弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

マイル修行ならビジネスクラスよりファーストクラスを使った方がましなルート

スポンサーリンク

f:id:dantra:20200625130457j:plain

ビジネスクラスよりもファーストクラスを利用した方がマイル修行には良いルートがありましたので、ビジネスクラスとファーストクラスを比較しながらお伝えします。

まずはビジネスクラス

ビジネスクラス

上記はオスロ発券の東京往復のスターアライアンスのビジネスクラスです。旅程としては1月3日にオスロからミュンヘンを経由して羽田に、4月29日に羽田からオスロに行くと言う連休を活用した海外発券往復ルートとなります。

行きはルフトハンザ便のANA便の組み合わせ、帰りはルフトハンザ便のみの設定となっています。

帰りはルフトハンザのA350-900と最新のタイプでありますが、このチケットではルフトハンザとスイスインターナショナル・エアラインズとANA(LH便名)が選択できます。ゴールデンウィークなのか選択肢は少なくなっていたため、ルフトハンザ運航便のみの選択となっています。

運賃は223,080円と欧州と日本往復では最安級となります。一方で予約クラスは安さ故かPクラスであり、ANA便は70%+400PP、ルフトハンザ便は70%積算と搭乗ポイントはANA便のみ付与されます。

従って、プレミアムポイントは合計9,707PPとなり、PP単価は22.98円/PPとなります。オスロに行く用事があっても、別切りで違う都市からしたいような単価です。

次はファーストクラス

ファーストクラスなのに2段目の紹介となりましたが、同じ旅程での計算をしてみました。旅程は下記のとおりです。 

ファーストクラス

こちらもミュンヘン経由であるものの、往復ともにANA便のファーストクラス利用となります。ミュンヘン線にボーイング777-300ERが今夏から投入される予定のため、こうしたことが実現できます。

また、折角のファーストクラスであれば、ルフトハンザ便を利用してファーストクラスターミナルを利用してみたい、スイス便を利用してチューリッヒのファーストクラスラウンジにあるベッドルームを利用してみたいと考える人もいると思いますが、1,000円単位の誤差はあるものの、この運賃ではそれが選択可能です。

運賃は452,050円であり、先述のビジネスクラスの倍となっています。予約クラスはファーストクラスではA、ビジネスクラスではJクラスといずれも、ANA、ルフトハンザ、スイス共通で150%+400PPとなります。

プレミアムポイントは合計21,546PPとなりもPP単価は20.98円/PPとなります。

仮にANAのミュンヘン線に77Wが投入されずにANA便としてファーストクラスがなくなっても、ルフトハンザでもスイス便でも積算率は変わらないため、プレミアムポイントに影響はありません。

ボーナスマイルについてもルフトハンザグループはユナイテッドと並んでボーナスマイル対象となっているため、ファーストクラスの積算率と相乗効果でたくさんマイルが貯まります。

強いて言うとライフタイムマイル(ANA便)の積算がされない点は痛いかもしれませんが、フランクフルト経由にしたり、日程を変えたり工夫すれば最安の運賃は見つかると思います。

ファーストクラスとビジネスクラスを比較すると

ファーストクラスとビジネスクラスを比較すると下記のとおりです。

  First Business
運賃 452,050円 223,080円
プレミアムポイント 21,546PP 9,707PP
PP単価 20.98円/PP 22.98円/PP

 ファーストクラスはビジネスクラスと比較して、運賃は2.03倍、プレミアムポイントは2.22倍とビジネスクラスに2回乗るよりも効率が良いと言うことになります。

マイル修行となればアッパークラスのPP単価は10円以下が基準点になり、上記いずれもそれに値しないかもしれません。

しかし、年末年始とゴールデンウィークの日本発の運賃と予約の取りづらさを考えるとファーストクラスはルートの選択肢が多く今まところ空いているため、検討候補となるかもしれません。

夢のファーストクラスを有償でマイル修行に使うと言う、もはや修行とは言えないことになりそうです。

最後に

ルフトハンザファースト

プレミアムポイントやルートを調べると時折、パラドックスのようなものに遭遇します。今回もまさにそれであり、エコノミーとプレミアムエコノミーのパラドックスではなく、ファーストとビジネスと言う、雲上のクラスでの逆転現象でした。

ファーストクラスに乗る一流乗客と言うフレーズは良く目にしますが、こうしたチケットを利用すれば一流のマイラーくらいにはなれるかもしれません。 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.