弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

シンガポール航空 ニューヨークから東京行きの片道プレミアムエコノミー 遠回りだけど安い

スポンサーリンク

SQ A380

シンガポール航空のニューヨーク発成田着のプレミアムエコノミーが安いため、まとめてみました。

ニューヨーク発成田着片道プレミアムエコノミー

旅程

プレミアムエコノミー運賃

9月19日(水)にニューヨーク・ジョン・F・ケネディー空港をよる20時55分に出発し、翌朝10時40分にフランクフルトへ到着し、そのまま、フランクフルトからの乗客を乗せて、12時30分にシンガポールに向けて出発し、シンガポールにさらに翌日の朝7時前に到着します。シンガポールでは2時間半の乗り継ぎがあるため、プライオリティパスを持っていたら、ラウンジでシャワーを浴びるのも良いでしょう。そして、成田には夕方の17時30分に到着します。トータル31時間35分、トータル飛行マイルは13,570マイルのフライトとなります。機材はニューヨークからシンガポールまでがA380、そして東京までがボーイング777-300ERとなります。

運賃・予約クラス

運賃は日本円で約140,632円であり、予約クラスはPクラスでANAマイレージクラブでは100%加算、搭乗ポイント400ポイント積算されます。

積算マイル・プレミアムポイント

積算マイルとプレミアムポイントは以下の通りです。

フライト 区間マイル 積算マイル PP
9月2日 JFK SIN 9,537 9,537 9,937
9月4日 SIN NRT 3,324 3,324 3,724
合計 12,861 12,861 13,661

 積載マイルは12,861マイルであり、プレミアムポイントは13,661PPとなります。ここで注意点はニューヨークからシンガポールまでフランクフルトに着陸するものの便名は同一のSQ25便であり、距離としては10,246マイルとなりますが、直行便扱いとなり、9,537マイルとなります。PP単価は10.29円です。

空中での27時間の過ごし方

ルートマップ

トータル31時間35分のうち、フランクフルトで滞在時間が1時間50分、シンガポールでの滞在時間は2時間35分であり、実質、飛行機に搭乗している時間は27時間となります。高度11,000メートルにまる1日以上いることとなり、その過ごし方が鍵となってきます。

映画を見る

13.3インチHDモニター

2時間の映画であれば、13本観ることが可能であり、シリーズドラマであればシーズン2つぐらいはコンプリート出来ると思います。シンガポール航空のエンターテイメントシステムは多言語対応のため、日本語吹き替えまたは字幕付きも多いので、新作を6本くらい見て、シリーズドラマを見ると言うのもよいかもしれません。

お酒を飲む

シャンパン

シンガポール航空のエコノミークラスでは以下のお酒を飲むことができます。

赤ワイン、白ワイン、シャンパーニュ (プレミアムエコノミーにてご提供)

シンガポール・スリング、その他カクテル、ウイスキー、コニャック、ジン、ウォッカ

リキュール、ビール

とプレミアムエコノミーではシャンパンも飲むことができ、お酒好きの人は堪らないかもしれません。ただし、地上より酔いやすいため、悪酔いしない程度に熟睡するのが良いと言えます。

最後に

ニューヨークから東京まで直行便で行けば15時間程度ですが、大西洋を渡り、ユーラシア大陸を赤道近くまで南下しながら縦断して、東京まで北上するルートでは偏西風の追い風がありながらも31時間もかかりますが、直行便よりも断然安く、しかもマイルも貯まり、珍しいフライトと言えます。最安運賃は稀に出できますので、興味のある人は検索してみてはいかがでしょうか。 

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.