弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

マレーシア航空 ビジネスクラス ソウル=オークランド往復が激安

スポンサーリンク

マレーシア航空ビジネスクラス

ソウル発券のマレーシア航空ビジネスクラス・オークランド往復が安いためまとめてみました。

マレーシア航空の今後

マレーシア航空は二度の事件(一度目はMH370不明事件、二度目はウクライナ上空での撃墜事件)により、厳しい経営状況となり、路線縮小などすすめて、現在に至っています。最大の支援者であるマレーシア政府も更なる再建を検討しているようであり、今後の動向が気になります。

以前は南アフリカから以遠フライトでブエノスアイレスまで就航していたことを思うとずいぶん変わったと言えます。

サービスについては、半世紀前に袂をわかったシンガポール航空のような制服でエキゾチックな雰囲気を漂わせ、フルサービスのキャリアとして特にビジネスクラスなどでは満足が行けると思います。

ビジネスクラス ソウル=オークランド往復

ルートマップ

旅程

旅程表

比較的移動が少なさそうな6月後半から7月頭の旅程となります。じめじめした日本を離れてニュージーランドも良いかもしれません。

往路はトータル所要時間23:40、復路は26:05とかなり時間がかかります。乗り継ぎ時間は往路6時間、復路8時間長いですが、クアラルンプールとオークランド間のフライト時間が長いのが一番と言えます。

クアラルンプールでは沸騰ワードでも話題となった「ゴールデンラウンジ」をゆっくり満喫できそうです。また、4区間ともエアバスA330-300のため、フルフラットのシートで移動できます。 

運賃予約クラス 

運賃と予約クラスは下記のとおりです。 

ビジネスクラス運賃

運賃 約209,298円

予約クラス Zクラス(125%加算)

FLYONポイント計 20,668FOP

FOP単価 10.13円

日本発券よりは単価は優秀であります。スケジュールに余裕ある場合はソウル経由にした方がベストかもしれません。

最後に

マレーシア航空は日本発でも、ソウル発でも、上海発でも比較的、南半球路線は安く、現在は毎月のように上記都市のいずれ発が安い状態です。

しかし、今後、経営再建などそうした運賃が少なくなるのか、路線縮小で東アジア路線が少なくなる懸念もあります。

一方で、それとも東アジアは重要視され、継続もしくは増便となる見方もあり、今後も注目したいキャリアであります。 

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.