弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ANAプレミアムポイント修行 ビジネス・プレミアムエコノミーで効率が悪い予約クラス

スポンサーリンク

マイル修行を考える

ANAの上級会員になる場合、ANAオンリーで目指す人もいれば、ANA便よりも割安なスターアライアンス加盟の航空会社で基準値いっぱい稼ぐ方法もあります。そのなかで、避けるべきキャリアと予約クラスを考えてみました。

ビジネス・プレエコで複数の積算を設定している理由

プレミアムポイント

ビジネスクラスとプレミアムエコノミーといえば、マイル積算率は125%、100%とエコノミークラスの積算率がどんどん落ちている中で、聖域ともいうべく、積算率は125%.100%は維持されていました。

しかし、各キャリアの都合もあるのか、プロモーション運賃としてビジネスクラスでは125%積算率であったものを100%,70%に落としているキャリアが近年目立ちます。

また、プレミアムエコノミーにおいても70%積算率を設定するキャリアもあり、比較的高い運賃でプレミアムポイントを積算していた人にとっては打撃とも言えます。

なぜ、これまで上級クラスは一つの積算率で通してきたにもかかわらず、複数の積算率を設定するかと言うと、競争による原価抑制と言うのが一番であると言えます。マイルと言えども費用として化けてしまうため、これを抑制することにより、競争力の維持やマイルに関心のないユーザーを新規に獲得したいことが考えられます。

上級クラスで減額加算をしているキャリア

エアライン

ANAマイレージクラブにおいて、積算率が100%以下の積算率となるアッパークラスの主なキャリアは下記のとおりです。

ビジネス・プレエコ70%加算

70%まで落ちると最早、効率的とは言えず、ビジネスクラスに乗りたいと言った目的しかないと言えます。海外発券のアップグレードできるエコノミークラスでマイルまたはアップグレードポイントを利用してUGした方が効率的と言えます。

ANA

ビジネス Pクラス 70%加算

プレエコ Nクラス 70%加算

ユナイテッド

ビジネス Pクラス 70%加算

プレエコ Rクラス 70%加算

ルフトハンザ

ビジネス Pクラス 70%加算

オーストリア航空

ビジネス Pクラス 70%加算

プレエコ Nクラス 70%加算

スイスインターナショナル・エアラインズ

ビジネス Pクラス 70%加算

ブリュセル航空

ビジネス Pクラス 70%加算

ビジネス100%加算

100%加算の場合、搭乗ポイント400ポイントも付与され、乗り継ぎが多いほど距離に対してプレミアムポイントが積算されるため、125%積算ほどの威力はないものの、ぎりぎり効率的となるケースもあります。

ターキッシュエアラインズ

ビジネス Jクラス 100%加算

エジプト航空

ビジネス Zクラス 100%加算

LOTポーランド航空

ビジネス Z,Fクラス 100%加算

何も積算されないクラス

ビジネスクラスでかつ、安いので、マイルは積算されると早合点して、購入してしまうと実は積算対象のクラスに該当なしと言うこともあります。安いと飛びつく前に積算対象か確認が必要です。

また、新しくできたクラスの場合、ANA側で対応が間に合っていないケースもあり、様子見が必要です。

例えば、ユナイテッドのRクラスは販売されてから2か月程度されて積算クラスとなったというケースもあります。

エチオピア航空

ビジネス Pクラス 0%加算

以上のように、これ以外のキャリア、主なところではシンガポール航空、アシアナ航空、タイ国際航空、エバー航空、エアチャイナ等を利用すれば、運賃が安い場合、PP単価は維持されます。

プレミアムポイントをより効率的に積算するためには

マイル修行に進む

以上のようにプレミアムポイントにおいて、効率の悪いキャリアを排除して、検索することで良い回答への早道と言えます。

上記のようなスペックと論理でマイル修行を考えるとおのずとANAは外せないとしても、アジアのスターアライアンス加盟のキャリアがポイントとなると言えます。

シンガポール航空はプレミアムエコノミーで全方位でPP単価が優秀であります。エアチャイナはシンガポール行きビジネスが有名ですが、日本発やソウル発の欧州も安く、普通に旅行としても安いと言えます。

また、エバー航空はプレミアムエコノミーが優秀と言えます。エバー航空は年に数度、欧州方面のプロモーション運賃として、20万円前後のチケットが出ることもあり、しかも、125%加算となります。

最後に

以前は、ビジネスクラス積算率は鉄板の125%でしたが、現在は各キャリアにより割引運賃では70%や100%が一般的になっており、マイル修行には厳しい時代と言えます。しかし、そうでないキャリアを利用すれば、まだまだ、甘い蜜を吸うことが可能であり、選択が重要なポイントと言えます。 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.