弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

遠回りビジネスクラス マイル修行 ターキッシュエアラインズ オスロ=ロンドン片道

スポンサーリンク

オスロ

ちょっと変わったマイル修行ルートを考えてみましたので、お伝えします。

オスロ=ロンドン間は

オスロ=ロンドン間

オスロ=ロンドン間はダイレクトにフライトすると750マイル、飛行時間は約2時間です。東京とソウル位の距離であります。

しかし、これをイスタンブール経由とすると合計3,094マイルとなり、実に4倍となります。単純に大阪から香港往復程の距離であります。

普通に考えたら、絶対利用しないルートでありますが、マイル修行となるとこうした変わったルートも目に入ってきます。

ターキッシュエアラインズのビジネスを利用するメリット

ターキッシュエアラインズB777

欧州域内のビジネスクラスにおいて、ターキッシュエアラインズを利用するメリットは二つあります。

一点目はビジネスクラスのシートがビジネスクラスであることであります。他の欧州のフルサービスキャリア(ルフトハンザやスイスインターナショナル・エアラインズなど)のシートはエコノミーであり、3列席の真ん中を空間にしてビジネスを提供しています。機材についてもほぼ小型機(ボーイング737やエアバスA320/321)であります。

一方で、ターキッシュエアラインズはイスタンブールと欧州主要都市(ロンドンやパリ)は一部に長距離路線で利用する大型機(ボーイング777-300ERやエアバスA330)を利用しています。こうした機材のビジネスクラスは本格的なフルフラットのシートであります。

加えて、小型機でもビジネスクラスのシートピッチは大型機に劣るものの2-2配列のシートであり、こちらもほかの欧州キャリアを利用するよりメリットがあります。

イスタンブール新空港

二点目はラウンジであります。同社のイスタンブール新空港のラウンジは同社のフラッグシップラウンジであり、広さはもちろん、食事やドリンクの他、サービスも充実しているため、その利用だけでも価値が言っても過言ではありません。

以上の点からターキッシュエアラインズのビジネスクラスは他の欧州のフルサービスキャリアと比較してもメリットがあると言えます。

ビジネスクラス オスロ=ロンドン・ヒースロー片道

今回は年始の週末を想定してみました。

旅程

ターキッシュエアラインズ ビジネスクラス旅程

オスロを1月4日の11:35に出発し、イスタンブールには夕方5:35に到着します。この日はイスタンブールに宿泊です。機材はエアバスA321の小型機となります。

イスタンブール

次の日、1月5日の午後1:25にイスタンブールを出発し、ロンドンには14:35に到着します。機材は同社のフラッグシップ機であるボーイング777-300ERとなります。4時間10分の贅沢な旅となります。

ロンドン到着は14:35であり、19時発の話題のビジネスクラス「THE Room」機材のANA212便への接続も安心してできそうです。

運賃・予約クラス

ビジネスクラス運賃

運賃・予約クラスは下記のとおりです。

運賃 約75,254円

予約クラス 全区間Kクラス(125%+400PP)

プレミアムポイント 4,327PP

プレミアムポイント単価 17.39円/PP

オスロ発券の場合、最低価格帯のクラスがKクラスであるため、125%積算が可能なのが特徴と言えます。

フランス発券(CDG,BOD,TLS,NCEなど)運賃的には同等のもののJクラス積算となり、オスロ発券の方が単価は良くなっています。

大阪=香港往復のビジネスが7.5万円と考えると割安と言えます。

最後に

ターキッシュエアラインズ

ちょっと変わったルートでありますが、マイル修行といえる面白ルートであります。欧州にいるとエコノミーに乗った感が強くなってしまいますが、本格的なビジネスクラスに搭乗し、豪華なラウンジを利用するとビジネスクラスに搭乗した記憶も強く残るでしょう。

そして、プレミアムポイントとライフタイムマイル積算もできるのがいいところであります。

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.