弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ANAマイレージプログラムアプリは役立たず

スポンサーリンク

アプリトップ

スマホをラウンジでかざせば、上級会員カードの役割を果たす、ANAマイレージクラブですが、役立たずのため、まとめてみました。

ANAマイレージクラブアプリとは

ANAマイレージクラブのアプリはアンドロイドおよびiOSのアプリ紹介ページにて下記のように記載されています。

ANAマイレージクラブ専用アプリが誕生します。

◆スマートフォンで「ANAマイレージクラブ デジタルカード」を提示すると、プラスチックカードと同様にマイル積算などの各種サービスにお使いいただけます。

◆マイル、プレミアムポイント、ANA SKY コインを「数字」と「グラフ」でわかりやすく確認できます。

◆インターネットショッピングやグルメ予約がスマートフォンからも簡単に利用できるようになりました。

さらに、インターネットでのお買い物や美容院のご予約などでマイルが貯まると同時に、お店独自のポイントも貯まります。

◆知らなかったマイレージクラブに出会える「Life & Mile」などの情報をご覧いただけます。

 要するにプラスチックカードの代替とマイル数やプレミアムポイントの現状が把握できます。このほか、お知らせ機能により、新着情報が通知されます。

リコメンド機能はただの売り込み

トップ画面

アプリを立ち上げると新着情報があると、チャイムマークにアイコンが変わり、新着がある事を通知してくれます。しかし、会員向けの情報と言うよりはクレカ入会キャンペーンや期間限定ツアー、先行販売ばかりの情報ばかりであります。たまに、オリンピック航空と提携開始もありますが、会員別にレコメンドしているわけではなく、アクセスする時間とパケットが無駄と言えます。

特に、先日、2019年度 「ダイヤモンドサービス」メンバー限定選択式特典・ネームタグの情報が更新されているにもかかわらず、こうした情報を2019年度ダイヤモンド会員資格到達している会員に通知をするでもなく、ホームページを更新しているなど、2019年度ダイヤモンド会員にいち早く通知すべき情報を提供していないなど、役立たずぶりはなかなかです。

上級会員向けキャンペーンはショッピングとツアーばかり

上記の通り、おすすめされる情報はツアーとショッピングばかりであります、ツアーについては、ダイヤモンド会員程度のプレミアムポイントを貯める会員は、ツアーを利用することは考えにくく、未利用の会員に訴求することはわかりますが、毎回繰り返しばかりで、心地悪いと言えます。また、キャンペーンのショッピングも興味がわかない情報ばかりであり、数打てば当たるのでしょうか。何のために同意を得てまで情報を収集しているのか分かりません。

有益な情報を与えないものはブランド価値を下げる

デジタルカードはカード再発行時に会員番号が変わった場合など、プラスチックカードが発行されるまでは有効と言えますが、それ以外の機能は正直はてなであり、結局は自分でサイトを検索して、最新情報を手にする必要があるなどあまり意味がありません。デパートの外商のような機能をするには、あまりに幼稚であると言えます。もっと投資をして、会員別の機能を改善するか、パケットを消費しないシンプルな会員機能に限定するか選択した方が良いと言えます。

スカイトラックス社のレーティングは、現在、評価対象は空港でのサービス、機内でのサービスが主体ですが、オンラインの接点についても、今後は評価対象にした方が良いと言えます。

最後に

アバター事業などに注力しているのであれば、そうしたものを会員向けに早期に還元するのがよいと思います。設備投資したアプリで商売を拡大したいのはわかりますが、利便性や会員へのタイムリー且つ適切な情報提供がまず、有りきと思います。結局は売り込みかと思われてしまうとがっかりしてしまいます。 

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.