弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

また A380フライングホヌに乗れる機会が来る

スポンサーリンク

A380

ANAでは再びA380フライングホヌに搭乗できる機会を用意しているため、まとめてみました。

ANA FLYING HONUチャーターフライト

チャーターフライト

ANA FLYING HONUチャーターフライトの概要は下記のとおりです。

出発日 2020年9月20日(日)

出発地 成田空港 14:00頃

到着地 成田空港 16:00頃

飛行時間 90分程度

機材 A380-800

便名 NH2030便

設定クラス ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラス

※シートの提供が中心となり、機内食の提供はなく、ドリンクサービス(ファースト・ビジネスではアルコールもあり)のみの提供となります。

また、寝具(枕・シーツ・リラックスウエア)の用意はなく、エコノミー・カウチシートではベッドのようにもできません。

また、プレミアムなサービス(空港ラウンジ/優先チェックインカウンター/優先チェックインカウンター内保安検査場/搭乗口での優先搭乗)は利用できないとのことです。

積算マイル クラスに関係なく、380マイル

プレミアムポイントやライフタイムマイルは対象外とのことです。また、事後加算は不可とのことで、エントリー時にマイル番号登録をしないといけません。

ツアーですが、おひとりさまでも可能です。また、マスク着用必須で、検温して37.5度以上あると認められると参加できないとのとこです。

凄まじい倍率だった初回で手ごたえがあったのか、第二弾となります。ひと月おきに実施と言うのが定番になるかもしれません。

そのうち、沖止めで全国各地に行くかもしれませんね。ななつ星や四季島のように豪華観光飛行機として活路を見出すかもしれません。

記念品

記念品

記念品についてはクラス別に異なるようであり、ファーストクラスではグローブ・トロッターのアメニティポーチとA380のモデルプレーンだそうです。

ビジネスクラスではフレッドシーガルコラボレーションアメニティキットとThermo mug FLYING HONUアンブレラボトルとなります。

 

旅行代金

シートマップ

旅行代金は搭乗するクラス・窓側により、異なります。下記のとおりです。

ファーストクラス    50,000円
ビジネスクラス(窓側)  35,000円
ビジネスクラス(通路側)  30,000円
プレミアムエコノミー (窓側)  25,000円
プレミアムエコノミー(通路側) 20,000円
エコノミークラス(窓側)    19,000円
エコノミークラス(翼の上窓側) 17,000円
エコノミークラス(通路側) 14,000円

A380はファースト8席、ビジネス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミー343席であり、満席設定としているか不明ですが、満席となると単純にトータル1,000万円近い売り上げが見込まれます。

コストはもっとかかりそうですが、定期的にフライトさせることで「重整備」を回避できることを考えると、ファンづくりも考えて安いのかもしれません。

プレミアムエコノミー通路側とエコノミー窓側の差がほとんどなく、現実の航空券と似たような現象も起きています。

なお、旅行代金に含まれるものは下記のとおりです。

貸切航空機(チャーター便)の航空運賃

搭乗証明書代

記念品代

国内線旅客施設使用料

消費税等諸税

また、GO TO トラベルは対象外とのことです。

座席番号は当日の発表となり、ダイヤモンド会員でも1Aの指定はできないようです。

申込は抽選

2回目エントリー

応募多数の場合は抽選となります。紹介ページの最下部にエントリーボタンがあり、2020年8月25日(火)15時から2020年8月28日(金)9時までとなっています。

ANA FLYING HONU チャーターフライト申し込みフォーム

当選者には2020年9月2日~3日の間で順次、登録した代表者のメールアドレス宛に連絡されます。

落選は9月7日(月)までに連絡するとのことです。

前回は繰り上げ当選みたいなことが書かれていましたが、それはなくなっています。かなり人気が高いのでしょう。

また、プライバシー関連では当日の様子をANA SKY WEB等にて紹介する予定で、取材のため、TVカメラ等が入り、フライト参加中に撮影をさせていただいた、個人情報(容姿を確認できる映像等)を使用させていただく場合もあるとのことです。

最後に

近場と言えば近場の旅行であり、今の時期に合っているパッケージなのかもしれません。今後、これが定着して、新たな旅の仕方のヒントになるかもしれません。

毎月実施したとして、何回目ぐらいで当選できるものなのか毎度エントリーしてみたいものです。

 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.