弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

AirPods Proを飛行機でソニーのノイズキャンセリングイヤフォンと比較してみた

スポンサーリンク

airpods pro

マイル修行にも役立つノイズキャンセリング・イヤフォンですが、Appleから遂に発売されたAir Pods Proを飛行機で利用してみましたので、お伝えします。

ノイズキャンセリング・イヤフォンでは抜群の性能を持つソニーWF-1000XM3とも比較してみました。

AirPods Pro外観

蓋を置けた状態

Appleらしい白一色のケースに左右それぞれのイヤフォンが格納されています。右側は右耳用、左側か左右用(当たり前ですが)が格納されています。

頭が半分出たぐらいが格納位置であり、挿入最後は磁力に引かれてカチッとハマるので、きちんと格納されたか気にすることはありません。 

ケース表
ケース裏

 この製品には珍しくAppleのロゴはありません。表面にはポツンとランプが一か所あり、電源オンやペアリング、充電などを教えてくれます。

裏面にはペアリング用のボタンがついています。接続端子はライトニングであり、本体と一緒にライトニングケーブル/USB Type-Cが同梱されてきます。

f:id:dantra:20191118074826j:plain

ワイヤレス充電Qiに対応しているため、iPhone11 Proなどと同じく、置くだけで充電できます。これが思いのほか、便利でありいちいちケーブル接続しないといけない他社の製品より、使い勝手が良いです。

ちなみにiPhoneの背面に置いてみたのですが、充電はしませんでした。いずれ対応するかもしれませんが。

ソニーWF-1000XM3との比較

比較

写真のようにケースもさることながら、本体の小ささも圧倒的にAirPods Pro の方が有利です。そして、本体も軽く装着感はベストです。

音楽の再生

自宅でテレビをつけた状態で、iPhoneのAmazon Musicを再生して比較してみました。

比較した曲は以下の3曲としてみました。

みじかくも美しく燃え(城南海)

Run Away With Me (Carly Rae Jepsen)

All The Love In The World(The Corrs)

ソニーWF-1000XM3

ノイズキャンセリングについては、エアコンなどのノイズはほぼ皆無であり、さらにテレビの音声も約9割消し去った状態で、曲を流してくれます。

音質については、高音から低音まで素晴らしく、音の奥まで潰れていない感じがします。カメラに例えるなら、超拡大しても潰れない、同社のフルサイズ機のα7シリーズに高級レンズを組み合わせたのに例えられるかもしれません。

一方で、耳に装着する時に、ひねるのがAirPods Proを一度味わってしまうと煩わしく感じます。

また、良くも悪くも防音室感があり、音楽に没頭できる半面、圧迫感と豊かな音声信号が脳に大量に伝達するためか結構疲れます。長時間利用する場合は休憩が必要です。

 AirPods Pro

airpods pro

ノイズキャンセリングについては、エアコンなどのノイズはほぼ消し、テレビの音声は約7割消し去る感じです。音楽を流さないで無音状態にしていると、テレビの音声を聞き取れるくらいです。嫌な音は消し去られており機能としては優秀です。

音質については、ソニーを知らなければ満足できると思います。音の奥に行くと潰れていると言うか、合体している感じがします。

カメラに例えるなら、iPhone 11Proかもしれません。コンパクトでありながら多彩な画角で撮影できますが、超拡大すると結構荒くなってしまったりするのと似ています。

一方で、さらっとした装着感が長時間使用しても苦痛とならなく快適です。接続は当たり前ですが、iphoneとの接続は一瞬です。

テレビでの利用

テレビはドクターXを視聴してみました。

ソニーWF-1000XM3

音質はセリフ、サウンド共に優秀であり、特に濃厚なオープンニングはテレビのスピーカで視聴するよりも没頭感があります。

ただし、機器の相性なのか、右耳の接続が良く途切れ、動かしりして再接続しないといけませんでした。

 AirPods Pro

セリフやナレーション(田口トモロヲ氏)はテレビのスピーカーで聞いた方がいいかもしれません。

セリフと音楽の混在やセリフ単独の場合、少し苦手なのかもしれません。ほぼ音楽のCMは良い感じです。ピアノ売って頂戴のCMも忠実な再現でしたが。

接続が切れる遅延は一切なく、安定して接続するのはAirPods Proの方が良さそうです。テレビとの機器の相性はあると思いますが。 

フライトでの比較

フライトでの比較

上空での音質とノイズキャンセリング

機材はボーイング737-800とボーイング777-200で試してみましたが、ソニーの方が圧勝と言えます。機内の音を徹底的に調べたのではないでしょうか。

明らかにノイズを取り除いていて、音質も高いと言えます。セーフティビデオの音声をAirPods Proは拾いますが、ソニーはほとんど拾いません。音楽を再生しているとセーフティビデオは流れていないくらいに感じます。

また、両社とも意外と気になったのが、ボーイング737型機の送風の音が消し切れない点であります。

また、両者とも気圧コントロール機能はありません。そのためかソニーの装着感は気になりますが、音質は優れており、このイヤフォンで聴きたいと思ってしまいます。

Air Pods Proは機内でも装着感は優れ、これしか知らないのであれば、とても優秀なイヤフォンであります。

外したり、装着したり

機内ではCAさんに声をかけられることが多々あります。プレミアムクラスでは食事を下げて良いか、ドリンクのお代わりはいかかでしょうかと結構聞かれます。

イヤフォンの操作に慣れてしまえば、タップして対応可能ですが、よくわからない場合はイヤフォンを外して応対します。そして、その方が心象は良いですし、単純です。

外した場合の挙動としては、いずれも聞いていた音楽は一時停止します。

しかし、再び耳に装着して、再開する場合はAirPods ProはiPhoneをタップしないと再開しませんが、ソニーは装着すると再開します。こうしたケースが何度かありましたが、ソニーの方が便利に感じます。

ただし、耳に装着する作業はAirPods Proの方が断然、自然であります。

生活に溶け込むApple製品

apple製品

Appleの製品はスティーブ・ジョブスの時代はiMacやiPodやMacBook Airそして、iPhoneなど世の中を変える商品が手にすることができるワクワクさがありました。こうした商品は驚きもあるのですが、癖があり、使わない機能も多かったと言えます。
現在のアップル製品はデザインの変化が少ない、中国や韓国のメーカーの方が性能では優れていると言われ、驚きが少ないようです。
一方で、iPhoneで利用できることは拡大し、watchなどはモデルを重ねる毎に生活に溶け込んでいます。

以前のように操作方法を覚えなくても、何となくの操作で完結でき、いつの間にか各デバイス間で連携し、歩いた距離やカロリーなど取得してくれます。
難しいことはわからなくても、スマートに使いこなせるのがApple製品の近年の特徴と言えかもしれません。

こうした中で誕生したAirPods Proですが、IPhoneやwatchのようにモデルを重ねるとますます音質や使いやすさがアップグレードしていくかもしれません。

最後に

ビジネスクラス

AirPods ProはApple初のノイズキャンセリング機能のついたイヤフォンで、最初からこれほどコンパクトなボディに優れたノイズキャンセリング機能を搭載してくるのは驚きです。

今回はソニーWF-1000XM3と比較してみましたが、WF-1000XM3を知らなければ、大満足と言えます。逆にWF-1000XM3がとても優れている製品と言うのもわかりました。

一方で、WF-1000XM3はサイズが大きく、重いためか、耳に付けている感と密閉感が強いです。また、良くも悪くも大量の音信号を脳に送るためか、長時間利用すると疲れます。

フライトでは短時間の間に装着したり、外したりするような短距離国内線ではAirPods Pro、フライト時間が長く、スペースに余裕のあるビジネスクラス搭乗ではゆったりと音楽に浸りたい場合はWF-1000XM3と使い分けるのも良いかもしれません。

どちらの製品も高額ですが、どちらかを購入しても満足できる商品には変わりありません。 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.