弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

スポンサーリンク

緊急事態宣言 ANAのキャンペーンはどうなるか

スポンサーリンク

f:id:dantra:20210426070927j:plain

緊急事態宣言 ANAのキャンペーンはどうなるか緊急事態宣言も3回目となり、落胆する人、気にしない人など色々ですが、これまで発令と共にキャンペーンを取り下げたり、そうでなかったりしたANAの今回の対応を考察してみます。

緊急事態宣言とANA

最初の緊急事態宣言は2020年4月でした。この直前にANAではプレミアムポイントにかかる特別対応を発表しています。キャンペーンではなく、特別対応であり、全路線で2倍のプレミアムポイントをつける対応をしています。

その後、緊急事態宣言(日本全国一律)となりますが、特には変更しませんでした。そのためか、こうした事態下でもガラガラの飛行機に乗る人は無謀だと言う潮流ができたものでありましたが、実際のところ、そうではなかったようです。。

第二回の緊急事態宣言では、その直前に対象者限定で同じく、プレミアムポイントの二倍を提供する施策を出していました。

この時は全国一律の緊急事態宣言ではないものの、限定された対象者にとっては、梯子を外れた、すなわち、キャンペーンを停止しています。

緊急事態宣言の対象外の地域間のフライトであれば、問題はないものの、新政権一発目の緊急事態宣言と言うこともあり、政権の様子を見たとも言えます。

そして、第三回目の緊急事態宣言では、現時点においては梯子を外すようなことはしていません。一つの理由としては全国一律の緊急事態宣言でない点や過去2回の緊急事態宣言においても、機内でクラスターが発生していない、そして、一定の需要があるにも関わらず、その機会を忖度して、消滅させるような台所事情に最早ないと言うのが現実かもしれません。

社会に大きな影響を与える企業であるため、その一挙手一投足は多くの人からみられていますが、ライフラインとして、医療関係者級にこんな事態でも飛び続ける方がポジティブになってきているのもあります。

一応、マイル修行などの不要不急な利己的な利用は一巡したと言うことかもしれません。

プレミアムポイント2倍キャンペーンは継続

f:id:dantra:20210426070947j:plain

以上から、2021年春 プレミアムポイント2倍キャンペーンは期日まで継続されるのではないでしょうか。

おそらく、キャンペーンの盛り上がりは別として、このままキャンペーンは継続されるのではないかと思います。結局ネガティブな論調が起きても、損をする人が多くなり、ダブルスタンダード(本音と建前)で続くと思います。

ANAトクたびマイルは?

f:id:dantra:20210426070959j:plain

2019年からスタートしたANAトクたびマイルは直前に座席の余った路線を中心に規定のマイル数をディスカウントして提供する、夜8時以降のスーパーの総菜の半額作戦と似ていると言えます。

毎日、ベチョとした天ぷらでは、半額でも飽きてしまう人もいれば、スチームオーブンでカラッとさせられるので気にしないと言う人もいます。

また、毎回、カツオのタタキばかり半額となり、DHAは良いものの、飽きたと言う意見があるかもしれません。売れ残りはこうしたデメリットもあるものです。

ANAトクたびマイルはそこまで、売れ残り感がなく、目的地では色々な楽しみがある場所(札幌、大阪、福岡、沖縄、石垣、宮古)などを混ぜ込んであり、ライバル社と比較すると、コロナ禍でも魅力的と言えます。

目下のANAトクたびマイルでは、既に下記のスケジュールが公表されています。

対象搭乗期間:2021年5月6日(木)~5月12日(水)

予約発券期間:2021年5月5日(水)~5月11日(火)

具体的な内容は5月4日(火)12時(正午)に公表となっています。

約10日後でありますが、この間の世間の論調と感染者の拡大次第では取りやめもありますが、緊急事態宣言が適用されていない県が圧倒的に多いのを考えるとそうした地域で回すことが考えられます。

対象外シーズンからの復活もありそうですが、世間のセンチメンタル具合を計測しているかもしれません。

最後に

f:id:dantra:20210426071011j:plain

コロナ禍も14カ月ぐらいが経過し、結局、どんな禍を受けたと言うのが整理されるフェーズに入っているかもしれません。海外を見るとワクチンを打った率の高い国は感染者数が激減しているものの、激減以前の最初の断面で多くの死者を出しており、どっちが正しいかわかりません。

ある薬が効くとかマスメディアの蠕動とか、陰謀説とか色々ありますが、他人に嫌がられないマイペースでいるのがいいかもしれません。

そういう意味でANAマイキャンペーンをマイペースでチャレンジしても、あまりハレーションはなさそうです。 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.