弾丸トラベルは怖くない!

マイル、国内トラベル情報、ホテル、海外発券など

スポンサーリンク

【宿泊記Classic】ロンドンハウス シカゴ キュリオ コレクション バイ ヒルトン

スポンサーリンク

ロンドンハウスシカゴ

2年前に滞在した、シカゴにある「London House CHICAGO HOTEL」に滞在しましたので、ゲストルームを中心にレビューをお伝えします。

London House CHICAGO HOTELの現在はヒルトン系列

ロンドンハウスシカゴエントランス

「London House CHICAGO HOTEL」はキュリオ・コレクションに属し、ヒルトングループに属しています。と言っても、ヒルトン系列であることはわからないくらいであります。

場所

ロンドンハウス場所

「London House CHICAGO HOTEL」はシカゴでは観光のど真ん中とも言える場所に位置します。シカゴ川のほとりに位置し、「Irv Kupcinet Bridge」と「DuSable Bridge(ミシガン大通橋)」の間に位置します。向かいにはトランプタワーシカゴあり、迷うこともありません。

オヘア空港から地下鉄で行く場合、ブルーラインに乗車し、約40分乗車し、ワシントン駅で降り、徒歩10分程です。上の地図ではホテルに向かって、下から上に歩いていくイメージです。

外観

ロンドンハウスシカゴ外観

歴史的建造物のため、外から眺めていても満足できる建物であります。シカゴを代表する歴史的建造物であり、エレベータホールや入口はとても魅力的であります。

映画トランスフォーマーではクライマックスの30分はホテル付近が舞台となっていたところでもあります。かなり破壊されてしまいますが。

ロンドンハウスシカゴエレベーターホール

歴史的建造物側のエレベーターホールの廊下はとても歴史的です。

ロンドンハウスシカゴ 天井

旧建造物と隣接するホテルの間には増築された建物もあり、今回はそこにある「Vista Suite」に滞在しました。向かいの建物からみると既存建築物と新造建築物(ガラス張り)の違いが判ります。

ロンドンハウスシカゴ一覧

レセプション・ラウンジ

ロンドンハウスフロント

レセプションは二階にあります。とてもモダンな空間であり、ラウンジはシカゴ川が一望できます。ラウンジはドリンクのオーダーもでき、ワインリストはなかなかであり、ラウンジにいるだけでも満足できます。

ロンドンハウスラウンジ

エレベーター

ロンドンハウスシカゴ エレベーター

エレベーターは乗車する前に目的のフロアを指定し、カゴ内にはボタンがないタイプであります。違和感はありますが、慣れると安心感もあります。

フィットネス

ロンドンハウスフィットネス

フィットネスは24時間利用できます。設備は意外と充実しており、カーディオマシンのほか、筋トレマシンもあります。

客室

ベッドルーム

今回は同ホテルではもっとも新しい建物にある「Vista Suite」に滞在しました。ホテルを予約する前に「ヒルトンHonors ゴールドカード」に申し込み、「Honors Gold」として予約しましたが、アップグレードはありませんでした。とは言っても、客室20階中の19階のリバービューでありました。

ルーム

向かいにはトランプタワーがあり、左右を見るとシカゴらしい景色が広がります。これだけでも満足であります。さらに奥にはトウモロコシのようなマリーナシティのビルも見えます。コロンボにも似たようなビルがあった記憶があります。

ルームビュー

部屋の構成は1面採光の1LDKと言った構造であり、ベッドルームは窓側、リビングは窓のない奥に位置しています。明るさを気にしてか、ベッドルームとリビングのガラスで仕切られ、カーテンもあります。

窓からの景色

全体として幅は狭いですが、奥行きは長いスペースであります。窓は床から天井までであります。

景色は対岸のビルの景色ですが、建築が素晴らしく、日本にはない間隔であるため、摩天楼に今いるというのが実感できます。

バスルーム

バスルーム

バスルームはスイートと言っても、バスタブはありません。シャワーブースもハンドタイプのシャワーはありません。アメニティは充実しており、体を洗うにも不便ではありません。とにかく、設備が新しいため気持ちがいいと言うのが感想であります。

その他アメニティ

f:id:dantra:20190407050417j:plain

部屋にはアイスボールやソムリエナイフがあります。

ソムリエナイフ

そして、各フロアにはアイスマシーンもあり、ワインを購入してきて、冷やしながら室内でワインを楽しむこともできます。空の冷蔵庫あり、買ってきたドリンクを冷やすには最適であります。

アイスマシーン

近くには、セブンイレブンの他、スーパーもあり、ワインの他つまみも調達できるため、忙しくレストランで夕食を楽しめない人でも室内で部屋飲みを楽しむことができます。

朝食

f:id:dantra:20210829225911j:plain

ヒルトンゴールドの特典として朝食無料でありますが、同ホテルでは12USDのバウチャーをチェックイン時に渡されます。地階にあるレストランで朝食は食べられますが、バイキング形式ではなく、メニューで選択できます。12USDでは、最低のランクとなります。

f:id:dantra:20210829230049j:plain

卵料理(選択できます)とポテトとベーコンとなります。東南アジアのホテルと比較するとシンプルであります。しかし、各素材は料理人が調理したことが感じられ、どれもいい味わいであります。チップがあるため、完全無料とはならないようです。

最後に

シカゴ中心部では市内随一の景観の場所であり、トランプホテルが向かいにあり、とてもいいロケーションであります。

摩天楼のシカゴにおいては超高層ではありませんが、リバーサイドにあり、高層ビルに囲まれていますが、それらの高層ビルの芸術的であるため、20世紀初頭から追い求めてきた近代建築の美しさをできるかもしれません。 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.