弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

2018年を振り返って、こんな感じでマイル修行を楽しみました。

スポンサーリンク

kul

2018年のフライト記録から自身のマイラー履歴を辿ってみましたので、お伝えします。

2018年のフライトルート

2018年のフライトルートは下記の画像のとおりです。 

フライトルート

昨年同様、踏破した大陸は4大陸ですが、今年は、ユーラシア、北米、南米、アフリカと昨年とはちょっと変化しています。一応、南半球(ジャカルタタッチ)にも行っており、赤道を縦断するビジネスクラスフライトも2回経験しております。

搭乗記はこちらです。 

搭乗履歴

2018年の搭乗履歴はこちらです。

No キャリア ルート マイル 機材
1 CA HND-PEK 1,314 333
2 CA PEK-SIN 2,780 333
3 AK SIN-KUL 185 322
4 OD KUL-SIN 185 738
5 NH SIN-NRT 3,324 789
6 NH HND-CGK 3,597 789
7 KL CGK-KUL 724 772
8 NH KUL-NRT 3,338 788
9 NH NRT-KUL 3,338 788
10 NH KUL-HND 3,338 788
11 NH HND-KIX 280 321
12 KE KIX-ICN 524 333
13 BR ICN-TPE 1,058 333
14 BR TPE-CDG 6,092 77W
15 BR CDG-TPE 6,092 77W
16 BR TPE-ICN 1,058 333
17 OZ ICN-FUK 347 359
18 NH FUK-HND 567 772
19 NH HND-OKA 984 772
20 ZE OKA-ICN 780 321
21 NH GMP-HND 758 788
22 NH HND-LAX 5,458 77W
23 UA LAX-SFO 338 738
24 NH SFO-NRT 5,130 77W
25 NH HND-GMP 758 788
26 NH GMP-HND 758 788
27 ET NRT-ICN 758 789
28 TG ICN-BKK 2,277 359
29 TG BKK-KUL 754 77W
30 NH KUL-NRT 3,338 789
31 NH HND-KUL 3,338 789
32 MH KUL-SIN 185 738
33 NH SIN-NRT 3,324 789
34 NH HND-KUL 3,338 789
35 MH KUL-BWN 925 738
36 BI BWN-KUL 925 320
37 NH KUL-HND 3,338 789
38 NH NRT-MEX 7,003 788
39 FM MEX-PTY 1,498 738
40 AV PTY-BOG 468 319
41 AV BOG-BCN 5,292 788
42 FR BCN-FEZ 638 738
43 SK AGP-GOT 1,641 320
44 LH GOT-FRA 550 320
45 LH FRA-MUC 187 321
46 LH MUC-DEL 3,672 359
47 NH DEL-NRT 3,679 788
48 NH KMQ-HND 211 738

搭乗回数は48回(前年比▲15回)であり、搭乗マイル(独自調べ)100,802マイル(前年比▲15,952マイル)と減少しております。前年と比較して国際線の比率が高く、国内線は48回のうち4回とえっ、そんなに搭乗していなかったと思うほどの少なさです。やはり国内線はプレミアムポイントの積算率の高いプレミアムクラスの高騰の影響などがあります。

ちなみに最長フライトは成田=メキシコシティ間の7,003マイルであり、個人的にはやっと7,000マイルを超えたと言えます。最早、7,000マイルではなく、直行便の最長フライトは8,000マイルを超えており、マイラーとしては2019年にはこうしたルートを制覇してみたいと考えているところであります。 

プレミアムポイント・ライフタイムマイル実績

プレミアムポイント

プレミアムポイントは103,745PP(前年比▲741)であり、うちANA便でのプレミアムポイントは64,020PP(前年比▲16,536PP)とANA便の比率が低下しています。これはANA便の有償チケットのクラスのプレミアム積算ポイントとアップグレードクラスが実効的に低下したことにあり、ANAのアップグレードポイントにこだわる必要がないと判断したため、例年のようにANA便で8万PPを稼ぐ必要がないと判断したためです。

関連記事はこちらです。 

搭乗した航空会社

以下のとおりです。

航空会社ロゴ

新たに搭乗した航空会社はKLMオランダ航空、マリンドエア、コパ航空、アビアンカ航空、ライアンエアーとメジャーな航空会社の開拓が進んだ一年とも言えます。

渡航先

シンガポール・クアラルンプール

シンガポール

年初のスタートダッシュは定例のシンガポールとクアラルンプールへの渡航でプレミアムポイント積算することとなりました。バースデイ・フライトもあり、なかなか貴重な体験となりました。

パリ

パリ

エバー航空のソウル発券のビジネスクラスのパリ往復が割安のため、3月末にパリに行くことに。5スターエアラインのエバー航空だけあり、機内サービスが充実しているほか。パリ市内の観光も楽しめため、満足の旅行でした。 

アメリカ西海岸

金門橋

ソウル発券のANAチケットを活用し、東京でストップオーバーし、アメリカ西海岸のロサンゼルスとサンフランシスコ往復をGWに敢行。積算率の高いクラスであったため、プレミアムポイントがたくさん積算されました。 

東南アジア往復

ブルネイ

7月から8月終わりにかけて、3往復の東南アジア往復をしました。はじめはバンコクに向かい、クアラルンプール発券で、東京に戻り、8月は2度東南アジアに行き、最初はシンガポール、次はクアラルンプール経由のブルネイと新たな訪問国が増えました。

シンガポール

世界一周フライト

シャウエン

年に一回の恒例行事にすると考えていませんが、2018年も世界一周フライトをしました。そのフライトはメキシコ、パナマ、コロンビア、モロッコ、スペイン、ジブラルタル、スウェーデン、ドイツを辿る旅でありました。

パナマ運河
ジブラルタル

特典航空券と有償チケット組み合わせたフライトでした。毎日移動でもあり、かなり体調を崩しましたが、何とか日本に戻ってきました。

マラガ

ラストは国内線

金沢

ラストは小松=羽田の短距離国内線であり、2018年の締めとなりました。フライトは短いながらも、金沢の観光をさくっと行い、年末にちょっとした旅ができました。 

最後に

2018年のフライト回数は減ったものの、かなりフライトした印象がある年でした。距離と回数はマイル修行においては、重要なファクターですが、近年のAMCの改変具合からするとどのような選択肢が良いと言えず、結論は難しいですが、フライトマイルを積算するのは不利にならないと言え、飛ぶしかないと言えます。

2019年はどんなマイル修行をするか考えていると時間も過ぎてしまいますが、それも楽しみと言えます。

2018年は当ブログにお越しいただき、ありがとうございました。新しい年も記事を書いていきたいと思いますので、お越しいただければ幸いです。ありがとうございました。

スカイ

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.