弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

マイル修行に役立つガジェット

スポンサーリンク

ANAマイル修行

マイル修行と言えば、飛行機に搭乗している時間が多く、日本とは通信や電気など方式が違うほか、空港での待ち時間、並んでいる時間など結構、普段とは違う環境であります。そうした中で、嵩張らず、多機能で便利なツールについては、個人的に利用しているものをまとめてみました。

ガジェット

電子機器系

電子機器系はスマホやPC、デジカメなどの機器となります。もちろんこうした機器自体も重要でありますが、こうした機器は電力を必要とするため、充電が必要となります。こうした機器にまつわるアクセサリーが意外と荷物となることが多く、まとめてみました。

USBタイプC充電器・PD対応ケーブル

USB TYPE C PD アダプタ

ケーブルや充電機器は購入した時に一緒についてくる付属品や純正品がベストであります。

しかし、パソコンのACアダプタなど結構、嵩張るものもあります。最近はUSBタイプCケーブルでも電力消費が大きいパソコンを充電できるPD(Power Derivery)タイプも普及しています。純正品と比較すると重さは1/3ほどであり、かなり軽くなります。

個人的には多くの最近のパソコンが対応している45W2.25Aに対応しているアダプタを利用しています。このアダプタはブログ用に利用しているデジタルカメラの充電にも利用できるため、パソコンの充電の後にデジカメの充電にも利用できます。また、ケーブルとパソコンを接続すればカメラを充電もできます。その際に撮影したデータも移行できます。

そのため、カメラのバッテリアダプタを持ち運ぶ必要がなくなりました。(もっとも、マイル修行では自宅に戻るまでの時間が短いため、カメラ自体は充電しなくてもバッテリは持ちます)

このアダプタを導入してからケーブル周りがずいぶん減ったと感心させられます。物が少ないことはパッキングにも有利であるほか、忘れ物も未然に防げます。

ノイズキャンセリングヘッドフォン

ソニーWH-1000XM3

以前も記載しましたが、最近のヘッドフォンのノイズキャンセリング機能は飛躍的に向上しております。特に、耳を覆うタイプのヘッドフォンは機内では抜群のノイズキャンセル機能となります。個人的にはソニーWH-1000XM3を利用しています。

かけ心地が良い点と折り畳みができるため、コンパクトにできる点が良いと言えます。

また、充電がUSBタイプCとなるため、上下逆を気にせず充電できます。

機内でBluetoothトランスミッタを利用してまでコードレスにはこだわらないため、機内で付属のケーブルを利用しています。

USBタイプAタイプ>Cケーブル

USB変換ケーブル

USBと言えば、思いつくのがタイプA(写真右側の大きいタイプ)だと思います。この端子はもっとも普及している端子と言えます。(スマホの出荷台数が多いため、タイプBの方が実数ではおおいかもしれませんが)

パソコンには今でもAタイプのインターフェースは多いほか、ホテルや空港ラウンジではタイプAのポートを完備したところも多いと言えます。

このAタイプはやはり世界中いたるところで活躍しているため、これに対応したケーブルは必要であります。しかし、最近のガジェットはタイプCに移行しております。そのため、タイプAからタイプCに接続できるケーブルが重宝されます。個人的にはソニーのヘッドフォンについてきた超短いケーブルを重宝しています。

USBタイプC>ライトニング変換コネクタ

わずかではありますが、これは役立ちます。このコネクタにより、ケーブルをもう一つ所持する必要がなく役立ちます。次期iPhoneがUSBタイプC対応となればこれさえ必要もなく、ますます便利となります。

iPhone

iPhoneX

iPhoneは言わずと知れた世界でもっとも有名なスマートフォンであます。毎年、新商品が出る際は発表会を日本では夜明け近い時間となるにもかかわらず、ライブ中継を翻訳する開設するサイトもあり、影響力が高い端末と言えます

アップルの共同創設者のスティーブ・ジョブスが全盛の時代は、毎年発表されるモデルごとにサプライズがあり、関心が高いガジェットでありましたが、最近はギャラクシーやHUAWEIに話題を奪われるほか、スペックも後追いとなることが多いと言えます。

そうはいっても、世界中の電波に対応していたり、対応したアプリが多いのは依然としてであり、日本ではSuica対応したこともあり、手離せない端末であります。

SIMは大手キャリアの方が手間は少ない

個人的にはSIMフリーiPhone Xを購入し、当初は格安スマホ(MVNO)を利用していましたが、最近は大手キャリアのSIMを利用しています。理由としてはマイル修行時のローミングであります。マイル会員のような会員サービスに加入すると毎月1日海外渡航時に海外データ定額基本料(980円)が無料になります。2日滞在の場合は1日分課金されるため、980円となります。

現地でSIMを購入した場合と比較すると、マレーシアの場合はマイル修行で利用する時間(朝6時から翌日14時まで)で考えると、クアラルンプール空港で最も安いデータプリペイドSIMを買った方が安い(1週間有効1GB700円ほど)といえます。

しかし、購入には10分程度かかるほか、SIMの入れ替えがかかります。海外定額の場合はSIMカードの入れ替えが不要の他、飛行機が着地した時点から利用できるため、隙間時間の有効活用ができます。

このほか、日あたりのプリペイドが高い北米・欧州を考えると結局、ローミングの方が時間とコストは安いと考えられます。世界マルチ対応のSIMも利用しましたが、速度がいまいちで、大手キャリアのローミングの方が出軽でサクサクと言えます。

データの消費は国内の無料パックから消費されますが、そんなにカツカツになる程利用することもないの個人的に十分です。

パソコン

マイル修行だけであれば、パソコンは不要ですが、ブログとかやっている人であるとブログの更新にはパソコンは必須と言えます。スマホ・タブレットでも完結できますが、画像や動画を掲載した記事を書こうとするとパソコンは必須と言えます。

最近の日本製のパソコンは大画面・軽量化しているほか。充電もUSBタイプC(PD)に対応しており、荷物の軽量化とコンパクトに対応しているため、魅力的であります。

個人的には外出先でも写真を一気に処理したいため、ディスクリートGPUの付いたノートパソコンを利用していますが、重さが結構つらい時もあります。

もう一世代位すると現状と同等で軽そうなパソコンも出てくるかもしれないので、検討したいところです。

ガジェットケース

タイ国際航空アメニティポーチ

マイル修行を行い、ビジネスクラス搭乗の戦利品として、アメニティポーチであります。このポーチはブランドとコラボしたするケースが多く、見栄えも良く、ケーブルやマウスをいれるのに丁度よいサイズです。

ガジェット系ケーブルはタイ国際航空でいただいたFURLAのポーチを利用しています。ヘッドフォンと同一カラーで肌触りも良く気に入っています。

ANA グローブアッドトロッター ビジネス

ガジェットではありませんがも文字通りのアメニティキット(オーラルメンテ、グルーミングなど)は最近ANAでいただいた「Globe&Trotter」を利用しています。見た目と触った質感、開けた時の印象がとても良いです。ただし、中身の歯ブラシなどは個人的にいつも利用しているものを持参しています。短期間の旅行でも慣れたものでないと何となく落ち着きません。

最後に

技術の進展とともにどんどん持つもの少なくなり、便利ではありますが、最新のものを知らないと、より軽量にかつ便利にマイル修行ができないため、ガジェット分野における知見も必要と痛感します。新しいことを知るのは楽しく、年甲斐もなくワクワクしてしまいます。  

また、荷物がどんどんコンパクト化するため、昨年フランクフルトで購入したルフトハンザリモワの機内持ち込みキャリーケースの出番がなく、稼働率が悪く勿体ないところであります。

ルフトハンザリモワ



スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.