弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

シンガポール航空ビジネスクラス往復が9万円 マイル修行に最適

スポンサーリンク

釜山

シンガポール航空の釜山発券のシンガポール行きが安いので、まとめてみました。海外発券に向かうチケットとしてマイル修行に活用できそうです。

釜山線のスケジュール

シンガポール航空A330

シンガポール航空ホームページより

シンガポール航空の釜山線のスケジュールは下記のとおりです。週4便の運航となり、曜日によって、出発、到着時間が微妙に異なります。機材はA330-300となります。

SQ615便

火曜日 釜山8:30  → シンガポール 13:55

木曜日 釜山8:00  → シンガポール 13:25

土曜日 釜山8:00  → シンガポール 13:25

日曜日 釜山8:10  → シンガポール 13:25

SQ616便

月曜日 シンガポール23:10  → 釜山 6:35+1

水曜日 シンガポール23:10  → 釜山 6:30+1

金曜日 シンガポール23:10  → 釜山 6:35+1

土曜日 シンガポール23:10  → 釜山 6:35+1

シンガポール行きは昼行便、釜山行きは深夜便となります。

釜山への日本からのアクセス

日本からの釜山へのアクセス(直行便)については下記のとおりです。

東京 JAL、大韓航空、エアプサン、チェジュ航空

大阪 チェジュ航空、エアプサン

福岡 チェジュ航空、エアプサン

直行便で直接アクセスも良いですし、福岡までANA国内線でプレミアムポイントを貯めつつ、行きは高速船で行き、釜山旅行を楽しみ、帰りは飛行機で戻ると言うことも有りかもしれません。

ビジネスクラス 釜山=シンガポール往復

シンガポールビジネスクラス往復

今回は2月の2回連休(飛び石連休と3連休)付近で試算してみました。

旅程

2月9日の朝8:10にシンガポールに向かいます。機材はA330-300と古い機材となります。この時間の出発の場合、前日に釜山入りして一泊が必要です。土曜日早めに到着して、釜山観光も良いかもしれません。

復路はチャンギ空港を23:10に出発します。到着は翌朝の6:35となります。この時間であれば、日本行きの午後便でダイレクトに向かうことも可能です。

シンガポールとクアラルンプール間はLCCがバスのように就航しているため、クアラルンプール発券マイル修行にも活用できそうです。

運賃・予約クラス・プレミアムポイント

運賃・予約クラス・プレミアムポイントは下記のとおりです。

運賃 約91,452円

予約クラス Dクラス(125%+400PP)

プレミアムポイント 7,868PP

PP単価 11.62円/PP

シンガポール航空で単価は11円台ですが、9万円ちょっとでビジネスクラス搭乗ができます。プレミアムポイントも8千弱加算でき、日本発のシンガポール行きエコノミーを利用するのが無駄にさえ感じます。

セール運賃は1月31日まで販売のようです。ルールを見ると2月1日から3月31日まで期間に搭乗となっています。

最後に

シンガポールjewel

釜山発ではデンパサール、シンガポール、ジャカルタ、スラバヤ、プーケット、ペナンもほぼ同じ運賃があり、距離の長いデンパサールなどはPP単価は8円台となり、デンパサール発券の良いルートがあれば、そちらの方が良いかもしれません。 

福岡発のビジネスが安い時期もありましたが、東京から移動の場合、福岡も釜山も時間的にはあまり変わらず、釜山発券も結構活用できそうです。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.