弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

シンガポール航空 ビジネスクラス 台北=シドニー往復が夏休みに安い

スポンサーリンク

オペラハウス

シンガポール航空のビジネスクラス・台北=シドニー往復が夏休みの時期に安いため、まとめてみました。

シンガポール航空のビジネスクラスの種類

シンガポール航空機材

シンガポール航空は機内に通路が2つある中・大型機のみを保有しています。機材は長距離運航タイプでは

エアバスA380-800、ボーイング777-300ER、エアバスA350-900(ULRも)

中距離運航タイプでは

ボーイング777-200,200ER,300、ボーイング787-10、エアバスA330-300、エアバスA350-900

に大別できます。もちろん、長距離運航の間合い運用もあるため、例外はあります。

A380新ビジネスクラス
長距離ビジネスクラス
中距離ビジネスクラス

シートも長距離便と中距離便では異なります。長距離便ではシートは幅が広く、サイドテーブルも大きく長時間搭乗していても疲れにくい設計と言えます。

一方で中距離便は座っていることを前提として造られているため、ちっとシンプルとなっています。ただし、中距離と言ってもレッドアイ・フライト(夜行便)もあるため、最新の機材ではフルフラットにでき、横になることもできます。

ビジネスクラス 台北=シドニー往復

旅程

シンガポール航空 ビジネスクラス運賃

往路は8月10日土曜日17:45に台北を出発します。チャンギ空港には、22:10に到着し、2時間乗り継ぎで、シドニーに向かいます。シドニーには翌日10:25に到着します。

台北夕方発のため、東京から沖縄経由でアクセスしても間に合いそうです。

復路は8月15日木曜日午後3時にシドニーを出発し、チャンギ空港には夜21時過ぎに到着します。このフライトは日没も見えそうですので、窓側が良いと言えます。

シンガポールでは11時間乗り継ぎがあるため、最近できたJewelにあるコンパクトなホテルであるYotel Airに滞在するのも良いでしょう。

yotel air

翌朝8:20に台北に向かい出発し、13:10に到着します。

機材は南半球区間がA380-800、北半球区間が往路A330-300であり、復路ボーイング787-10型機といろいろな機材が楽しめます。

運賃・予約クラス

運賃・予約クラス・プレミアムポイントは下記のとおりです。 

運賃    約223,130円

予約クラス Dクラス

(AMC125%加算、搭乗ポイント400ポイントも付与)

プレミアムポイント合計 16,360PP

PP単価   13.64円/PP

マイル修行としては、微妙ではありますが、シンガポール航空で夏休みシーズンに涼しいオーストラリアに行けるのはとても良いと言えます。

最後に

台北経由のため、東京からアクセスする場合、那覇まで行き、そこからLCCで台北桃園空港に移動すると羽田=沖縄間のプレミアムポイントを積算することも可能であります。

組み合わせるチケットによっては、沖縄や台北、そしてシンガポール(復路のみですが)で寄り道もできるため、結構濃密な旅行も可能です。

そして、シンガポールの新型機や最新のビジネスクラスに搭乗できる可能性もあり、夏休みを安く優雅に過ごすのは良いのではないでしょうか

シンガポール航空A380-800

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.