弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ニューヨーク発券 驚愕PP単価5.7円のプレミアムエコノミー

スポンサーリンク

ニューヨークタイムズスクエア

プレミアムエコノミーとしては世界トップクラスの安さを誇る路線をフィーチャーしてみました。エクストリームなルートですが、参考にしていただければ幸いです。

ニューアーク直行便という衝撃

マイル修行の観点からするとシンガポール航空のSQ21/22便は衝撃ともいうべき、路線であります。理由としては以下2点があげられます。

直行便のメリットを生かし、修行時間が短縮できる。

プレミアムエコノミー設定があることにより、運賃が安くなる。

前者については、ニューヨーク=シンガポール間は経由便の方がマイルを積算できる一方で距離があるため、時間もかかります。マイル修行の利便性としては時間がかからないこともポイントであり、SQ21/22便は大幅に時間を短縮しつつも、距離は稼げると言う衝撃なルートと言えます。

後者については、ビジネスの需要は安定的であり、結構割高ですが、プレミアムエコノミーはそうでもないためか安い割引運賃が継続的にあり、狙い目と言えます。プレミアムエコノミーと言いつつも17時間は苦しいのか、結構安い運賃が残っています。

マイル修行において、同路線は意外な穴場であり、ANAダイヤモンド会員を低コストで目指すには選択の一つと言っても良いと言えます。

旅程

ニューアーク=マニラルート

ニューアークとの往復はSQ21/22便を利用します。

シンガポール航空プレミアムエコノミー往復

往路は9月10日にニューアークを出発し、シンガポールには9月11日の夕方に到着し、2時間乗り継ぎでマニラに向かいます。マニラ到着は23時とホテルに急行して横になりたい気分になっていると思います。

復路は翌日9月12日の夕方にマニラを出発し、1時間ちょっとの乗り継ぎでニューアークに向かいます。マニラではホテルをレイトチェックアウトして、少しでも横になっていたいですね。ニューアークには9月13日の早朝に到着します。

ニューアークはマンハッタンに鉄路でつながっているため、渋滞知らず(通勤ラッシュはあるかもしれませんが)で時間が読めます。

運賃

シンガポール航空プレミアムエコノミー往復

運賃と予約クラスは下記のとおりです。

約125,087円

プレミアムエコノミー区間(EWR-SIN)はRクラス(100%加算,搭乗ポイント400ポイント付与)

エコノミー区間(SIN-MNL)はEクラス(70%加算、搭乗ポイントなし)

プレミアムポイントは合計で21,933PPとなります。

PP単価は驚愕の5.70円

となります。

最後に

遅い夏休みをニューヨークに行き、中3日ちょっとマイル修行に使うのも、新たなマイル修行かもしれません。もちろん、マニラでの滞在時間を長くして、マニラと日本の往復チケットを追加して、ニューヨークを二度楽しむと言うのもありと言えます。

これほど、安いとダイヤモンド到達基準の半分はSQで構成した方がトータルで見るとコスパは良いともいえ、青に黄色が混じって、緑ダイヤと言っても過言ではないダイヤモンドになりそうです。 

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.