入実績

カタール航空が最初に導入し、キャセイパシフィック航空が2018年9月より香港=ワシントン・ダレス空港をノンストップで就航する予定となっています。また、日本の航空会社では、JALが同機の導入を決定しており、日本の空にエアバスが多くなる日が近づいています。

最新のエアバスA350-1000にいち早く乗るには

カタール航空は既に導入していますが、日本からの場合、ドーハまで行き、そこからの乗り換えのため、トータルの距離は長くなり、運賃は高くなります。キャセイパシフィック航空の場合、香港=ワシントン・ダレス空港就航後は香港経由で搭乗することが可能であり、キャセイパシフィック航空を利用するのがベストと言えます。

発券地はどこが良いか

日本人としては日本発の運賃が一番安いのが良いのですが、検索するとそうした結果はなく、プレミアムエコノミーでは北京発香港経由のワシントン往復が一番安いようです。

プレミアムエコノミー 北京=ワシントン・ダレス往復

旅程

旅程は下記の通りです。 

旅程

香港とワシントン間はエアバスA350-1000型機、香港と北京はエアバスA330-300とボーイング777-300ER型機と全旅程で、いずれもワイドボディ機仕様となります。

運賃・予約クラス

運賃は日本円で約176,384円となります。予約クラスはJALマイレージバンクでは70%加算となります。

積算マイル・FOPポイント

積算マイルとFOPポイントは下記の通りです。

フライト 区間マイル 積算マイル FOP
10月7日 PEK HKG 1,234 864 864
10月7日 HKG IAD 8,153 5,707 5,707
10月12日 IAD HKG 8,153 5,707 5,707
10月13日 HKG PEK 1,234 864 864
合計 18,774 13,142 13,142

 積算マイルは13,142マイルであり、FOPは13,142となります。FOP単価は13.42円です。

キャセイパシフィック航空のA350のプレミアムエコノミーの仕様

プレミアムエコノミー

キャセイパシフィック航空のA350のプレミアムエコノミーは同社の他のプレミアムエコノミーの他の機材と違うのは通常38インチであるところが40インチとシートピッチが2インチ(5cm)ほど広くなっているのが特徴です。シート幅は変わりませんが、シートピッチが少しでも広いのは良いことであり、長距離フライトでは特にメリットが有ると思います。38インチの壁を破り、40インチにしたのはキャセイパシフィック航空の英断であり、今後のプレミアムエコノミーに変革をもたらすかもしれません。

シートマップ

最後に

近年の最新型の航空機の登場により、航続距離や燃費、機内での居住性の改善などこれまでの飛行機の常識では、計り知れないサービスの提供が着々と進んでおり、こうした情報に敏感になり、お得に快適な旅行をすることが、旅行好きにとってはメリットが有ると言えます。

A350-1000 cx1

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.