弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

バンコク 湯の森温泉&スパ訪問記

バンコクにあるスーパー銭湯の湯の森温泉&SPAに行ってきましたので、お伝えします。湯の森温泉&SPAはバンコク市内にあるスーパー銭湯です。同じくタイのパタヤやシンガポールにも系列の施設があります。

シンガポールの記事はこちら 

行き方

バンコク中心部のスクンビットから歩くと1.5kmほどになり、灼熱のバンコクではちょっと厳しいので、バイクタクシーかタクシーが便利です。ラマ4世通りにあるショッピングセンターの「K Village」内にあります。Uberの場合、ここに行くのは問題ありませんが、ここからUberで空港等に行く場合は、Uberをここから二回利用した経験から言うと注意です。ラマ4世通りはいつも渋滞しており、湯の森温泉への入り口付近は一方通行が多く、Uberを手配してから時間がかかったり、ドライバーが途中であきらめてしまったりします。

最寄り駅

スカイトレイン プロン・ポン駅より 1km

地下鉄 クイーン・シリキット・ナショナル・コンベンションセンター駅より 1km

営業時間:午前9時より深夜0時まで

地図はこちら

www.yunomorionsen.com

館内訪問記

木をふんだんに使用した建物です。

f:id:dantra:20170613081118j:plain

 ロビーはソファーがたくさんあり、チェックアウト後も寛ぐことができます。

f:id:dantra:20170613081128j:plain

 システムとしては、最初に受付で利用料を支払います。シンガポールと違いパスポート等によるID確認はありません。施設利用料は税込み大人450タイバーツ(約1,500円)とシンガポールと比較すると安いです。クレジットカードでの支払いも可能ですが、3%の手数料がかかります。

その他、スパ・トリートメントが有料で受けられます。

メニュー一覧はこちら

www.yunomorionsen.com

次に、ロッカーキーを渡され、シューズロッカーに行きます。ロッカーと言っても有人で、ロッカーキー番号を見せて、脱いだ靴を渡すと係員が館内履きの草履を持ってきてくれます。

f:id:dantra:20170613082807j:plain

草履に履き替えて、中庭の横を通り、タオル受け取りカウンターでタオルと浴衣を受け取ります。

f:id:dantra:20170613081234j:plain

f:id:dantra:20170613081301j:plain

そして、浴場に行きます。ロッカーは電子キータイプとなっています。後は撮影禁止ですので、公式サイトの画像で確認してください。

f:id:dantra:20170613081244j:plain

f:id:dantra:20170613081313j:plain

www.yunomorionsen.com

シャンプー・コンディショナー・ボディソープは備え付けられ、シャワーの水圧も良好です。お湯は「ワンカナイ温泉」から直送しているそうで、効能は筋肉痛・関節痛・身体の麻痺、美肌などだそうです。他に炭酸泉や露天風呂、壺湯、ミストサウナとドライサウナがあります。ドライサウナは広くありませんが、適度な熱さです。

カフェ・仮眠所

休憩所は、エアコンの効いた和室にフラットなソファーが11台あるほか、中庭に面したオープン空間にはソファーが4台あります。いずれもスマホなどの充電用の電源はありません。

f:id:dantra:20170613081347j:plain

f:id:dantra:20170613081340j:plain

中庭は和に空間を演出しています。

f:id:dantra:20170613081412j:plain

ユノモリカフェでドリンクや食事を利用することが可能です。

f:id:dantra:20170613081358j:plain

チェックアウトは、館内履きのまま受付で精算を行い、その後シューズロッカーで靴を受け取り履き替えます。

まとめ

日本人が多く住む地域にあり、日本人の方も多いですが、欧米系の人も多く、土曜日の午前中でもわりと混んでいました。館内設備は係員がいつも清掃しているので、海外の施設としてはとても清潔です。滞在中、サウナに入りたい人やゆっくりしたい人にはオススメです。

f:id:dantra:20170613081434j:plain

 


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.