弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ステータス延長祭りだけど嬉しくない

スポンサーリンク

カーニバル

マイラー、ホテラーにとっては大喜びの祭りですが、素直に喜べない現状もあり、今後どう整理をつけたら良いかまとめてみました。

ステータス優遇祭り

世界中どこに行っても新型コロナ禍であり、早期にロックダウンした孤島の国でも今は良いかもしれませんが、文明的な生活を送るためには長期的には大国とのやり取りが必要であり、ある意味、地球上どこに疎開しても人間である以上はこの脅威から逃れられない状態かもしれません。

こうした中でグローバリズムの象徴でもある世界規模の航空会社であるデルタやユナイテッド航空、ホテルではマリオット、ヒルトンなどは事業継続のために上客のステータスを延長することを公表しており、歴史的にみても、史上最大規模となっています。

いかに安く早く、ステータスを獲得しようとする人にとってはまさにステータス優遇祭りとも言えます。

ステータス延長を実施しているプログラム

航空会社やホテルグループで利用者が利用できない環境で、上客に対して平和になった際にもこれまでのように優先的に取り扱いをしてくれる対策は2パターンとなります。

既得権を延長するパターン

ステータスをとりやすくするパターン

前者はこれまでも常套手段であり、有事で需要がないこと見越して、利用する機会が熟した時点で特典を付与するプログラムであります。

新型コロナのような人間の移動を制約するような事態であれば、昨年のステータス会員を延長して持ち越したとしても、2020年に新たに増加するステータス会員の数は限られますし、昨年にステータスを確保した人が新型コロナ禍の状態で利用することも少ないため、運営上の不利益は少なく、もっとも選択しやすいパターンです。

後者の場合は需要が著しく落ちた場合でも需要を下支えしてくれる期待があり、搭乗してくれる需要喚起をするものであります。2020年のコロナ禍では日系の二大キャリアはこの施策を実施しています。欧米系のホテルや航空会社では前者のようなステータス延長が多い中で対照的と言えます。

しかし、新型コロナの感染の状況が時々刻々と変化しており、日系2社がその施策を公表して1か月も立たない時点でその施策実施期間が効果的でなりそうです。改めて、この禍が恐ろしい事態であることを認識し、喜べなくなくってしまいます。

個人的なステータス延長

現在、個人的に保有しているステータスは下記のとおりです。

ANA・ダイヤモンド

デルタ・プラチナメダリオン

ヒルトン・ゴールド

エクスペディア・ゴールド

このうち、正規の基準で達成したのはANAとエクスペディアとなります。デルタはステータス・マッチではあるものの、その後延長プログラムのために有償で搭乗し、現在に至っています。

ヒルトンはSMBCの対象カードを発行して、気合を入れたのですが、意外に利用できる場所にヒルトン系がないと気づき、昨年末にカード解約した顛末があります。それでも延長となれば利用する恩義はありますが、どうするか不明です。

AANダイヤモンド会員でIHGアスパイア

前述の記事のようにステータス延長とは別ですが、ANAダイヤモンド会員へのキャンペーンとしてIHGの最上級会員であるアスパイアのステータスマッチがこのタイミングでついてきます。

国内ではお手頃なホテルが多く、ボーナスポイントオプションをつけても魅力的な宿が多いことを考えると早期に2020年の基準(さらにコロナ禍で減額され有利ですが)はクリアできそうですが、徒歩で宿泊しに行っても大丈夫なのか疑問があり、こちらも素直に喜べません。

最後に

誰もいない地下鉄

個人的にはANAダイヤモンド2021を2020年中に真水で獲得したいと考えておりますが、現時点では先が見えず、ステータス優遇策は素直に喜べません。

新型コロナ感染の検査ができやすくなれば、少しは自体が変わる可能性もあります。それができないが故に大きな分断も発生しており、独り立ち間もない子供を実家に呼び戻したい人間的な思いが非常識となることもあります。

一方で、こうした事態でも収入は落ちず、選挙区を行き来する政治家もおり、何なのかよくわかりません。 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.