弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

シンガポール航空 北京=シドニー 行きはプレミアムエコノミー、帰りはビジネスクラス が安く、A380の乗り比べも可能

スポンサーリンク

SQ A380

シンガポール航空の北京とシドニー往復、行きはプレミアムエコノミー、帰りはビジネスクラスで豪華に戻れて、しかもA380のプレミアムエコノミーとビジネスクラスのシートも比較できてしまう旅程をまとめてみました。

シンガポール航空のA380-800

スイート

新スイート
エアバスA380-800は総二階建ての旅客機であり、空飛ぶホテルとも言われており、導入する航空会社では、ファーストクラスからビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミークラスと多くのクラスが設定されており、選択肢が多い旅客機でもあります。

SQ新ビジネスクラス

新ビジネスクラス
そうした中で、サービスに定評のあるシンガポール航空の一番上級クラスはスイートクラスと呼ばれ、第一世代ではほぼ個室、第二世代では完全な個室であり、ベッドとソファがあるような空間です。ここまで必要かと思ってしまいますが、一度は座ってみたいものであります。ビジネスクラスは第一世代の導入から時間も経過し、レザーもへたっていたりするので、外れくじを引かされた気分になるかもしれません。一方で、最新のビジネスクラスは座ると感動できるでしょう。どちらの世代もシートピッチは55インチ、シート幅30インチとなります。

北京=シドニー プレミアムエコノミー/ビジネスクラス往復

旅程

プレミアムエコノミー

往路のプレミアムエコノミー
今回は2019年のゴールデンウィークで想定してみました。

旅程

往路は北京を4月29日の16:35に出発し、シンガポールには23時に到着します。105分のトランジットで4月30日の00:45にチャンギ空港を出発し、シドニーには朝10:25に到着します。機材は両方ともA380-800です。夜行便中心の移動であり、行きにプレミアムエコノミーにした方が寝ている間に時間が過ぎるので良いとも言えます。

復路は5月4日15:00にシドニーを出発し、チャンギ空港には21:20に到着します。トランジット時間は長いですが、ビジネスクラスの利用者が利用できるシルバークリスラウンジを利用できるため、長い方がむしろいいかもしれません。そして、日付の変わった1:10に出発し、北京には5月5日の朝7:15到着します。この旅程であれば、同日日本に戻れそうです。機材はシドニーからはA380であり、夕方から夜の移動のため、フルコースの食事を楽しめると言えます。そして、チャンギ空港からボーイング777-300ERのビジネスクラスであり、外れのない広々としたシートであり、寝返りができるくらい眠れると言えます。

運賃・予約クラス

積算マイル表

運賃は日本円で約214,356円であり、予約クラスは往路がPクラス(100%加算400ポイントも付与)復路はUクラス(125%加算400ポイントも付与)となります。

積算マイル・プレミアムポイント

以下のとおりです。

フライト 機材 区間マイル 積算マイル PP
4月29日 PEK SIN A388 2,780 2,780 3,180
4月30日 SIN SYD A388 3,907 3,907 4,307
5月4日 SYD SIN A388 3,907 4,884 5,284
5月5日 SIN PEK B77W 2,780 3,475 3,875
合計 13,374 15,046 16,646

 積算マイルは15,046マイルであり、プレミアムポイントは16,646PPとなります。PP単価は12.88円と同時期の日本発のシドニー行きのプレミアムエコノミーと同等とも言えます。

最後に

行きと帰りでクラスを混在させることで、コスパ良く、旅行ができるほか、プレミアムエコノミーとビジネスクラスを乗り比べもできるため、移動自体が楽しく、あっという間に時間が過ぎてしまうかもしれません。

シドニー

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.