弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ホテル・ストライプス・クアラルンプール宿泊記 キラキラで快適

スポンサーリンク

ホテルストライプスクアラルンプール

クアラルンプールにあるホテル・ストライプス・クアラルンプールに滞在しましたので、レポートいたします。

ホテル・ストライプスとは

マリオットのホームページによると

ホテル・ストライプス・クアラルンプール、オートグラフ コレクションは、個性的な雰囲気とキャラクターに、やや先端的なスタイルと冒険の要素を取り入れ、今までとは違う周辺環境に着目したホテルです。

とのことで、オートグラフ コレクションは個々のブランドに入らずに運営されている高級ホテルであり、独自性があると言うところでしょうか。

場所

0300クアラルンプール25 Jalan Kamuntingマレーシア

 地下鉄のDang Wangi駅が最も近いと言えます。そのほか、目の前にそごうがあるLRTのBandaraya(SP6)駅からも500mほどであり、商店街を抜けてホテルにたどり着けます。Grabの場合、深夜早朝でもKL Sentral駅から8~9MYR(220円から250円)で時間も10分ほどで到着します。

近くにクアラルンプールタワーやイオンモールがあります。イオンモールは地下の食料品店街が充実しており、食べ物の調達には便利と言えます。

宿泊記

ホテル外観、最近の建造物のような、装飾にこだわった外観と言えます。中に入るとダークトーンの外装であり、とても落ち着いた空間となっています。

ルーム全景

ルーム全景

エグゼクティブデラックスルームの全景です。高層階にあり、なかなかの広さです。 

ベッドウォール

ベッドウォールには古のクアラルンプールの写真がプリントされています。 

コーヒーメーカー

ミニバー関連はすべて無料であり、ソフトドリンクのみですが、ホテルについて、乾いたのどを潤してくれます。

ミニバー

キャンディー鉢もあり、ちょっとしたアクセントとなっています。

キャンディー鉢

テレビに関して、日本語チャンネルはないですが、映画チャンネルが充実しています。Wi-Fiに関しては無料ですが、かなりサクサクつながります。

テレビ

クローゼットにはガウンもあり、高級ホテルとしても良いと言えます。 

ガウン

セーフティボックスは4桁タイプの簡単操作で不安はありません。

セーフティボックス

カードキーは文字通り、ストライプです。(笑)

カードキー

バス回り

バスルーム

水回りついては、トイレとシャワーブースは専用の扉ついて個室にありますが、洗面はルーム内にあります。

バスアメニティ

バスタブはありませんが、水流モードを変更できるシャワーヘッドがついてあり、水圧も好調です。アメニティは一通り、揃っています。

トイレ

洗面

アメニティ

窓からの景色

クアラルンプールタワー

窓からクアラルンプールタワーが見えます。ペトロナスツインタワーも見えます。

ペトロナスツインタワー

外装にこだわっているため、パノラミックな景色ではありませんが、直射日光を遮っており、日中も静かに過ごしたい人には最適と言えます。

ホテル内の設備

フィットネス

フイットネス

フィットネスは最上階にあり、24時間利用できます。一通りのマシンがあるため、ランニングで汗を流すだけでなく、筋トレも十分できます。

プール

プール

当ホテルの売りは何といってもプールと言えます。クアラルンプールタワーが見下ろせるなかなかインスタ映えする場所であります。

朝食

朝食はフロント横にあるBRASSERIE 25でいただくことができます。

f:id:dantra:20190120230740j:plain

大手のブランドホテルと比較するとメニュー数は少ないですが、卵料理の即席サービスもあり、大きなオムレツを作ってくれたりします。

朝食バイキング

どちらかというとヘルシーな感じもしました。

レストラン館内

オムレツ

ルームサービス

ルームサービス

室内にはルームサービスメニューはありませんが、電話をすると教えてくれます。ワインを一本頼んでみました。オーストラリア産のシャルドネですが、なかなかの味わいでした。ルームサービスは24時間です。

最後に

価格帯としては1泊7千円台とアロフトクアラルンプールと同等ですが、アロフトクアラルンプールよりもこちらの方がスペックは高いと言えます。KLセントラル駅からは少し遠いですが、今回クアラルンプール空港に23時すぐに到着し、翌々日5時に出発しましたが、Grab活用で不便はありませんでした。

こまた、今回2泊したため、メガボーナスも割安にゲットできたため割の良い滞在と言えました。

 

SPG

 

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.