弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

スカンジナビア航空 プレミアムエコノミー 成田=ヘルシンキ往復 遅めのGWがカギ

スポンサーリンク

スカンジナビア航空A340-300

スターアライアンス加盟の北欧の航空会社のスカンジナビア航空のプレミアムエコノミーの成田=ヘルシンキ往復のプレミアムエコノミーが割安かつ、ゴールデンウィーク後半に利用できそうなためまとめてみました。

スカンジナビア航空・SASプラス

同社のプレミアムエコノミーの名称であり、長距離国際線のサービスはANAやJALと同様にシートピッチ38インチのシートに大型シートモニター、優先搭乗、優先手荷物検査(ファストトラック)等のサービスが受けられます。

欧州域内については、座席はエコノミークラスと同等ですが、座席の指定や機内食が無料などの特典があります。欧州域内は飛行時間も短い便もあるため、かなり簡素な場合もあります。

欧州域内でのSASプラス搭乗記はこちらです。 

北欧航空会社の対決

ヘルシンキ・ヴァンター空港

北欧のフルサービスキャリアで大陸間フライトを提供している航空会社は「スカンジナビア航空」と「フィンエアー」と言えます。前者はスターアライアンス加盟、後者はワンワールド加盟であります。

そして、ヘルシンキは日本からはフィンエアー(東京他)、JAL(成田)が直行便を就航しています。一方で、スターアライアンスは日本からの直行便はなく、ワンワールドの牙城とも言えます。そのため、乗り継ぎ時間がかかる一方で運賃をディスカウントすることにより、対抗をしているためか、スカンジナビア航空のヘルシンキ行きが欧州行きでは最も安いようです。

プレミアムエコノミー 成田=ヘルシンキ往復

旅程

スカンジナビア航空プレミアムエコノミー往復旅程

ゴールデンウィーク遅めのスタートで5月2日に日本出発、帰りは5月9日到着と後半に休みが取れる場合の参考であります。

往路は成田を11:10出発と少し早めであります。コペンハーゲンとストックホルムを経由して、ヘルシンキに到着します。ストックホルム経由は余計な感じがありますが、プレミアムポイント的には効果があります。

復路はコペンハーゲン経由で乗り継ぎは100分とベストルートと言えます。往路はスカンジナビア航空ラウンジ巡り(乗り継ぎ時間が1時間程度なのであまり満喫できませんが)もいいかもしれません。

運賃

スカンジナビア航空プレミアムエコノミー運賃

運賃は153,670円であります。

予約クラスは全区間Aクラス

(ANAマイレージでは100%加算、5区間とも搭乗ポイント400P付与)

プレミアムポイント 計13,979PP

PP単価 10.99円/PP

連休が絡みつつも15万円台でプレミアムエコノミーにて春のヘルシンキに行けるのはなかなかであります。往路は乗り継ぎが多い分、プレミアムポイントが積算されるのは労がねぎらえると言えます。

最後に

北欧は日本からのフライト時間もロンドンやパリよりも2時間弱短く、プレミアムエコノミーでも満足できると思います。春のヘルシンキは、朝晩は少し肌寒いかもしれませんが、日中はいい気候であり、買い物や観光も楽しいかもしれません。逆に朝晩は涼しいため、眠るには良い気候とも言えます。

ヘルシンキ

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.