弾丸トラベルは怖くない!

飛行機、ミリオンマイラー、鉄道、ホテル、海外発券、飛行機旅指南など

【ANA対象者限定】キャンペーンも良いのだが

スポンサーリンク

ANA777

ANAより、対象者限定のキャンペーンが到着しましたので、お伝えします。

対象者限定 路線限定!ANAに乗ってボーナスコインキャンペーン

対象者限定キャンペーン

久々の対象者限定のキャンペーンがきました。内容は以下のとおりです。

期間中、国内線対象路線に2回以上ご搭乗いただくと、もれなくANA SKY コイン 1,000コインプレゼント!

同じ路線を2回(1往復、または片道2回)搭乗、または対象路線をそれぞれ1便ずつ、計2回(2便)の搭乗も対象。

期間

2023年1月6日(金)から2023年3月31日(金)搭乗分まで

参加登録が必要 3月31日(金)まで

対象路線

対象路線は下記のとおりです。幹線空港をメインに記載しています。

羽田発着

女満別、旭川、釧路、帯広、名古屋(中部)、小松、大阪(伊丹)、岡山、徳島、北九州、大分、熊本、鹿児島、沖縄(那覇)

大阪(伊丹)発着

青森、秋田、羽田、長崎、鹿児島

大阪(関西)発着

札幌新千歳、沖縄那覇、石垣

札幌(千歳)発着

女満別、青森、秋田、新潟、大阪関西、広島、福岡

名古屋セントレア発着

羽田、沖縄

福岡発着

札幌新千歳、宮崎

沖縄那覇発着

羽田、名古屋中部、大阪関西、宮古、石垣

ということで、羽田発着では大阪伊丹や沖縄那覇が入っています。名古屋や小松など近い場所も対象になっているので、こうしたところでは実質的な割引効果があるかもしれません。

沖縄発着でANAグループ便運航の県内路線である石垣と宮古が対象であり、こちらも実質的な割引効果になります。

付与されるスカイコインの有効期限

スカイコインの付与時期は2023年4月5日と結構、締めから早く反映されます。一方で、有効期限は同年10月23日までと結構はやいので、使い忘れないようにしましょう。

参加登録は必須であるとともに、搭乗するフライトをANAマイレージクラブに登録しないと対象にはなりませんので、注意が必要です。

対象者限定というとあまりに搭乗していなかったかというとかなり搭乗しており、反発で1-3月期は搭乗しないのを先回りしたのか不明ですが、1,000スカイコインぐらいなので、たいしたことはありません。

ただ、そうは言っても、スカイコインガチャを毎日回しても、ほとんど1スカイコインなのでそう考えると2年半ガチャするとなるとそれよりは乗る機会があれば、有難いかもしれません。

アップグレードポイント2ポイント余らしてしまったので、2,000スカイコインと合わせて、使うのがベストかなと個人的には思っています。

まさかの土壇場でアップグレードポイントが繰り越しとなれば、もちろんそちらにしますが。

対象者限定でない国内線・国際線共通キャンペーンはどうなるのか

羽田空港第三ターミナル

対象者限定でなく、国際線と国内線に共通したキャンペーンと言えば昨年末まで実施されていたプレミアムポイント2倍キャンペーンですが、2023年スタートしましたが、現在のところ展開されていません。

ANAの場合は春ごろからスタートし、遡及加算はしないので、春を待つしかないという事になりそうです。春を待っていても待ち人は来ず、8か月間のダッシュという事にもなるので、割り切って今からコツコツ積算していく方が賢明という事かもしれません。

アメリカドルに比較してユーロは落ち着いてきたかと思いますが、まだ140円であり、もう少し円高に振れて欲しいところであります。

日本にいれば混雑であり、先日、福岡空港の国際線ターミナルでのあふれ出る長蛇の列ができているとマスメディアに出ていましたが、羽田空港国際線もいまは出国ラッシュでレーンに収まりきらないのではないかと思います。

海外に出れば静かに旅はできますが、その静か代が円安といったところであり、何とも言えないところであります。とは言っても、大空港は大混雑でFast trackとか止めているので、大空港回避ルートがベストかもしれませんが。

最後に

街路樹

対象者限定キャンペーンはわずかなメリットですが、それでもないよりはましであります。マイルは錬金ではないので、基本的にはお金を消費した分だけ増えるところがあります。結局、あきらめずにコツコツ貯めていき、まめに空席を検索して利用するのが一番賢いという事を対象者限定キャンペーンが来て感じました。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.