弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

シンガポール航空プレミアムエコノミー 羽田=クライストチャーチ往復が弾丸可能 憧れの南島にダイレクト

スポンサーリンク

SQ

ニュージーランドに行く場合は北島のオークランドがアクセスポイントとなりますが、南島に直行便があるシンガポール航空はある意味同等の乗り継ぎで行くことができ、日本からニュージーランドに行くよりプレミアムポイントが積算されるため、まとめてみました。

ニュージーランド南島

マウントクック

ニュージーランドは北島と南東に分かれており、経済の中心地は北島のオークランドであり、首都は北島の南端にあるウェリントンです。そして、南は北島よりも大きく、南アルプス山脈(最高峰マウントクック3,724m)があり、自然豊かであり、日本と同様に温泉が多いところでもあります。観光地として有名なクイーンズタウンのほか、南島最大の都市であるクライストチャーチにも温泉があり、温泉施設も同市内にあります。南半球の温泉で寛ぐのもなかなかと言えます。

プレミアムエコノミー 羽田=クライストチャーチ往復

ルートマップ

旅程

今回はニュージーランドでは初秋の4月に弾丸計画を想定してみました。

旅程

往路は4月5日金曜日の朝9:15に羽田を出発し、チャンギ空港には15:15に到着、4時間半の乗り継ぎで、クライストチャーチに出発します。クライストチャーチには翌日土曜日早朝の10:30に到着します。

午前中到着のため、日帰り温泉で休むもよいですし、市内の散歩をするのも良いと言えます。

復路は翌日4月7日日曜日の朝10:50に出発し、チャンギ空港には同日の17:40に到着します。羽田便は22:50出発であり、空港内でシャワーを浴びたり、買い物をしたりも可能ですし、市内にサクッと行くことも可能です。ゲイランあたりでローカルフードを格安で堪能するのも良いと言えます。羽田空港には4月8日の朝6:45に到着します。

羽田到着後は、空港の有料シャワールームまたは新橋などのサウナですっきりして着替えをすれば、何とか始業時間にも間に合うことも可能と言えます。リスク回避と言うところであれば、午前中を休みにするか、取引先などに直行を設定するなども良いかもしれません。

運賃

運賃

運賃は184,920円であり、全区間プレミアムエコノミーであり、予約クラスはPクラスとなります。東京発着のシンガポール航空便はプレミアムエコノミー設定が多く、恵まれているようです。

積算マイル・プレミアムポイント

以下の表の通りです。

フライト 機材 区間マイル 積算マイル PP
4月5日 HND SIN 77W 3,288 3,288 3,688
4月5日 SIN CHC A359 5,220 5,220 5,620
4月7日 CHC SIN A359 5,220 5,220 5,620
4月7日 SIN HND 77W 3,228 3,228 3,628
合計 16,956 16,956 18,556

 積算マイルは16,956マイルであり、プレミアムポイントは18,556PPとなります。PP単価は9.97円/PPとなります。シンガポールとクライストチャーチ間は支線ともいえるため、プレミアムエコノミーのシートは割と確保しやすいと言えます。羽田とチャンギ空港間が人気のため、最安で旅程を抑えるのがポイントとなりそうです。

最後に

ウェリントン

個人的にはオークランドとウェリントンまでしか行ったことがないので、マウントクックの雄大な景色やドイツやハンガリー、台湾、韓国に続き、天然温泉を海外で味わってみたいと考えており、南島は行きたいところでもあり、結構惹かれるところでもあります。何よりも距離があるため、ライフタイムマイルの積算が加速されるのも魅力的であります。 

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.