弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ターキッシュエアラインズ ビジネスクラス ホーチミン=ドバイ往復

スポンサーリンク

TK

ターキッシュエアラインズのビジネスクラスのホーチミン=ドバイ往復のビジネスクラスが割安であるためまとめてみました。

イスタンブールとドバイに行ってみたい場合には

イスタンブールは見ているだけでも景勝地と言える都市であり、行ってもがっかりすることのないとして問えます。ゆっくり時間をかけて名所を見て、ゆっくり食事をしながら滞在しても飽きないと言えます。

そして、ドバイは近代的な建造物に圧倒されつつも、砂漠の上でラクダに乗ることもできるほか、運河でボートに乗れば異国感を感じられる都市であります。そして、買い物と言う時間を忘れて楽しめる武器もあります。

イスタンブールは新空港

新イスタンブール空港

ターキッシュエアラインズはイスタンブール新空港に移行が完了しています。イスタンブールの空の玄関口はこれまでのアタテュルク国際空港から新イスタンブール空港となっています。

新しい空港はイスタンブール市内までのアクセスはアタテュルク国際空港と比較するとイスタンブール市内から遠く、35kmほどあります。

開業時点では直結の地下鉄はなく、バス移動のため、イスタンブール観光としては不便でありますが、2019年内には地下鉄も完成予定であります。

35kmの地下鉄と言うと乗車時間については、1時間はかかりそうであり、市内観光の時間はあらかじめ計算が必要と言えます。

このほか、首都アンカラと接続する高速鉄道も2020年開業に向けて建設が進められており、高速鉄道がイスタンブールまで利用できれば、かなりアクセスの良い空港になるかもしれません。もちろん、アンカラ他トルコ国内に行くのには良い空港になると言えます。

ホーチミン=ドバイ ビジネスクラス往復

ルートマップ

旅程

今回はお盆休み期間での運賃を調べてみました。

TKビジネスクラス往路

ホーチミンを夕方出発し、イスタンブールでの乗り継ぎは14時間ほどあり、市内観光第一弾を行い模様かもしれません。そして、ドバイには翌日未明に到着します。

復路は早朝ドバイを出発し、イスタンブールには昼前に到着します。イスタンブールでの滞在時間は15時間ほどあり、市内観光第二弾で往路で行き残したところを観光して空港に戻ることも可能と言えます。

f:id:dantra:20190426233841j:plain

そして、ホーチミンには翌日日曜日の17時に到着します。ANA便で日本に戻ることもできます。

運賃・予約クラス

ターキッシュエアラインズビジネスクラス

運賃は約182,099円

予約クラス Jクラス(AMCでは100%加算)

プレミアムポイント計 15,444PP

PP単価 11.79円/PP

プレミアムポイントとしては格安までとは言えませんが、ターキッシュエアラインズのビジネスを20万円以下で利用し、1.5万PPを積算できるのはなかなかのルートと言えます。

最後に

ターキッシュエアラインズは近年、格安ビジネスクラスはJクラスにシフトしております。

積算されるプレミアムポイントは弱含みと言ってもいいぐらいでありますが、トータルの距離の長い区間も安く、まだまだ、活用できると言えます。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.