弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

幻想的なクラゲも見られる! KLCC水族館(aquaria KLCC)

f:id:dantra:20170505183655j:plain

クアラルンプールのシンボルと言えば、ペトロナス・ツインタワーですが、その近くに水族館があります。いろんなブログを見ていると涼しげに生物が泳いでいるのを見て、行ってみました。

 

 

行き方

ブキッ・ビンタンからペトロナス・ツインタワーまで繋がっている、エアコンの効いた歩道橋を歩いて10分ほど。ツインタワーからは地下道を歩いて8分ほど。KLコンベンションセンターの地階に入口があります。

f:id:dantra:20170505183943j:plain

営業時間 10:00-20:00 最終入館は19:00まで

入場料 大人69MYR

詳細は公式ホームページを見てください。

Aquaria KLCC - Homepage

時間帯によってみられる生物が違うようですので、注意してください。ホヌ(ウミガメ)を見たかったのですが、生憎おりませんでした。

見どころ

この水族館はイルカのショーなど大規模なアトラクションはありませんが、一番の見どころは全長90mの水中トンネルです。ゆっくりと動く歩道がついていますので、歩かなくても自動的に進むようになっています。サメやエイ、ウミガメをはじめとして多くの海洋生物が見られます。

f:id:dantra:20170505184037j:plain

トンネルの壁にくっついたエイ。裏から見ると宇宙人です。

f:id:dantra:20170505184058j:plain

クエのような巨大魚。見ていたら近づいてきて、レンズを向けたら横を向いてくれました。

f:id:dantra:20170505184117j:plain

 このほか、両生類や昆虫など展示しているブースもありますが、個人的にはクラゲのコーナーがよかったです。クラゲを照明で照らし、幻想的にしています。

f:id:dantra:20170505184206j:plain

jellyfishコーナー

f:id:dantra:20170505184241j:plain

赤く照らされたクラゲ

f:id:dantra:20170505184321j:plain

最後、地上に出るとツインタワー。

まとめ

屋内施設ですので、急な雨なども関係なく見られますし、ブキッ・ビンタンからも傘いらずで、行けます。また、写真を見ると涼しげですが、生物の環境を維持するために、館内は意外と暑いです。飛行機から空を見ているのもいいですが、たまには海の中を見てもいいと思いました。


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.