弾丸トラベルは怖くない!

マイル、国内トラベル情報、ホテル、海外発券など

スポンサーリンク

小田急GSE(70000形)乗車記 新宿=町田 先頭席

スポンサーリンク

f:id:dantra:20210125215027j:plain

小田急最新鋭のGSE(70000形)の先頭座席で新宿から都内の町田まで移動してみましたので、お伝えします。

GSE(70000形)とは

小田急と言えばロマンスカーであり、バーミリオンオレンジがシンボリックであります。

もともと、小田急は東海道新幹線の開発に寄与するような高速列車を開発しており、高速車両のあり方も深く考えた企業でもあり、高速運転やそれに伴う耐久性として連接台車なども具現化した企業であります。

現在の鉄道はほぼボギー車でありますが、高速鉄道では連接台車もまだあり、欧州では現在でもそうした編成はあります。

そんな小田急の歴史ある特急車両の中でGSEは最新世代の特急車両となります。Graceful Super Expressの略称であり、2018年3月から運用が開始されています。

特徴としては伝統色を想起させるローズバーミリオンでまとめられています。そして、展望席をはじめとした窓が大きく開放感があります。

 

GSE(70000形)乗車記

f:id:dantra:20210125004055j:plain

今回は始発の新宿から県外に跨がないギリギリの町田まで乗車となります。こんな時代なのか、乗車10分前でも最前列の座席が確保できるのは奇跡とも言えます。

往年のロマンスカーを思い出す、GSE(70000形)はインパクトがあります。はるか昔に家族で箱根湯本から新宿までかつてのロマンスカーに乗車したことがあり、その時は最前列ではありませんでしたが、ロマンスカーの意味を分かった時でもあります。

小田急の特急は基本的にソロクラスであり、先頭車でも分け隔てがないのが特徴であります。そして、2-2配列の座席では1-1の座席間には肘掛があるものですが、ありません。今のように時代では差し支えるものがなく、良いと言えます。

f:id:dantra:20210125004112j:plain

動画は新宿駅発車、成城学園あたり、多摩川越え、町田手前まで今回、動画を撮影してみました。複雑な新宿を出発し、ドラマロケの多い、専門学校の前を通過し、南新宿、代々木上原を通過します。このあと、複々線の成城学園、祖師ヶ谷大蔵を通過し、多摩川を通過します。

その後は複線であり、ローカル感が出てきます。特急の割には速度は抑えられており、小田急がかなり列車を組み込んでいるのがわかります。東京都内最後の駅である町田の

駅に予定通りの到着となります。

ミュージックホーンに始まり、ミュージックホーンで終えた列車旅の感じもしました。

 比較すると川崎と言うか、立川と言うか、浦和辺りになりそうでありますが、特急でアクセスができるのは意外といいかもしれません。

町田

f:id:dantra:20210125004124j:plain

町田は小田急とJRの駅が結構離れているため、それに合わせて街づくりも広くなっています。基本は小田急な感じもしますが、JRに近い方も最近は店舗も多いです。

f:id:dantra:20210125004140j:plain

やってTRY!と言ったところです。

日曜日に30年以上も続いたので、盛大な最後は期待したいところです。最終回となる3月28日だけは13時から5時間ライブスペシャルでやって欲しいところです。

最後に

f:id:dantra:20210125004208j:plain

帰りは新宿行きでしたが、MSEでした。

小さい時に電車の図鑑で小田急沿線の再開発を見て、住みやすい街を想像したこともあり、小田急沿線は気になる存在であります。

リモートワークが期待できる現在では、小田急沿線が熱くなっていることもあり、今後はどうかわかりません。小田急には有料特急があるので。タクシーよりはいいかもしれません。

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.